ギルド開発
ギルド開発
2015.11.20

ヴィクトリア朝の時代に凛々しく生きる女性を描いたフィクション映画『ジェーン・エア』で知るワンフレーズ英語

うらら

こんにちは、編集部のうらら(@uraranbon)です。

みなさんはどのような人になりたいですか? 私は、どのような状況でも身分や肩書きの差にとらわれず、凛としてたくましく生きる女性に憧れます。今回は、そのような女性が主人公の17世紀イギリスを舞台にした映画『ジェーン・エア』を、英語のセリフの解説と一緒にご紹介します!

本日の映画はこちら!

今回ご紹介する映画『ジェーン・エア』は、過去に合計で4回も映画化されている、世界的に有名な作品です。今回は1996年に公開された、フランコ・ゼフィレッリ監督、シャーロット・ゲンズブール主演のバージョンを題材に取り上げます。

孤児院で育ったジェーン・エアは、18歳になると家庭教師としてソーンフィールド屋敷で働くことになります。そして屋敷の主人であるロチェスターに惚れ、その後は晴れて両思いに。結婚を目前に控えた二人ですが、ロチェスターの隠された秘密があらわになり……。続きはネタバレになってしまうので、映画をぜひ観てみてください。

もとはイギリスの小説家、シャーロット・ブロンテにより書かれ、1847年に発売された長編恋愛小説。発売された当時のイギリス(ヴィクトリア朝)では、従来のおきてだった「ヒロインが美しい」ことから外れ、ジェーンが「一般的な女性」だったことと、身分にとらわれない自由な恋愛を取り扱うというのが新しく、人気を博しました。

『ジェーン・エア』のピックアップシーン

germany-1014376_1280

当時の女性では珍しく、物怖じせずにはっきりと意見を言うことができるジェーンの「ぶれない」姿が顕著に現れるシーンをピックアップしてご紹介いたします。

2階にあるバルコニーに出たジェーンは、1階の庭先にいたロチェスターをデッサンしはじめます。しばらく模写したあと、ふと気づくとロチェスターが横に。そしてロチェスターが尋ねます。

Mr. Rochester:Do you think me handsome?
Jane      :No sir.

ロチェスター:私はハンサムだと思うかね。
ジェーン  :いいえ、旦那様。 

他の人ならお世辞でも「はい」と言うであろうところを、あえて言わないジェーン。媚を売らず自分にまっすぐに生きています。

 

Pick up 英語フレーズ
No sir.
いいえ。

“Sir” は「旦那さま・ご主人さま・先生」といった、自分より目上の男性に対する敬称。 “No sir” は年上の男性へ、何かをキッパリと断るときに使えます。

他にもジェーンの強さが登場するシーンはたくさんあります。ぜひ映画で観てみてください。また、『ジェーン・エア』の原作はAmazon Kindleにて無料で入手することができます。

Jane Eyre (English Edition)
Jane Eyre (English Edition)

強くなりたい、勇気をもらいたいと思っている方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

18ffe47ae091488567f5b7bacfbe9db716 お知らせ
英語チャンネル『Plluto(プルート)』に寄稿いただける方を募集中! 興味がある方はぜひコチラまでご連絡ください。お待ちしております!