BiTT開発
BiTT開発
2019.07.24
LIG PR

特別な日だから、高級車で君を迎えに行く。Anyca(エニカ)の最高カーシェア。

バンビ

男には、勝負をかける一日がある。大きな案件の入札を決めるプレゼンの日?

……ノー。

半年準備をしてもうひと押しで決まる商談の日?

……ノー。

……それは最愛の恋人との、付き合って一年目の記念日だ。

ふたりの出会いを祝う特別な日には、彼女があっと驚く演出を仕掛けたい。だって、彼女の嬉しそうな顔を見ることが、僕にとって何にも代えがたい喜びだから。

そんな男の勝負に、力を貸してくれるサービスがある。

 


それは、個人間カーシェアリングアプリ「Anyca(エニカ)」。

個人が登録したさまざまな車種の中から、気に入ったクルマを選んで利用することができる。普通なら手が出ない高級車でも、数千円から乗れるのだ。

使ってみない手はない。

AnycaのWebサイトはコチラ!

 

探しているときこそ、全力で楽しめる

エニカの画面

Anycaの登録車数は、700車種、約8,000台以上もあるので、運命の一台を選ぶ時間も楽しい。

彼女が喜ぶ顔を想像して、顔がほころんでしまう。

 
車を選んでいるところ

そのなかに「一度でいいから、乗ってみたい」と思っていたオープンカー「BMW Z4」を見つけたときには、思わず飛び上がった。値段を確認すると、24時間で10,000円程度。当日のデートプランを加味しても、十分に予算範囲内におさまる額だ。

このクルマがあれば、絶対に最高の記念日デートになるはず……。

はやる気持ちを抑えきれず、僕はさっそく、「BMW Z4」のオーナーに連絡を入れた。

同じくはやる気持ちを抑えられない方
(アプリをダウンロード)

 

個人同士だから起こせる、奇跡がある

 

記念日デートの始まりは午後三時。

 

オーナーさんと会話をしている主人公

といっても、まず向かったのは、都内某所にある駐車場。

そこで待っているのは、BMWのZ4と田中オーナーだ。いろいろな人に自分の好きなクルマの魅力を体験してもらいたいという想いからAnycaに登録したそう。

 

「僕とは住む世界が違う、近づきづらい雰囲気の人なんだろう」と思ったが180度違った。今回シェアしてもらった田中オーナーは普段あまり運転しないから「クルマ好きな人に乗ってもらいたい」「純粋に自分の好きなクルマで走る素晴らしさを一人でも多くの人に知ってもらいたい」と、思っていたときにAnycaに出会ったそうだ。これもまた運命の出会いというべきか。

 

Anycaのアプリ上でお互いの免許証を撮影したら完了。あとはキズの確認や運転の仕方、注意事項などの説明を15分程度受ける。

彼女を喜ばせるためにシェアしたクルマだけれど、僕自身もかなり高揚していたようだ。サンルーフが空いた瞬間、僕の心のチャイコフスキーが、激しく喜びのメロディを奏で始めた。

ただ気分をアゲるため尖ったバングルをつけているが、ものすごく運転しづらいうえに危険なので運転中は当然外すことにした。意外にも冷静だった。
 

「今日は、彼女との交際一年目の記念日なんです」

予約のときに、そう伝えていたからだろう。クルマの説明が終わると、オーナーから「これは僕からの、ささやかなエールです」と、あるものを手渡された。

 

DRAMATIC SUMMERのCDジャケット

『DRAMATIC SUMMER』。

夏を感じる昭和歌謡曲のオムニバスCDだ。

信じられないことに、そのなかには、僕が彼女に告白したときバーでかかっていた曲『君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね』も入っていた。交際一年記念のドライブを盛り上げるのに、これ以上のBGMはないだろう。

お礼を言い、さっそくオーディオのスイッチをオンにする。

こういう奇跡が起きるのも、個人間でシェアをするAnycaの魅力かもしれない。

さあ、まだ何も知らない彼女が、僕の到着を待っている。早く向かおう。

 

登場は、憧れのクルマでドラマティックに

 

時刻は午後四時。定刻通り待ち合わせ場所に到着すると、そこにはすでに待ちわびた様子の彼女がいた。

 

「お待たせ」

 

待ち合わせを場所に車で向かいに来た主人公

僕の呼びかけに振り返った瞬間、彼女の瞳が揺れる。

 

「えっ、どうしたの、このクルマ……」

 

不安に思うのも無理はない。僕は去年、「誰の目も気にせずトーテムポールに登りたい」と言う彼女のために、借金をしてプライベートトーテムポール広場を作った。彼女は僕の借金に怒り狂い、それがきっかけで一度別れの危機を迎えたのだ。

