フィリピンと日本をつなぐ、新しい開発。
フィリピンと日本をつなぐ、新しい開発。
2015.12.01
LIG PR

【保存版】503エラーを阻止!AWSサーバ構築・運用する際のよくあるトラブル事例・落とし穴

づや

AWSの拡張・運用でトラブル事例や落とし穴を避けるために

ここまで、AWSサーバ構築・運用する際のよくあるトラブル事例・落とし穴をご紹介してきました。繰り返しにはなりますが、「AWSはアウトソーシングサービスではない」ことを、念頭に置く必要があるでしょう。ここまで見てきたように、503エラーやAWSによるトラブル事例、落とし穴というのは、その多くがAWSの便利さゆえに、放っておいてもどうにかなると過信してしまうことによります。

このあたりは経験を積むしかないのが正直なところで、知らないことは知らないというリスクを今一度認識し直す必要がありそうです。自社案件であればトライアンドエラーで構わないかもしれませんが、特に受託開発のサービスやWebサイト、自社でもぜったいに落とせないサーバなどであれば、保守・運用のプロに依頼するというのはわかりやすく、安心な方法ではあるでしょう。

AWSを有効活用する「cloudpack」

AWSは日々進化し、どんなに優秀なエンジニアでもミスを0にはできないサーバ対策。そこでご紹介したいのが、「cloudpack」です!

Amazonクラウドでビジネスを加速|AWS専業のcloudpack(クラウドパック)
http://cloudpack.jp/

cloudpackはAWSの導入設計、環境構築、運用・保守までをトータルでサポートするマネージドホスティングサービス
上で紹介したようなAWSのサービスに関して、構築から24時間サポート、サービス監視までさまざまなサポートをおこなっています。

有名企業でも実際に導入事例があるため、いくつかご紹介します。

1. 株式会社Jリーグメディアプロモーション

img_casestudy-jleague-web
http://cloudpack.jp/casestudy/103.html

Jリーグの試合速報や順位表など、最新情報を集めた「Jリーグ.jp」。
試合速報という特性上、試合の開催日と非開催日ではアクセス数が大きく異なるため、ピーク時に合わせたインフラ投資が必要でした。しかし、ピーク時に合った設備を常時用意していると、平常時に不要なコストがかさんでしまう……そんな悩みを解決したのが「バースト保証」などのスケールアウトサービス。
これによってコスト効率を最大化し、ユーザーのアクセスが集中してもサイトのパフォーマンスを落とさない運用ができているそうです。
cloudpackの「イベント対策サービス」では専門チームによるイレギュラーなアクセス増にも対応しています。トラフィックのボリュームの予測が難しい案件などに対してはcloudpackさんからお客様の要件に応じ、人的ミスを抑止するためのサーバの拡張対応を自動化する仕組みの構築なども支援してくれます。

2. ソーシャルエンターテインメントサービス JoinTV

img_case066
http://cloudpack.jp/casestudy/066.html

「JoinTV」は視聴者がスマホなどを使って番組に参加できる、双方向型ソーシャルエンターテイメントサービス。
プロ野球中継のクイズイベントや映画のTV放送との連動などのため、リソースが柔軟に運用できるAWSを導入しました。EBSのスナップショットによる世代管理された定期的なバックアップや、各種監視サービスをcloudpackに任せることで、コンテンツ運営に集中できているとのこと。

3. UNIQLO 新春 GARA-PON

img_case0531
http://cloudpack.jp/casestudy/053.html

「ユニクロ オンラインストア」が2012年〜2013年に実施した特別企画。
ガラポンを回すと割引券が当たるという企画で、総挑戦数2,536,934回という人気キャンペーンでした。当然キャンペーン初日には多くのアクセスが集まりましたが、スペックの高いインスタンスを用意し、さらにアクセス負荷対策にCloudFront(CDN)も導入して高負荷を処理していたとのこと。日に日にキャンペーンが人気を増すのに合わせてサーバをスケールアウトして、安定したコンテンツ配信を実現しました。

またこういった大きな企画の場合は、不測の事態が起きる可能性もゼロではありません。その場合、cloudpackではクライアントのエンジニアなどとチームを組み、細かいサーバの調整などを手伝ってくれます。意外にも最終的には人の手が大事になってくるんですね。

さいごに

サーバダウンは信頼感の損失や人気低下につながりかねないので、サービスを運営する上ではできる限り避けたいものです。

ご紹介した事例のように、保守・運用のプロに依頼する方法もありますので、AWSを運用していて、似たようなトラブルがあった方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

>>cloudpackって何?<<
>>cloudpackのサービス一覧を見てみる<<

AWS業界最安値のCDN専用プランのご案内はこちら。

>>業界最安値のCDN専用プランを見てみる<<