LIGPR

クラウドの一歩先へ。クラウドと物理サーバのメリットを併せ持つベアメタルクラウドとは?

よーこ


クラウドの一歩先へ。クラウドと物理サーバのメリットを併せ持つベアメタルクラウドとは?

こんにちは、ディレクターのよーこです。

私は8月にLIGに入社したのですが、せっかくWeb制作会社に入ったので、日々Webサイトの仕組みやプログラミングについて勉強しています。しかし、サーバまわりのことを実務で経験することはなかなかできず、皆さんにご覧いただいているLIGブログがどのように運用されているのかさえよく分かっていません。

そこで今回は、LIGブログのバックエンドエンジニアであるづやさんにサーバの構築や運用について聞いてみました。また、クラウドサーバとは一線を画すサービスとして最近登場した「ベアメタルクラウド」についても、伺っています。

LIGブログが実際に利用しているサーバのサービスもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LIGブログが利用しているサーバの運用管理について聞いてみた

まずは我らがづやさんにLIGブログのサーバの構築方法、運用管理について聞いてみました。前に聞いた話だと「仮想サーバ」を使っているとは聞いていますが……。

LIGブログはAWSを利用して運用している

— づやさん、LIGブログは仮想サーバを使っていると伺ったのですが……?

そうだね。仮想サーバで「AWS」という米Amazon.comが運営しているクラウドサービスを利用しているよ。このサービスは、クラウド上で仮想サーバを借りて好きに使うことができるんだ。

仮想サーバと言うのは、物理サーバを自前でまるっと使ったり持ったりするのではなく、いくつものサーバをそれぞれ用途にわけてクラウド上でデータを格納するもので、LIGブログはAWSの中でいうと下記のサービスを組み合わせて運用しているよ。

LIGブログで使っているサービス
  • EC2(Elastic Compute Cloud)
    LIGブログはEC2上でWordPressを運用していて、Webサーバとして複数利用している。
  • RDS(Relational Database Service)
    データベースを利用できるサービス。LIGブログではMySQLを使っている。
  • ELB(Elastic Load Balancing)
    ロードバランサーのサービス。適切にEC2に振り分けてくれる。
  • S3 (Amazon Simple Storage Service)
    ストレージサービス。LIGブログの画像やログを保管している。
  • Route53(Amazon Route 53)
    DNSのサービス。独自のエイリアス機能を使うために利用している。
  • ElastiCache
    キャッシュのサービス。LIGブログではMemcachedを利用して、いろいろキャッシュしている。

 
— 根本的な質問なんですが、なぜ物理サーバじゃなくて仮想サーバを使うんですか?

z1

物理サーバだと「拡張性」に欠けるんだよね。例えば最近だとエディターのさえりがハロウィンに記事をリリースして「バズった」よね。そうなると短期的に急激なトラフィックが集中することになって、自前で持っている物理サーバの容量を超えてしまうことがあるんだよ。極端な話ね。

これがいわゆる「サーバが落ちる」っていうことで、Webサービスを持つ上で一番避けなきゃいけないことなんだ。仮想サーバであればトラフィックの集まる時間帯などに合わせてクラウド上でサーバを使うことができるから、想定外のアクセスがあっても、負荷に応じてサーバのスケール調整が素早く簡単にできるんだよ。LIGブログの特性として、記事のバズがいつ、どんなタイミングで起こるか予想できないとこもあるからね。

ちなみにうちがAWSを使っているのは、AWSが世界的に流行しているからだね。なにかサーバのことで困ったことがあったとき、ネットで調べてすぐに解決できることもあるんだけど、流行しているからこそ情報量が多いんだよね。エンジニアはなんでも知ってるわけじゃなくて、わからないことだらけなの。だから検索して情報がたくさんあるっていうのはとても大事なんだ。

 
— エンジニアってなんでも知ってるわけじゃないんだ。変な話ですけど、ちょっと安心しました。

AWSの話で言うと、英語のサービスなのと色んなサービスがありすぎるのとで、最初のハードルがちょっと高いかな。日本語化したけれど、ピンとこないところもやっぱり多いし。