そのときは、反省のために行った山奥で、偶然にも埋蔵金を掘り起こし事なきを得たが、毎回そんな奇跡が起こるとは限らない。僕は彼女の心配を汲み取り、こう答えた。

「大丈夫。このクルマは、個人間カーシェアアプリを使って一日だけシェアしたんだ。借金はしていないよ」

すると、安堵とともに彼女の表情が晴れ、ただでさえ綺麗な彼女の瞳が、より一層輝いた。

 

安心し表情をする彼女

「良かった……! 私、すごく嬉しい。憧れてたオープンカーに乗れるなんて……!」

 

主人公のエスコートで車に乗り込む彼女

「どうぞ乗ってください、僕のお姫様」

 
助手席から上目遣いをする彼女

そわそわしながらも、助手席に乗り込む彼女は嬉しそうだ。

 
最高のドライブが、いよいよ始まる。

 

風を切る快感、極上のドライブ時間

走行中のBMW①▲もちろんナンバープレートはデザインで加工しています。

「風が気持ちいい〜!」

彼女は、初めてのオープンカーに興奮気味のご様子だ。上機嫌な彼女は、いつにも増して愛くるしい。

そういえば、初めてふたりで遊んだのも、ドライブデートだった。台風一過の朝、「ワカメが打ち上げられているはずだから海に行きたいの」と彼女から連絡がきたんだ。あの日、暗くなるまでワカメを拾ったせいで、帰りは疲れて運転するのがキツかったっけ。

このクルマには、アクセルから足を離しても一定の速度をキープできる「クルーズコントロール」という機能が付いているそうだ。さっきオーナーさんに教えてもらった。このクルマなら、いくらでも彼女のワカメ拾いに付き合えるな。

 

車の中で雑談をする二人

「この曲……! あなたが告白してくれたときに流れていた曲じゃない!?」

さっそく彼女がクルマのBGMに気づいたようだ。CDに合わせて口ずさむ彼女に、僕は絶妙なタイミングで合いの手を入れる。初めて乗るクルマの運転に緊張していた僕も、風を切る快感、隣ではしゃぐ彼女の笑顔に、いつの間にかすっかり楽しい気分で満たされていた。

「どうして昼間なのにライト付けてるの?」

「君の心をいつまでも照らしたいという思いを込めてさ」

 

「やだぁ、私ってなんて幸せ者なの」

「着いたよ。ほら、あれを見て」

そうこうしているうちに、第一の目的地へ到着。

 

 

スカイツリーを見ながら話し込む二人(遠目)

連れてきたのは、東京スカイツリー®がよく見える場所。

木登りが大好きな彼女のために、東京で一番高いツリーを見せてあげたかったからだ。

 
スカイツリー背景に話す二人(アップ)

「あなたって、本当に私のことよくわかってる」

そりゃそうさ。ひまわりが太陽を見つめるように、僕はこの一年間、君のことばかり見つめてきたからね。

 

特別な夜に、特別なサプライズを

夜のレインボーブリッジとBMW

僕らがお台場に移動した頃には、あたりはすっかり暗くなっていた。

そして、運の悪いことに、雨が降り始めていた。

「BMW Z4」には、頑丈な作りのルーフトップがついているので、雨に濡れずに済んだけれど、せっかくのオープンカードライブが、これじゃあ台無しだ。

 

外を見て物思いにふける彼女

「あら、いいじゃない。私、雨で濡れてもキリッとした表情をするこのクルマも好き」

落ち込んでいる僕を横目に、賢くて美しい僕の彼女は、事もなげに言う。フォローなのか、本気で言っているのか。いや、どちらだっていい。僕は、彼女のこういうところが好きなんだ。

 

グローブボックスを指差す主人公

「そうだ、君にプレゼントがあるんだ。そこのグローブボックスを開けてみて」

「えっ、何かしら」

 

グローブボックスを開ける彼女

キィ……

 

プレゼントを取り出す様子

「この箱は……?」

これは、あらかじめ仕掛けておいた僕からのサプライズ。最高の一日を、最高に締めくくるために用意したものだ。

 

嬉しそうな表情をする彼女

「何だか当ててみて」

 

「そうだなぁ……、唐辛子のキーホルダー?」
「違います」
「龍が剣に巻き付いた銀色のキーホルダー?」
「それも違う」
「ん〜、じゃあ、阿蘇山のペナントかな?」
「なんで観光地のあるある土産を今プレゼントすると思うの?」

 

こうやって、僕はいつも彼女に振り回されてしまう。でも、それが心地いいんだ。これからもずっと、彼女といたい。だから——。

「箱を開けてごらん」

 

プレゼントの箱を開ける彼女

パカッ。

「これは……!?」

 

 

 

ミサンガ

「ミサンガ」

 
嬉しそうに両手でミサンガを持つ彼女

あなたって、最高! 私って、なんて幸せなの!

