LIGPR

ブラックボックス化した結婚式を完全明朗に!5万からできる『会費婚』がスゴい!!

鈴木絵美里


ブラックボックス化した結婚式を完全明朗に!5万からできる『会費婚』がスゴい!!

みなさん、こんにちは。ライターの鈴木絵美里です。

結婚式って本当におめでたい場だけれど、自分たちが挙げるとなったらいくらくらいかかるものなんだろうか……。先輩花嫁・花婿にお金のことを聞くっていうのもなんだか微妙だし、実際のところレベルによってもピンキリだろうし、基準が無くてブラックボックスのように感じることもしばしば。もう面倒だし、できる限り小規模のパーティーでいいかな……って諦めモードになるのも無理のない世界です。

そんなブラックボックス化した結婚式を明朗化して、丸っと任せられちゃう『会費婚』ってサービスをご存知ですか?

会費婚とは
価格保証された新しいウェディングとして、自己負担5万円とゲストのみなさまに優しい会費制(お一人様あたり平均15,000円~20,000円)を採用し、
ホテルやゲストハウスなどの一流会場で、従来のご祝儀制でおこなう結婚式と変わらない挙式&披露宴を実現。もちろん、ご祝儀制を選択することも可能なサービス。

このサービスを展開しているのはアールキューブさんという会社なんですが、今回は実際に『会費婚』で結婚式を挙げられたおふたりに話を伺ってみることにしました。

LASTファイル561

相場(あいば)さんご夫妻

2016年11月に挙式&披露宴をおこなったおふたり。一年ちょっと経って、実際に『会費婚』ってどうだったか、振り返っていただきましょう!

▼目次

どうして会費婚を選んだの??

–おふたりが『会費婚』を知ったきっかけは何ですか?

icon_h
付き合って10年目の日に結婚式を挙げよう、ということでまず探し始めたのが確か2016年の初めでした。と言っても何か「こういうのがいい!」という明確な像があったわけではなく。「世の中にはどんな結婚式があるんだろう?」というところからのスタートでした。雑誌などを買い、なんとなくめぼしそうな結婚式場やホテルに連絡をし、5件くらいは足を運びました。行ってみたなかでふたりでどこがよかった、とか順位をつけてみたりしたけれど、あんまり総合的なことはわからない。それで既に式を挙げていた友人に何かアドバイスくれとお願いしたら、この『会費婚』を教えてくれたんです。

–友人からどんな風に聞いていましたか?

icon_h
ここに聞くと、色々と総合的に教えてもらえるよって感じでした。普通、式場に行ったらその式場のサービスやオプションしか教えてくれなくて今日決めれば何%オフです、というような提案とかどこもしてくるんです(笑)「会費婚」は、もう少しフラットに「こんな感じのことをやりたいです」と相談すると「こんな選択肢がありますよ」と教えてくれるところと聞いていました。
icon_w
費用面はそんなに気にしていなかったんですど、ホテルや式場、レストランで直接相談してイメージを固めていくと段々とオプションがたくさんついてきて、積み重なって結局「あれ?」っていう金額になってしまってましたね。

スクリーンショット 2017-12-26 16.19.07

–実際に『会費婚ラウンジ』へ行ってみて、どうでしたか?

icon_w
初めて話をしに来たときはなんとなく「自然派な感じで」という漠然としたイメージがあった程度。それを伝えると、プランナーさんが会場を5つほど提案してくれました。初めて『会費婚ラウンジ』へ来たその日のうちに、お薦めいただいたものから3軒の内見予約をしてもらい、翌週の週末にすべて見て回りましたね。あと、挙式の日付は“10年目の記念日の当日”と、そこは最初から決まっていたのでその日程が可能な候補から選びました。
icon_h
当時、僕は名古屋で働いていて妻は東京。限られた時間の中で決めようというのもあって、サクサク進められるのはとても嬉しかったです。実際に挙げた方のムービーを各会場見せていただいたりもして、イメージしやすいのも嬉しかったです。

omotesando_salon
▲写真は表参道ラウンジ。他に名古屋、大阪などにもある。

–『会費婚』のシステムってわかりやすいですよね。

icon_h
別で見に行った式場では、なんとなくモニョモニョっとしたグレー部分の多い見積もりが出てきていたので(笑)それと比べると本当に計算がしやすかったです。式の中で実現させたいことを話しながら、一人当たりの金額が出てきますし、呼びたいゲストの人数で、費用の概算が出ますよね。結局、ひとりあたりの金額が普通の挙式と何も変わりがなかったので、「当日はご祝儀にしましょう」とプランナーさんからご提案をいただきました。

実際挙げてみてどうだった?

