NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2018.07.26
LIG PR

1億円以上でWebサービスを売買できる?Webサービス専門のM&Aサービス「Awesome」について聞いてみた

岩(ガン)

こんにちは。メディアディレクターの岩(ガン)です。

突然ですが、サイト運営を自分でしたことってありますか?

そして、もしその自分の運営しているサイトが「1億円」以上で売れるとしたらどうします? おそらく、ほとんどの人が売りたくなりますよね。

今回は株式会社ユービジョンが運営する、売買価格1億円超のWebサービス専門M&Aサービス「Awesome(オーサム)」をPRする機会をいただくことになりました。

「Awesome」とは?
売買金額1億円以上のWebサイト・Webサービスを対象に、コンサルティングやM&Aを仲介するサービス。仲介サービスだけではなく、企業価値を最大限に高めるようなサポートや、「数億円規模を目指せる売却ノウハウ」の提供なども行っている。

「高額案件のみに特化したサービスを行っている」というAwesomeでは、売り手と買い手にとって理想的なM&Aを実現できるそうなんです。

せっかくの機会なので、「自身で運営していたサイトを6億円で手放した経験がある」という福田社長に、いろいろと聞いてみたいと思います。

「Awesome」はどんなサービスなのかを聞いてみた

人物紹介:福田 拓哉さん株式会社ユービジョン代表取締役。1987年、北海道生まれ。2010年にユービジョンを設立し、Webサイトの制作・運営、インターネット広告ビジネスを展開。2015年には、中小企業の事業資金調達をサポートする専門サイト「資金調達プロ」をリリース。インターネット集客の経験を活かし、資金調達の分野では日本最大級のWebサイトに育て上げ上場企業に6億2000万円で売却。現在は、起業家や投資家として活動中。

 

サイト売却で「資金」「時間短縮」「優秀なビジネスパートナー」を手に入れる

——福田社長、よろしくお願いします。そもそもサイト売却をすると、売り手にはどんなメリットがあるのでしょうか?

まず、みなさんにお伝えしたいのは、サイト売却をすれば「桁の違う金額」が振り込まれる可能性もあるので、「常日頃、目にする金額が変わる」ということです。ただ、お金よりももっと大事なのが「時間短縮をできる」ことなんですよ。

——「時間短縮」とは、どういう意味ですか?

価値あるサイトを売却しない人は、たとえば毎月5 00〜1000万円の利益を手に入れることができるでしょう。その場合も、別にお金に困ることはありませんよね?

ただ、人間の年齢には限りがあって、「3年」や「5年」といった数年間だけでも「貴重な時間」です。そのなかで、ダラダラ稼いでもしょうがない。サイト売却に成功すれば、一気に「桁の違う金額」を手に入れることができ、その豊富なキャッシュで事業拡大を目指せます。

そういった「スピード感」がなければ、この変化の激しいカオスな時代で生き残ることは難しいでしょう。つまり、サイトを高値で売却をすれば、のちの数年間で経験できそうなことを「先取り」できる可能性が高くなります。

——優秀な人ほど、そのような「時間短縮」にメリットを感じそうですね。ほかには、どんなメリットがあるんですか?

高値でのサイト売却に成功すると、「ビジネスで関われる人のレイヤー」が変わるんです。実際に僕自身も、運営していたサイトを6億2000万円で売却したあと、ビジネスパートナーのレイヤーが圧倒的に変わりました。

現在はサイトを売却した資金で、新たに設立した4社のオーナーをしていますが、それぞれの会社で社長として雇っているのは優秀な人ばかり。起業家のメンターになれるため、優秀な人を口説きやすく、優秀な人たちは「この人は事業売却の成功体験があるから大丈夫」と安心してついてきてくれます。

僕はサイト売却に成功して、「起業家としてのステージが上がることができた」という実感があるんです。

——そのようなメリットがあるからこそ、福田社長は6億2000万円でサイトを売却したんですね。

そうです。サイト売却に成功したWebサイト「資金調達プロ」は2015年1月にリリースして、2018年1月に東証一部上場企業に「6億2000万円」で売却しています。僕は「誰もが簡単に起業して、誰もがビジネスを売買しやすい世の中になればいい」と思っているので、まずは自分自身がサイト売却を実践してみました。

税金などが引かれるので、売却後に手元に残ったのは4億円弱ですが、その資金を元手に、新たに設立した4社を育てている最中です。

福田社長がサイト売却に成功した経緯はこちら
【サイトM&A】30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却した全記録

 

売り手企業の希望に合わせ、サイトの価値を高めるためにサポート

——Awesomeに登録すると、どんな流れでサイト売却が進むんですか?

Awesomeは「M&A仲介」や「コンサルティング」をする立場として、サイトの「売り手企業」と「買い手企業」をサポートしていきます。まずはAwesomeが、売り手企業を特定できない状態の概要書、いわゆる「ノンネームシート」を作ります。そのシートをAwesomeの会員である、大企業など数百社の「買い手企業」に送るんです。

すると、何社かの買い手企業が「興味あるから詳しい情報を教えてほしい」と反応します。その反応した買い手企業の社名を売り手企業に教え、「サイトの詳細な情報を開示するかどうか?」を確認するんです(=ネームクリア)。売り手企業から「情報開示OK」が出たら、買い手企業に詳細情報を伝えていきます。

また、サイトの詳細情報を買い手企業に伝えて、買い手企業が引き続き興味を持つようであれば、買い手企業から「質問リスト」をもらうようにしています。売り手企業は、その質問リストに答えつつ、買い手企業が引き続き興味を持つようであれば、Awesomeのスタッフが同席した上で、両社の代表が顔を合わせる「トップ面談」に入ります。

その後、弁護士や会計士などを交えて「デューデリジェンス」に入るんです。デューデリジェンスとは、一言で言えば「売り手企業やサイトの健康診断」。「財務内容が問題ないか?」「どういうリスクがあるか?」といった内容を審査し、それらに問題がなければ、無事にサイト売却が成立して、売り手企業には「桁の違う金額」が振り込まれる仕組みです。

——売却するサイトは、どうやって値付けするんですか?

