使わないと損!作業の効率を上げるIllustratorの機能まとめ


使わないと損!作業の効率を上げるIllustratorの機能まとめ

こんにちは、デザイナーの白浜です。5月病にならないためにも、仕事をサクサク終わらせて明るい時間に帰りたいですね!!

そんなわけで、今回は覚えておくと作業効率が劇的に上がるIllustratorの機能を、わたしが新しく知った順にご紹介したいと思います。

後半は今まで書いた記事の紹介になってしまうのですが…本当に使っていないと損なので何度でも言うよ!!

ここ半年ぐらいで知った便利な機能

まずはここ半年ぐらいで知ったIllustratorの便利な機能を2つご紹介します。

ライブコーナー

Illustrator CC(17.1)のアップデートでしれっと追加されていたこの機能、すごいです!!ヤバイです。

01

ダイレクト選択ツールでオブジェクトを選択するとコーナーに白い○が出てくる方、あなたのバージョンはライブコーナー機能が使えます!

全部のコーナーが選択された状態で1個○をドラッグしてみると…

02

全部の角が丸くなりました!!

03

○をダブルクリックするとダイアログが出てくるので、数値を指定して一気に変更することもできます。

アピアランスで角を丸くするという方法もありますが、パスを直接目で確認しながら角丸にできて、もちろん1つのコーナーだけ丸くする、なんてこともできます。

詳しくはAdobeのトレーニングをご覧ください。わたしももっと自在に扱えるようになりたい!!

参考:Illustratorでのライブコーナーを使用した編集

線幅ツール

この機能はCS5ぐらいからついてるっぽい、でもぜんぜん使ってなかった…

04

アンカーポイントを作って線幅を変えることができます。こちらを使えば、線をアウトライン化しなくても線幅に強弱がつけられます!

05

カリグラフィーペンで描いたような線もあっという間です。

すべてアウトライン化してしまったあとに変更が入ってしまうと、線画の修正が大変だったりするので、ポイントポイントで使っていきたいですね!

今までご紹介した中でぜひとも使ってほしい機能

次に、今までご紹介した中でぜひとも使ってほしい機能です。自分で書いた記事ばかりですが…この辺はめちゃくちゃ使用頻度が高いので、使ったことがない方がいれば、ぜひとも試していただきたいです。

LIGブログの過去記事

■パターン作成ツール
Illustrator新機能で簡単にシームレスパターンを作ろう!

■うねりツール
サクッとおしゃれに決まる!Illustratorでマーブル模様を作る方法

■オブジェクトの再配色

Illustratorの「オブジェクトの再配色」を使ってカラーバリエーションを作る方法

■ライブトレース&ライブペイント

Illustratorのトレース機能はどこまでやれるのか?壁の落書きからイラストを作ってみた。

Illustratorのライブトレースでオシャレなモノクロベクター画像を作る!

(おまけ)もしかしてあまり使われてないかも?な機能

Illustratorの消しゴムツールです!これはCS2当たりからついてると思うのですが、わたしはこういう感じで結構使います。

06

パスファインダより気軽に使えるので丸っこいものの影(顔の影とか頭のハイライトとか)を入れたいときに、前面コピー(Shift+F)、背面コピー(Shift+B)とセットでよく使います。
使いすぎると思いがけないパスができちゃったりするので、状況に応じて様子を見ながら使ってみてください。

まとめ

いかがでしたか?使えば作業の効率を劇的に上げるIllustratorの機能、みなさんもぜひお試しください!

それでは、また。

この記事を書いた人

姐さん
姐さん デザイナー 2010年入社
デザイナーの白浜です。ウェブデザイナーとして日々修行中。マンガと音楽とお米が好きです。よろしくお願いします。

こちらもおすすめ

10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識

10倍ラクするIllustrator仕事術 【増強改訂版】 CS5/CS6/CC/CC2014対応 ~ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識

  • 著者鷹野 雅弘,茄子川 導彦,鈴木 ともひろ
  • 価格¥ 2,570(2015/12/16 15:57時点)
  • 出版日2014/10/18
  • 商品ランキング1,466位
  • 単行本(ソフトカバー)256ページ
  • ISBN-104774167967
  • ISBN-139784774167961
  • 出版社技術評論社