LIGデザイナー採用
LIGデザイナー採用
2016.10.16
3食目
食べてみた

インド人もびっくり!?カレーづくりと人事の意外な共通点

マハラジャ

こんにちは。インドのマハラジャです。

 

maha1 人物紹介:マハラジャ
日本に来てカレー屋を営んでいるインド人。最近、お店を市ヶ谷に移転した。好きな食べ物はラーメン。

 

LIGブログでは1年9ヶ月ぶりの登場となります。

 

 

carry-7

今回、僕のお店に「人事業界のメスライオン」こと宇田川さんが来ました。

 

lion1 人物紹介:宇田川奈津紀さん
株式会社ネットマーケティングの人事責任者として、採用戦略を手掛ける。中でも得意な採用手法はダイレクトリクルーティング。獰猛な肉食獣の如く、「この人だ!」と思った候補者は逃さないことから付いたあだ名がメスライオン。人事領域、組織作りのエキスパートである。

 

なぜ宇田川さんが僕に会いにきたのか分かりません。とりあえず話だけ聞き、ヤバそうだったら「子供が熱を出した」ということにして退散したいと思います。

 

カレーづくりと組織づくりは同じ?

carry-19

lion1
私、気がついてしまったんです。カレーと組織は同じだって。
maha2
はぁ?
lion1
カレーって、肉とか野菜とかスパイスが1つの鍋に入れられ、煮込まれるじゃないですか。
maha2
うん。
lion1
個性豊かな材料達が集まって、1つの作品としてマリアージュし、ハーモニーを奏でる。これって、組織づくりでも全く同じことが言えると思うんですよ。

 

carry-26

maha4
…違うと思うよ。
lion1
えっ!?
maha4
だって、カレーは食べ物でしょ。組織は食べ物じゃないし、まったくイメージできないね。
lion1
……………。

 

carry-10

lion1
…いや、同じですよ。カレーと組織は同じ。
lion1
これだけ色んな材料がある中で、この中から厳選した素材を選んで1つの作品に仕上げる。これとこれを組み合わせたら、どんなカレー(組織)ができるんだろう?って考えただけでもワクワクします。
maha4
……………。
lion1
1つ1つに色んな個性があって、それぞれの特徴を生かしながら完成した時の味を想像する。カレーも組織もイメージが大切ですよね。わかりませんか?

 

mono

マハラジャは困惑した。目の前の女性の考えが理解しがたいものだからだ。

日本に来て11年。今のカレー屋を営むまでの道のりは決して平坦ではなかった。

バイト先のコンビニでは二千円札と一万円札を間違って取り扱い、それが原因で店長から毎日辱めを受けるようになった。
3,000円ポッキリと聞いて入店したキャバクラでは1時間で14万円もの請求をされ、ヤバイ金に手を出し、莫大な借金を背負った。

そんな時、マハラジャの唯一の心の支えがラーメンだった。日本にきて初めて食べたラーメンの味が忘れられず、何か辛いことが起きるたびにラーメンの上に紅ショウガを乗せて心を奮い立たせてきたのだ。

それはそれとして、

「インドカレーで一発あてる」

その一心でここまで頑張ってきたのがマハラジャである。

果たして、カレーと組織は本当に同じなのか? 同じだとしたら、今の自分に何ができるのか?

マハラジャの出した答えは至ってシンプルなものであった…

 

carry-23

maha4
OK。とりあえず、いつも通りカレーをつくるから見ていて欲しい。その上で話を聞くよ。
lion1
なるほど。それでは、お手並み拝見といこうかしら。

 

carry-31

maha3
まず、カレーづくりにパソコンは必須だね。
lion1
パソコン?
maha3
僕はいつも、このカオナビっていうツールを使ってカレーをつくるんだ。もう何年もこのやり方でやってるよ。
lion1
そうだったんだ…。 時代は変わったわね。

 

carry-16

maha3
こんな風に登録した食材の写真を並べて、この一覧を見ながらカレーに何を入れようか決めてるんだよね。
maha3
食材の写真と一緒に名前も常に表示されているから、日本に来たばかりで食材の名前が覚えられないインド人にも優しい。
lion1
……………。

 

carry-17

maha3
食材の特徴とかも表示することができるんだ。例えば、このターメリックなんかはカレーには欠かせない材料だよ。カレーの色味はターメリックじゃないと出せないから。そういうことが書いてある。
lion1
……………。

 

carry-34

maha3
そんなわけで、このカオナビはすごく便利だよ。常に食材の一覧を眺めながら色んなパターンのカレーの味を想像できる。
maha3
インド人はみんなコレ、使ってるから。
lion1
……………。

 

carry-18

lion2
このツール、人材管理にも使えるかも。
maha2
えっ!?
lion2
この食材の写真が仮に、企業に務める社員の顔だったとしたら? 食材の情報の代わりに、その社員の特徴、スキル、詳細情報が記録してあるとしたら?