「収益の何年分」という計算でサイトの値付けをしていきますが、主に3パターンに分かれます。パターン1は、「サイトの収益1〜2年分」で値付けする方法で、これはサイト売却で一般的な方法でしょう。ただ、サイト内容やビジネスモデルを踏まえ、「収益の2年半〜3年分」で値付けされることもあるんです(パターン2)。

サイトの価値を高めれば、パターン2として売ることができるので、そのためのノウハウをAwesomeがコンサルティングしていきます(コンサル次第では、収益4年分での売買を実現できる可能性もある)。

サイトの値付け方法
  1. 「サイトの収益1〜2年分」での値付け
  2. サイト内容やビジネスモデルを踏まえ「収益の2年半〜3年分」での値付け
  3. 「3年後のキャピタルゲインはいくらであるか」での値付け

 

——そのほかにも、まだパターンがあるんですか?

実は超レアケースとして、「現在のサイト収益」による値付けではなく、サイトの会員数などから「3年後のキャピタルゲイン(保有している資産を売却することによって得られる売買差益)はいくらであるか」という見方で値付けする方法もあります(パターン3)。

パターン3をご希望の場合は、Awesomeが会計財務の提携パートナーなどと協力して、ファンドに提案していきます。また、僕自身はビジネスモデルの構築が得意なので、財務的な面だけではなく、サイトやプロダクトを磨くサポートにも関わらせていただきます。

実績のあるアドバイザーがいるので、高値でサイト売却する方法がわかる

——ところで、LIGブログって月間500万PVくらいあるんですけど、いくらでサイト売却できそうですか?

月間500万はすごいですね! でも、それだけの情報では判断できないんですよね……。面白い記事つくっていらっしゃいますし、プライスレスということで(笑)

——では、もしAwesomeでサイト売却するとしたら、どんなメリットがあるのでしょうか?

Awesomeに登録していただければ、僕がサイト売却に成功した経験をもとに、「高値でサイト売却できる方法」をアドバイスさせていただきます。サイト売却するときは、よい条件で売却するためにも「実績のあるアドバイザーに相談した方がいい」と思っています。

また、豊富な買い手リストがあることも、Awesomeの強みでしょう。そのほかにも、「高額案件にのみ注力している」など、たくさんのメリットがありますね。

Awesomeの特徴
  • 完全審査制として敷居を高く設定し、限られた案件のみ扱う
  • 全て非公開状態のため、ビジネスモデルが真似されることが無い
  • コンサルティングにより、ビジネスの価値そのものを高める
  • 精査した案件しか取り扱わないため、買い手候補も優良企業のみ

 

——実際に、Awesomeでサイト売却に成功した例ってあるんですか?

サービスをローンチして間もないですが、売却が決まりそうな「アフィリエイトサイト」があります。そのサイトに興味ある買い手企業さんに、「収益の3年分で買っても、サイト内の対策を工夫することで、買収後2年以内に金額を回収できる可能性が高い」とAwesome側がアドバイスしたので、もう少しで契約が成立しそうなんです。

——「買い手企業」にもアドバイスしているんですね。

買い手企業にもコンサルティングすることはありますよ。今回のケースでは、買い手企業に「なぜ、このサイトが買いなのか?」を僕の経験をもとにアドバイスさせていただきました。僕は、Awesomeを利用するユーザーさんが「一歩上のステージ」に行き、また起業家の方がよりよいサービスを世の中に提供できるような手助けがしたいと思っています。「我こそは!」と思うサイト運営者の方は、Awesomeに会員登録していただければと思います。

——福田社長、ありがとうございました!

 

Webサービス専門 M&Aサービス「Awesome」

福田社長は、実際にWebサイトを上場企業に売却したEXIT経験者です。その福田社長から「Webサイトを数億円で売却するノウハウ」を教えてもらえる機会はめったにないと思うので、アドバイスをもらえるAwesomeに登録することは魅力的ですよね。

完全非公開&完全審査制&完全成果報酬でサービスを利用できるAwesome。適切なM&A戦略を立案して、必要に応じて数か月~1年程度のコンサルティング期間を設けてくれるので、通常では実現できないような譲渡金額を目指すことができます。

また、買い手企業に自ら交渉する場合はまとまらない可能性も高くなりますが、Awesomeを仲介させることで、売却側の交渉術を熟知した交渉が可能に!

こんな人におすすめ
  • サイト運営で所得を得ているが、そろそろ一歩上のステージに行きたい!
  • 現在のサイト運営以外で、新たにスタートさせたいビジネスがある!
  • 会社を売ろうと考えて、いろいろな情報収集をしている!
  • 「これくらいで売れたらいいな」という数字の目標がある!

「本当に価値のある良いサイト」と「有力な買い手企業」をクローズドでマッチングさせることを目的としたM&Aサービス「Awesome」。「サイトを売却したい!」という人は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

次のビジネス展開を目指せるM&Aサービス「Awesome」はこちら