そう彼女が思っているのは、口にしなくてもわかる。

だってそのときすでに、僕の心のドビュッシーと彼女の心のモーツァルトが合奏を始め、僕の心のトルストイは彼女の心のアランと幸福について語り出し、僕の心のジーコと彼女の心のアルシンドは手を取り合ってそこら中を飛び跳ねていたんだから。

 

ミサンガをつけてもらう彼女

「手を出してごらん」

彼女の手を取り、ミサンガを結ぶ。

 

「これはふたりの記念のミサンガだから、外に出て二人で一緒に願い事をしよう。いいかい?」

「ええ」

「せーの」

 
レンボーブリッジを見ている二人

(ふたりがこれからもずっと一緒にいられますように/スカイツリーの登頂に成功できますように)
※演出上の表現です

 

最高の時間を体験するなら「Anyca」

スマホを見せる彼女

「彼女を喜ばせる」という目論見は、当初の予定通り……いや、それ以上に成功したようだ。

特別な日の演出に、大いに力を貸してくれた「Anyca」。ぜひ、大切な人を喜ばせたいというあなたも、利用してみてはいかがだろうか。

Fin.

 

いつもでも気軽にカーシェアできる次世代アプリ

Anyca(エニカ)
”乗ってみたい”に出会える個人間カーシェアアプリ。個人のオーナーが所有するクルマに乗れる。気分やシチュエーションに合わせて、幅広いバリエーションのクルマを気軽に・自由に選べるのが特徴。アプリのインストールはもちろん、会員登録、月額費も無料。

普段乗れない憧れのクルマに乗れたり、ここぞって時の勝負もできるカーシェアアプリ「Anyca」はとっても便利。数あるクルマの中からお気に入りの一台を見つけるのもいいし、機会を見つけていろいろなクルマに乗ってみるのもGood!

今回の主人公のように、乗ってみたいクルマに出会えたり、誰かを喜ばせたいなら、ぜひ、「Anyca」を試してみては?

「Anyca」で運命のクルマに出会う

Anycaのここがスゴイ

推しポイント

  • 乗ってみたいクルマに出会えるカーシェアアプリ
  • クルマを選ぶワクワク感を楽しめる
  • 対面でシェアするからこその温かみやおもてなしを体験できる
  • 普段乗れないクルマを運転するという貴重な経験ができる

使い方は簡単5ステップ

①アプリを無料ダウンロード
②自分の情報を登録してクルマを探す
③アプリ内のチャットでコミュニケーション
④クルマをシェア
⑤返却

安心・安全に運転できる仕組み

  • 損保ジャパン日本興亜、東京海上日動と連携した保険補償システム
  • DeNA SOMPO Mobilityがサービス利用やトラブル解決をサポート
  • 健全なユーザーコミュニティを維持する仕組み
  • Anycaを介したクレジットカード決済なので安心

安心してカーシェアする!

 

Another Story〜友人招待コード編〜

エニカの画面
「このアプリ使ってみてほしい。いますぐにでも運転したくなるから」

そう言って、友人にスマホの画面を見せた。

「しかも初回ならお得にシェアできる『友達招待キャンペーン』もやってるんだ。ダウンロードだけなら無料だよ」

「ほら、これが僕の招待コード」

552500

(GO! GO! 2,500円引き で覚えてください)

「無料会員登録するときにこの番号を入力すれば、初回は2,500円引きで乗れちゃうんだ」

◎招待された人・・・無料会員登録で2,500円分のポイントGet
◎招待した人・・・その招待コードを入力した人が実際にカーシェアをしたら、2,500円分のポイントGet

「たとえばお気に入りの高級車でも24時間5,000円以下で乗れることも多いんだ。可能性が広がるだろ! これでポルシェをカーシェアして、気になっている子のハートを撃ち抜いちゃいなよ」

そう言うと友人はスマホでAnycaのアプリをダウンロードしはじめた。

そんな彼に僕はとスッと左手を差し出した。

 
スマホを見せ合っている

「Good Luck!」

ドライブ好きな彼の心にもこの想い、きっと届いたであろう……。

〜Another Story〜 Fin.

この記事を読んだそこのキミも、会員登録時に招待コードを入力することで、2,500円分の割引ポイントがもらえるよ。

「Anyca」で素敵な出会いを体験してみたらどうかな?

「Anyca」を無料でダウンロード

さいごに、ひとつだけ。僕からみんなへのプレゼント。
【誰でも使える招待コードは「552500」】
よかったら、入力してみて。
※キャンペーン期間:2019年9月30日(月)23:59まで
" " ============================== ==============================