エンジニア採用セミナー
エンジニア採用セミナー
2020.04.29

リモート面談実施中!LIGの採用活動の変化や反省点をシェアします。

あきと

こんにちは。LIGで人事をしております、あきとと申します。プライベートでは音楽レーベルの運営やDJをしております。

さて、リモートワークになってしばらく経ちますが、LIGの採用活動についてどのような変化があったか、シェアしたいと思います。

結論からお伝えすると、そこまで致命的なデメリットはなく、むしろオンラインでの選考を行うことで、効率化できることも多いということでした。

リモートワーク前の面談方法

各採用媒体(LIGブログ、Wantedlyなど)にて候補者と日程調整をしたあと、台東区のオフィス(LIGビル)に直接ご来社いただき面談をしていました。時間の関係上毎回できるわけではないですが、オフィスのご案内を兼ねることもあります。

ただし、遠方にお住まいの方などご希望があれば、オンラインでの面談も実施していました。

リモートワーク後の面談方法

各媒体で事前に日程調整するところまでは同じですが、メッセージのやり取りのなかでオンラインにて面談を実施する旨をお伝えしています。

変化は実施場所がオフィスからオンラインに切り替わったということだけです。

利用しているツール

Google Meetを利用しています。

もともとはWhereby(旧:apper.in)で1つの面談用URLを利用していたのですが、すぐにGoogle Meetに切り替えました。「事前に接続確認をお願いします」というご案内をしていたので、たまたま実際の面談中に、別の候補者の方が接続確認で入室してしまうトラブルがあったためです。

リモート前はオンラインでの面談頻度が低かったために起こらなかったトラブルですが、日常的に使用するとなると、たしかに十分起こりうることでした……。今はGoogle Meetに切り替えて、すべての面談を異なるURLで実施しているので、このような問題は起きていません。

リモート面談のメリット

会議室空いていない問題から開放された

LIGビル内で面談に使える会議室は3つあります。この3つの部屋は社内の会議や来客対応でもよく使われる部屋なので、ピンポイントで面談と重なってしまうことも時々ありました。

オンラインだと、ファシリティ(施設設備)という概念がなくなるので、部屋の空きを気にせずに面談の設定ができます。これは単純にいいことでした。

日程調整のハードルが下がった

若干ではありますが、日中に面談を設定できるケースが増えた気がします。

リモート前はわざわざ台東区のオフィスにまで足を運んでいただいていたので、在職中の方などは移動時間を含むとどうしても開始が20時以降になる、なんてこともありました。

しかしオンライン面談になってからは、合間の時間を使ったり、就業後すぐに面談したりすることも可能になったので、日中の面談も増えた気がします。とくにフレックスの方などは日中に日程を調整できる印象があります。

リモート面談のデメリット

オフィスのご案内ができなくなった

これに尽きますね。LIGの一番の良さは、社風だと思っているのですが、その雰囲気をご紹介できないのはデメリットです。

LIGビルの受付にはコワーキングの運営メンバーが座っていて、いつも気持ちのよい対応をしてくれます。また、受付横のキッチンには談笑するメンバーがいたり、執務スペースではフランクに制作の相談をしているメンバーがいたり……そういう日常の風景をお見せすることができないのが、少し悲しいです。

その代わり、というほどでもないのですが、社内でニックネームで呼び合っていることなどを面談のなかでも伝えたり、ふだんどおりのコミュニケーションをして、社風を感じ取っていただくようにしています。

リモート面談を重ねて気づいたこと

コミュニケーションのしやすさについて

オンラインよりも直接会ったほうが、お互いにコミュニケーションを取りやすいというのは事実だと思います。ただ、コミュニケーション能力が高い方というのは、オンラインでのコミュニケーションにおいても、オンラインであることを踏まえたコミュニケーションをしてくださるなと思いました。もちろん、お時間をいただくこちらも失礼のないよう、できるだけストレスを感じさせないように努めたいと考えています。

今のところ、よく言われる「オンラインだと相手のことがよくわからない」というのはそこまで感じていません。

来社かオンラインかの選択肢を設ける

今回オンラインでの面談を実施して気づいた一番の反省点は、これまで一律にご来社での面談を案内していたということです(遠方の方や事情のある方など、希望があればオンラインで対応することもありましたが)。

弊社は決してビジネスの中心地とはいえない台東区にあるので、面談希望者の方々には、移動のために相当な負担をかけてしまっていたのではないかと思います。

一度オフィスに行ってみたかったんです」というありがたい声もいただくこともありますが、まだ応募しようか迷っている段階の方に一律にご来社の案内をしなくてもよかったな、と反省しています。

コロナが明けたら、とくにカジュアルな面談をご希望の場合には、ご来社かオンラインを選んでいただくような形にするなど、より選考体験の向上に努めていきたいと思います!

現在も応募受付中です!

LIGでは、ありがたいことに採用活動は変わらず行っております! ぜひ皆様からのご応募お待ちしております。

募集職種へのエントリーはこちらから
(Wantedlyへ)