CREATIVE X 第2弾
CREATIVE X 第2弾
2015.10.29

「あざーっす」は英語でどう言う?シンプルにありがとうを表現する英語フレーズまとめ6選

うらら

こんにちは、英語チャンネル担当のうらら(@uraranbon)です。

多くの人は英語で「ありがとう」と言えるかと思います。 “Thank you” ですよね。

“Thank you.”
「ありがとう」(一般的な表現)
 

昔アメリカへ留学に行ったことがありますが、そのときはよく “Thank you” というフレーズを口にしていました。しかし、毎回 “Thank you” を使っているうちに「毎回サンキューだとつまらない」「もっとほかの表現もしてみたいな」と思うように。たまには、「あざーっす」だったり、「ありがとっ♪」だったりと、少し雰囲気を変えて言ってみたいですよね。

そんなときに私が日常会話でよく耳にした、周りの外国の人が使っていた軽いノリで言える「ありがとう」の英語フレーズを6つ紹介します(ありがとうだけで6つって多いですよね、知ったあとの世界が広がりそうです)。

簡単に使える「ありがとう」の英語フレーズ6選

1. Thanks.

フランクな「ありがとう」です。友人や同僚など、知り合い同士で使える表現。「あざーっす」という感じが近いです。

2. Cheers.

こちらもフランクな「ありがとう」。ニュージーランドやイギリス、オーストラリアでよく使われる表現です。日本語で表すとしたら「ありがと!」という感じです。

3. Thanks anyway.

「とにかくありがとう」という意味です。何かがあったわけれはないけれど、それまでの行為にお礼を言うときに使います。例えば、「何か手伝おうか?」と言ってくれたけれど、実際に助けが必要なかったときに “No, but thanks anyway!” 「大丈夫、でもありがとね!」というニュアンスで使います。

4. It’s kind of you.

「なんて親切なの」「優しいね」という意味になりますが、英語では「ありがとう」ということを伝えられる頻出フレーズです。 “Thank you” というフレーズを使わずに、感謝していることを伝えられます。

昔、ホストマザーの買い物袋をもってあげたときに、このフレーズを笑顔で言われました。

5. Many thanks.

メールやコメントなどの文面でよくつかいます。「めっちゃありがとう!」「本当にありがとう」という、たくさん感謝している様子を “many” をつけることで伝えられます。

6. I appreciate it.

少しフォーマルだけどシンプルなのがこちらの表現。日本語だと「感謝します」という意味が近いでしょう。注意が必要なのが、 “it” は「それ」という意味なので、人ではなく「もの」に感謝をしたいときに言います。

まとめ

留学先の学校にはヒスパニック系の人が多く住んでいたことと、私自身がスペイン語を学んでいたこともあり、スペイン語で「ありがとう」という意味の “gracias” をおちゃらけて言うこともありました。このように、英語以外の言語を使うこともありますし、何通りもの「ありがとう」を言えるようにしておくと会話が楽しくなるかもしれません。

それでは、また♩