秒速でgitの自動補完を有効にする小技

じぇしー


秒速でgitの自動補完を有効にする小技

こんにちは、GUIは甘えだと信じて疑わないフロントエンド、じぇしーです。

皆さん、gitはもちろんCUIで使ってますよね。OSに依存しない統一したインターフェースが提供されていたり、他のコマンドと組み合わせることが容易であるなど、様々なメリットがあるCUIですが、初期状態ではtabによるコマンドの補完が効かないのが玉に傷です。特にブランチを指定した操作をする時が辛いです。

そうは言っても、個人開発のユーティリティやサードパーティではサポートに不安があります……。

そこで、今回は公式ドキュメントでも紹介されているgit-completionを導入して、コマンドやブランチ名を補完できるように設定しましょう。

OSはUNIX系(Mac / Linux)を想定しています。Windows環境の方は公式ドキュメントなどを参考にして導入してみてください。

bash-completionをインストール(Macのみ)

git-completionは、bash-completionの上で動作します。Macの場合、初期状態ではbash-completionが入っていないので、brewを使ってbash-completionをインストールします。

$ brew install bash-completion

gitをまだインストールしていない、あるいはHomebrewを使わずにインストールしている場合は、Homebrewでインストールし直すことをおすすめします。

$ brew install git

bash-completionを有効化

以下を .bash-profile に追記して、bash-completionを有効化するだけで設定完了です。

if [ -f $(brew --prefix)/etc/bash_completion ]; then
  . $(brew --prefix)/etc/bash_completion
fi

もっと何か作業をしたかったですか? がっかりさせてゴメンナサイ。これだけです!

コンソールを再起動して、タブキーによる補完が効いていることを確認しましょう。

capture

なお、Homebrewでbash-completionをインストールした場合は、特別な操作をしていなければ /usr/local/etc/bash_completion.d/ に自動補完用のファイルが格納されています。

最後に もっとコマンド入力を楽にする

いかがでしょうか? 1分もかからず自動補完を有効化できたかと思います。
他にもgitコマンドにエイリアスを設定することで、もっとgit操作を楽にすることができます。

こちらはご存知の方も多いので詳しく取り上げませんが、まだ設定していない方は、もし興味があれば設定してみてください。

じぇしー
この記事を書いた人
じぇしー

フロントエンドエンジニア

おすすめ記事

Recommended by