 

carry-22

maha4
ダメダメ。さすがにカレー専用につくられているツールのはずだから、人材管理に使うなんて…
lion2
そんなことないわ! …そんなこと、絶対にないわ!

 

carry-35

lion2
素材だけでは何も生まれない。合わさるから良い味になる。
lion2
納豆はそのままだとただの納豆だけど、カレーに入れたら納豆じゃなくなる。人も同じで、どんなに個性的な人でも組織の中に入るとまた違った顔を見せるの。カレーと組織は共通点があまりにも多いわ… 驚愕ね…。
maha4
納豆はカレーに入れても、わりと納豆だよ。

 

carry-33

maha2
でも、宇田川さんが言ってることも少しわかるよ。インドには「カレーと組織は恐ろしいまでに似ている」っていう格言があるしね。
lion2
あるのかよ。
maha3
今回、特別にあなたと会えたことを記念して、スペシャルなカレーをつくるよ。カレーを組織だと思ってつくってみよう。美味しくできたら店のメニューに並べるから。
lion2
それは素敵な提案ね。乗るしかない、このビッグウェーブに。

 

carry-6

lion2
私、組織をつくるときは抜擢人事にチャレンジしてみたいと思ってたの。
maha3
抜擢人事?
lion2
普通なら考慮しないような、意外性のある人材を組織の重要なポジションに配置すること。カレーに置き換えると、あまり入れないような食材を入れるって感じ。
maha3
なるほど。

 

carry-28

lion2
アジと納豆を入れましょう!

 

 

carry-24

maha4
それは本当にダメだね。2016年のNG大賞。
lion1
NG大賞!?
maha4
アジと納豆って日本の朝食じゃん。 カレーづくりは遊びじゃないよ。
lion1
えー。

 

carry-9

maha3
おとなしくパプリカにしようよ。無難なものを選んだ方が安定するよ。カレーも組織も結婚相手も。
lion1
やかましいわ。

 

carry-36

lion2
せめてアジを抜擢したい!
maha3
…ライオンを名乗るなら、せめて肉を選んで欲しいな。
lion2
アジは旨味成分が多く含まれる魚よ。アジという名前が付けられたのは、それだけ「味のある魚」ということなの。これをカレーなんかに入れちゃった日にはとんでもないことになるんじゃないかな。旨味が。
maha3
骨はめちゃくちゃあるし、臭みも強いし、かなりクセのある食材だよ…
lion2
だからこそ抜擢された食材って感じがするの。ちょっと個性的だけど実力的に未知数なものって使いたくなるじゃない?
maha4
……………。

 

monokuro2

マハラジャは困惑した。
冷静になって考えると、アジを用意したのは他でもないマハラジャ自身だからだ。

ぶっちゃけ、「絵的に映えるから」という理由で青魚を用意しただけなのに、まさか実際にカレーに入れる羽目になるとは予想外だったのだ。
ましてや、メスライオンを名乗る人物が肉を選ばないとは…

一方で、マハラジャは口では否定的な意見を並べたが、アジを入れるという発想についてまんざらでもないと感じていた。
アジは旨い。これは事実なのである。
カレーに入れたらとんでもない旨味が出る可能性は充分にある。

maha3
…アジに合う食材を選ぶ必要がある。カオナビの出番だよ。
lion2
決定ね。抜擢アジカレー!

 

carry-37

maha3
アジとチキンで旨味のタッグを組んで、トマトの酸味を足すことで爽やかな味にしよう。キャベツとタマネギでコクと甘みを足して、香りが強いスパイスでまとめる。
lion2
すごい、完全に組織づくりと一緒だわ! 個性的なアジを活かすために、そしてアジの欠点を補うためにメンバーが選抜されていくこの感覚。これこそが私が求めるカレー(組織)の在り方!