細かいことを言うと、時間の表示形式がUTCだから少しわかりづらかったり、料金が日本円じゃないから読みづらかったり、S3内でファイルを探すのが面倒だったりと、いろいろ大変なこともあるんだ。それでもメリットは大きいけどね。

 
— ふむふむ。あ、あと最近だと「ベアメタルクラウド」っていうサービスもあるみたいなんですが、これも教えてください。

z2

あぁベアメタルね。ベアメタルっていうのは……(あれなんだっけ?)

物理サーバを仮想サーバのように使えるベアメタルとは?

それでは私が代わりに説明します!ということでクラウドサーバに新しい選択肢をもたらすベアメタルについて、「ベアメタル型アプリプラットフォーム」を提供している株式会社リンクさんに情報をいただきましたのでご紹介します。

ベアメタルとは、BARE(むき出しの)METAL(金属)が語源となっているOSの入っていない物理サーバのことで、物理サーバを仮想サーバのように使えるクラウドサービスです。ユーザは物理サーバをGUIからクラウドのように利用することができ、コントロールパネルで操作することで仮想マシンと同じようにサーバを増減できます

まずは、仮想サーバと物理サーバのそれぞれの特徴を見ていきましょう。

仮想サーバのメリット・デメリット

仮想サーバの特徴は、必要なときに必要なだけリソースを増減できることです。
仮想サーバはソフトウェアで実現されているものなので、ソフトウェア的にサーバを作れるのはもちろん、ディスクイメージや自動インストール機能などによってOSなどのセットアップもできるようになっています。

しかし、一般的なクラウドサービスでは1台の物理サーバに複数の仮想サーバが相乗りするため、他の仮想サーバがCPUやディスクなどを激しく使うと自分のパフォーマンスが落ちてしまうことがあるんです。
マシンパフォーマンスをそのまま使いたいなどの絶対的な性能を求めるユーザであれば、不満を感じることがあるかもしれません。

物理サーバのメリット・デメリット

物理サーバのメリットは、パフォーマンスが安定していることです。仮想サーバのように相乗りといったことがないので、パフォーマンスが落ちることなく、常に高いパフォーマンスを発揮してくれます。マシンパフォーマンスをそのまま使いたい方は、満足して使用することができます。

しかし、容量を増やすために新しいサーバを購入した際、ネットワークケーブルなどを接続して起動し、ハードディスクにOSをインストールするなど、どうしても人手が発生してしまいます。ですから、ユーザが自分の操作でというのは難しいかもしれません。

ベアメタルクラウドが解決してくれることとは?

ベアメタルクラウドとは、先述したとおり物理サーバを仮想サーバのように扱えるもので、ホスト名やOS種別、物理サーバのスペック、ネットワーク設定などを指定するだけで、サーバを利用できます。課金体系も日数×台数ベースなので、料金も読みやすいんです。

つまり、仮想サーバのような使い方ができるサービスを物理サーバで提供してもらえるのが、ベアメタルクラウドです。サーバパフォーマンスでお悩みであれば、ベアメタルクラウドは物理サーバなので負荷がかかっても高いパフォーマンスを発揮できます。

サーバの作成時間は約15〜30分程度で、サービス提供者に依頼する必要はなく、ユーザが意図したタイミングで作成でき、クラウド的な使い方ができるんだそう。

ベアメタルクラウドが向いているユーザとは?

基本的にはWebサービスやゲームアプリ事業者など、クラウドサーバを使いたいと思っている方に向いているサービスです。また、ベアメタルクラウドはGUIでクリックするだけで仮想サーバも物理サーバも増減することができるので「難しい単語とか英語とか読まずに“シンプルに構築したい”」というユーザには特におすすめです。

さらに、クラウドサーバでありがちなサーバの不安定なパフォーマンスによるユーザへの悪影響が気になっているユーザにもおすすめです。ベアメタルクラウドの場合、物理サーバを用いていて他のユーザと共有する形ではないため、常に安定したパフォーマンスが発揮できるんですね。

LIGブログでベアメタルクラウドを使うと?

