LIGデザイナー採用
LIGデザイナー採用
2018.11.13

ゲストハウスLAMP野尻湖、冬のおすすめアクティビティ!【クロスカントリースキーvs.スノーシュー】

MIKI

みなさん! ついにこの季節がやってきました。

冬です。雪です。

長野県信濃町にありますゲストハウスLAMP野尻湖の宿スタッフの私、みき。

何を隠そう小学生と中学生時代をここ信濃町で過ごしましたが、覚えている冬の想い出といえばただひとつ……

“クロスカントリースキー”(地元っ子たちの略称はクロカン)に明け暮れた日々であります。

 

知っていますか? クロカン!

オリンピックの正式種目にもなっていますよね。

実はゲストハウスLAMPの冬の大人気アクティビティなのです。

今回はこのクロカンと、もう一つの大注目アクティビティの“スノーシュー”の魅力を、それぞれの特徴を比較しながらとことん紹介します!

 

①スピード感を楽しむならどっち!?

勝者:クロスカントリースキー(LAMPでは「歩くスキー」です)

冬の雪山といったらスノーボード、という方も多いでしょう!

なんといってもあのスピード感がたまらないですよね。私も大好きです。

しかーし!!

スピード感で負けないのは、クロスカントリースキーでの坂道の下り坂なんです。

クロカンの板は通常のアルペンの板よりかなり細くて軽いです。

そのため走るときは大きくゆっくりジョギングをするように板を左右交互に前後させながら進むのですが、下り坂では足を揃えて、重心を板に載せながら思い切り坂を下ります!

足下に重いスキー板やスノーボードがない分、自分の身体だけが一気に加速するそのスリル感。

 

小学生のときは二つの大きなクロカンの大会があり、それに向けて練習の日々でした。

競技用のクロカンは3km、5kmなどのコースでのスピードを競うので
(注:LAMPのクロカンは「歩くスキー」という形でのんびり山歩きを楽しめるものなのでご心配なく!)

登りももちろん重要なのですが、いかに下りでスピードを出して一気に滑り降り、さらに加速をつけてそのまま登りに入れるかが勝負なわけです。

ただですね、びっくりするほどスピードが出るので、いかに恐怖心に打ち勝つかが大切です。

身体を抱え込むようにして滑走の格好でくねくね道の坂道を下るわけなのですが、いちばん恐ろしいのは、背後から人が来た場合ですね。

クロカンでは、後ろから前の人を抜きたい場合に、後ろから「はい」と声をかけられたら、さっとコースから外れないといけない、というルールがあります。(私のころには、ありました。)

これを下り道でやられた場合パニックなわけです。避けたいけどそんなスピードを出している状態では不可能なわけです。

焦り、恐怖心、スピード、そして転んでしまうわけです。

そうするともうかなりのタイムロス。顔面全身雪まみれ。鼻の穴にも、まつげも、鼻水さえも雪まみれです。

 

あれ、もう何の魅力を伝えるブログかわからなくなってきました。

 

そのくらいのハラハラ感が楽しめるクロスカントリースキーのスピード下り!!

LAMPではガイド付きの一日ツアーが楽しめます。

ガイド付きのツアーでは、こんな絶景ポイントもたくさん用意してくれていますよ。

ゲストハウスLAMPサンデープラニング冬のツアー

実際のツアーはお客様の経験や状態に合わせて、ゆっくり進める“歩くスキー”体験ですのでご安心を☆彡

②雪の上で無敵な自分を感じるならどっち!?

勝者:スノーシュー!!!

雪の上を歩いたこと、ありますか?

数m以上降り積もったふかふかの雪の上を。

ここ信濃町では、多いときで一晩で100cmほどの雪が積もります。

普通の長靴やブーツでその上を歩こうものなら、ずぼっ ずぼっ と雪に埋もれてしまい、数歩進むのもとっても大変です。

ところが!!

スノーシュー(ふつうの靴に大きな輪っかの道具をつけて平べったい大きな足になったようなイメージをしてください)を履くと……

雪の上での自分の身体が軽い! 沈まずに跳ねるように雪の上を歩ける!!

まるでうさぎにでもなったように、雪の上を歩けるではないか―――。

 

こちら実際の動画です。ぜひご覧ください。

みきとたまこのやってみよう!=スノーシュー編=

いつも楽しそうなみきとたまこの挑戦シリーズ。今回はスノーシューで遊んで来ました!履いて歩くだけ。なのに楽しい不思議!雪はたっぷりあるのでまだまだ楽しめますよ〜♪

サンデープラニング・ゲストハウスLAMPさんの投稿 2018年2月15日木曜日

「無敵に感じる!」という私のセリフに注目です。

③普段足を踏み入れられない雪山の中を冒険するならどっち!?

勝者:うーーーん……どっちもだー!

夏場は歩ける山の中の道も、冬になるとほとんど通行不可能になります。

登山道などは閉鎖されますし、そもそも道がなくなります。

しかし、LAMPの冬のアクティビティ「歩くスキー(クロカン)」と「スノーシュー」は、そんな雪山をガイドと一緒に安全に入っていけるツアーです。

歩くスキーもスノーシューも雪の上を沈まずに移動することができますし、冬の森の中には、春を待つ木の芽や、動物の足跡、くまの爪痕!! など、自分では気づけない発見がたくさん。

 

LAMPのスクールガイドはそんな山のガイドもしてくれるんです。

 

ツアー中は、LAMPのシェフが作る特別スープで身も心もほかほかです。

ツアーの途中ではいろんな景色を楽しめます。

たくさん遊んだあとはLAMP野尻湖へ

一日ツアーを体験したあとは、薪暖炉のあるレストランでの食事と、雪景色の中のあたたかなお部屋でゆっくりお休みいただけます。

今年の冬は、新しい雪山の楽しみ方をぜひ長野県信濃町のLAMPで!!
 
LAMP野尻湖へのお問い合わせはこちらから
 

雪もこもこの中のLAMPで、スタッフ一同お待ちしておりますー!!