 

lion2
どうせだから、エビとか入れない?
maha4
エビの実力はすごいけど、コストが高いから。カオナビでは食材の特徴としてコストの高さも設定できるんだ。ここまでのコストの合計を総合すると、エビを入れる余裕はないね。
lion2
なるほど… コストのことも考えるあたりまで、組織づくりと一緒ね。

 

抜擢アジカレーの作り方

carry-38

抜擢アジカレーの材料(4人前)
アジ 1尾(抜擢食材)
鶏ひき肉 200g
トマト 中2個
たまねぎ 大1個
キャベツ 1/8
レモン汁 少量
塩 少量
ターメリック
コリアンダー
ガラムマサラ
チリパウダー
マスタードシード 
アジョワン
クミンシード
パプリカパウダー
ジンジャーペースト
ガーリックペースト

 

carry-39

アジをぶつ切りにし、ジンジャーとガーリックのペーストを混ぜ、塩、レモン汁、コリアンダー、ガラムマサラ、チリパウダーを少量づつ加えてよく混ぜます。

よく揉んで漬け込むことで味と香りが染み込むので、余裕があれば半日程度、冷蔵庫で寝かせると良いでしょう。

 

carry-41

油を熱して、マスタードシードを加えて香りを引き立てます。

この油で先ほどのアジを外側がカリカリになるまで揚げておきます。

 

carry-42

続いて、別の鍋かフライパンで油を熱し、クミンシード、アジョワンを加えて香りをつけます。

 

carry-43

そこにみじん切りにしたタマネギ、トマトを入れ、ターメリックを大さじ2杯ほど加えて炒めます。

 

carry-45

細切りにした鶏肉、刻みキャベツを加え、各種スパイス、パウダーをぶち込みます。

水分が足りないと判断したら、水を入れてください。

 

carry-46

最初に揚げたアジを加えて、10分ほど煮込みます。

 

carry-44

最終的に「見た目が美味しそうだな」と思ったところで火を止めます。

 

carry-47

お好みでパクチーや万能ネギを加えて完成!!

 

抜擢アジカレーを食す

carry-48

lion2
すごい良い香り…! いただきます。

 

carry-49

lion2
美味しい! アジの臭みもないし、骨も柔らかいし、そのまま食べても全然、気にならない。
lion2
そして、アジと鶏肉が喧嘩してない! 最初にスパイスの風味がガツンときて、あとからトマトの爽やかさが追いかけてくるわ!
lion2
あれだけ煮込んだのにキャベツの食感も残ってるし、ほのかな甘みが一層、全体の味を豊かにしている。このカレーのルーはパクチーとの相性も抜群ね!
lion2
これぞ理想的な組織づくりよ! 欠点がありながらも、鋭い個性を持った人材を起用する。その欠点を補うための人材を足して、調和を目指す。
lion2
ナイス抜擢! 抜擢人事!
maha4
(…………よく喋る人だなぁ)

 

抜擢人事と言えば…

LIG1310

12月8日に「カオナビ Management Camp 2016 」というイベントが行われます。

こちらのイベントでは “抜擢人事”をテーマに、組織を強くする人材活用のあり方をめぐって トーク・セッションを行います。
就業人口の減少、雇用形態の多様化、人材の流動化。 産業構造が大きく変化する時代にあって、 積極的な人材活用はマネジメントの使命とも言えます。

強い組織を作るための人材活用とは?

各界の第一線で活躍するマネジメントの方々の白熱した議論を体験することができますので、人材マネジメントに関心のある方は是非、ご参加ください。

イベント詳細
【開催日時】
12月8日(木)15:00~18:00(受付開始 14:15)

【開催場所】
東京都港区港南二丁目15番2号
品川インターシティ ホール

【スペシャルゲスト】
佐々木則夫氏(元サッカー日本女子代表監督)

イベントに参加希望の方はこちら

 

組織づくりに最適!人材管理ツール「カオナビ」

kaonavi

今回、マハラジャがカレーをつくるために使用した「カオナビ」は、実際には人材管理ツールとして開発されたものです。

社員の顔写真が画面に並び、人材管理業務を劇的にスピードアップさせます。
また、人事部門だけでなく一般管理職や経営陣も直感的に使うことができる優れたツールです。

カオナビの主な特徴
・顔写真が並ぶシンプルな画面で人材情報を視覚的に分かりやすく共有。
・簡単なマウス操作で人材データベースを効率良く構築できる。
・他システムとのデータ連携、店舗や外出先からのスマホ利用も可能。

 

※公式のカオナビ紹介ムービーです。

人事の会議、評価業務の運用など様々なシーンにおいて活躍が見込めます。
現在は無料トライアルを実施中ですので、お気軽にお試しください。

カオナビを導入してみたい方はこちら