ベアメタルクラウドは、ユーザによって向き不向きがあることは先述しました。では、LIGブログはどちらなのでしょうか?

LIGブログでベアメタルクラウドを使った場合

【現在利用しているサーバ(2015年10月)】

  • Webサーバ:C3.large(リザーブドインスタンス) ✕ 3台
  • DBサーバ:RDS m3.large (マルチA/Z)
  • キャッシュサーバ:ElastiCache
  • Load Balancing:Elastic Load Balancing

固定で約80,000円(1$=120円で計算した場合)に、別途転送量の費用が月によって30,000〜70,000円くらいの幅でかかるので、毎月約110,000〜150,000円ほどとなる。加えて、為替変動の影響を受けるので、金額がはっきりと見えない。
 
【ベアメタルクラウドを使用した場合】

  • Webサーバ:E3 8GB ✕ 2台
  • DBサーバ:E3 RAID v2 ✕ 2台
  • キャッシュサーバ:E3 8G
  • Load Balancing:無料(ただし平均100MBPSまで)

毎月約140,000円と金額が固定している。

※AWSから置き換えが可能なサービス部分のみを算出しています。

 
— これらを踏まえて、LIGブログでベアメタルクラウドを使うのはどうなんでしょうか?

z3

LIGブログでベアメタルクラウドを使った場合、ある程度価格帯が見えやすくなるという印象かな。AWSなどの仮想サーバの場合、バズってアクセスが急増すると多くの費用がかかってしまうけど、ベアメタルクラウドであればそういったことはなくなりそうだね。ただし、急なリソースが必要になった場合のために、仮想サーバも使ったほうがいいかもな~。

オウンドメディアじゃないけどすごく負荷がかかるバッチがあるWebサービスであれば、ベアメタルクラウドのほうが安く済むし、向いていると思うよ。あとは、ベアメタルクラウドには仮想サーバもあるみたいだから、物理サーバと仮想サーバのハイブリットな運用ができそうだね。

まとめ

いかがでしたか?
ベアメタルという言葉をはじめて聞いたづやさんの表情がとても印象的でしたね。ではなくて、サーバの構築や運用というとクラウドサーバ一択になりがちなここ最近ですが、新しい選択肢として「ベアメタルクラウド」も今後は注目されそうです。

ユーザによってはベアメタルクラウドを利用することでサーバ運用がしやすくなったり、コスト削減に繋がったりするので、ぜひ参考にしてみてください。今回、情報を提供していただいた株式会社リンクさんの「ベアメタル型アプリプラットフォーム」を改めてご紹介します!

仮想と物理のメリットを併せ持つ「ベアメタル型アプリプラットフォーム」

スクリーンショット 2015-11-16 10.54.50
http://app-plat.jp/

ベアメタルクラウドを提供している「ベアメタル型アプリプラットフォーム」のメリットは、下記のとおり。

  • スペックどおりの安定したパフォーマンス
  • 物理サーバでありながら仮想サーバのような操作性
  • 低価格でシンプルな料金体系
  • 困ったときにサポートしてくれる1社1担当制
  • なにかあったときは365日24時間エンジニアが対応してくれる

1社1担当制や365日24時間エンジニアが対応してくれるなどの手厚いサポートが受けられるのは、心強いですよね。また、サーバサービスは料金が読みづらいものも多いですが、低価格で、ある程度料金が読めることも大きなメリット。

ベアメタルの詳細が気になる方は以下から詳細をご確認ください!

>>ベアメタル型プラットフォームを見てみる<<

また今回はベアメタル型アプリプラットフォームについてferret[フェレット]さんでもご紹介しているので、気になる方はぜひあわせてお読みください。

>>ferret[フェレット]の記事も読む<<

それではまた!

よーこ
この記事を書いた人
よーこ

まいどおおきに

関連記事