–式で特にこだわった部分などはありましたか?

icon_w
食事にはいちばんこだわりたかったので、そこはオプションを付けてグレードを上げてもらいました。あと、ブーケトスではなくフラワーシャワーがいいなあと思っていたのでそれもお願いしたり。
icon_h
加えて、僕らにとってが10年の節目での結婚式だったので、10にかけた物を色々用意したいという要望は話していましたね。プランナーさんにもアイデアをもらえませんか、と相談しました。最終的にはそういう部分にお金の割合を寄せて、それ以外のところはちょっと抑えて、という感じでしたね。

ファイル273

–実際に抑えたのはどんな部分ですか?

icon_w
ウエディングドレスについてはオプションなど何もつけずとも、いいものがたくさん揃っていたので基本プランの中で決められました。
icon_h
よく友人の話で「そこのプランでできる衣装をみたらあんまりよくなくて結局他のを探した」とか「持ち込みにした」あるいは購入したとか聞いていたのでそういうのも覚悟していたけど、その必要はなかったですね。何十着もあって、満足のいくものを選べました。抑えたというよりは抑えられたという感じでしたね。
icon_w
あとは、式のエンドロールの映像は依頼しましたがオープニングムービーは自分たちで作ってみたよね。やってみたかったのもあって。

ファイル419

–当日の写真の仕上がりや、会場のお花などはどうでしたか?

icon_h
何の申し分もなかったです。写真については各シーン全部、いろんな角度から撮ってもらっていたので。ここよかったのに撮ってくれてないよっていうのは一切なかったです。
icon_w
リハーサルみたいなところから全部撮ってくれていましたね。高砂のお花もたくさんイメージがある中から、自分たちの統一したい色味を伝えつつ、あと私たちのテーマだった「10」にかけて10種類のお花も入れてもらって。

092

–お花などの打ち合わせはどのように進めるんですか?

icon_w
専用のアプリや画像がまとまったtumblerがあって、そこにものすごくたくさん事例が載っているんです。会費婚ラウンジに来なくてもそのアプリ上でお花やプチギフト、引き出物のイメージをプランナーさんとすりあわせることができました。
icon_h
当時たまたま僕らが名古屋と東京にいたのもあって、アプリ上で考えやイメージ像を共有できて一回ごとにラウンジに来なくても話を進められるのは本当に便利でした。

522

–例えばご両親とかに、大丈夫なの?と心配されたことってなかったですか?

icon_h
全然……無かったですね。どんなところでお願いしてるんだって話をして、「複数の会場から比較検討させてもらえるところでお願いしていて、今こんな感じで進んでるんだよ」と話をしたら、親としては特に、「ああそうなんだ。じゃあちゃんと相談できてるんだったらいいよ」と。
icon_w
会費婚だからどうのこうのというのは何も言われていないですね。むしろ、基本金額をパッケージで想定より抑えられた分、私たち両親の衣装代を全部、私たちでもつことができたんです。それが逆に感謝され「ありがとう」って言われたのはとても嬉しかったですね。
icon_h
総額を計算していく中で、これだったら両親の衣装代も出せるぞってなったので。結婚に際してふたりとも長男長女で、テーマとしてもっていたのが“独り立ち”でした。だから、両親にそういった費用などの苦労はかけないようにしようねって話をしてたんで。

213

–結果的にはご祝儀にされてもいますし、お友達は『会費婚』と思っていないんですよね。

icon_h
そうですね。実際これまでに自分たちが出席してきた結婚式と違うと感じる部分は何も無く……
icon_w
ただ私たちの自己負担を減らすことができた、という(笑)。

–もはやいいことづくめすぎて『会費婚』にしない理由が見つからなくなってきていますが……(笑)

icon_w
ははは(笑)。『会費婚』のプランナーさんとは実際、対面の打ち合わせをしたのは3回のみ。でも、やるべきことのマイルストーンも明確にしてくれて、基本プランでできることと、費用を抑えられた分で何ができますよと提案してくれるプランナーさんの存在がとても大きかったと思います。

–安く抑えることだけが目的なのではなく、差額分で何かしようという提案もしてくれるってとてもクリエイティブですね。

icon_h
はい。普通だと予算がどんどん高くなるので“何を削るか”がテーマになっちゃうんですが『会費婚』さんの場合は、こんなことやりたいんですと話をしたら、ではそこをゴール設定した上でどういう風に組んでいきますかという形だったので、かなり相談がしやすかった。なので、諦めていくというよりは、どうそれを組み合わせていけばゴールになるのか、というコミュニケーションだったので、とてもやりやすかったです。式ってかなり金額設定も不明確で、基本初めてやる方がほとんどのもの。なのに、こんなに金額帯とか、何を付けるかとか、何があるのかが不明確な商材って結構珍しくて、その中でここはパッケージ化されていたりだとか、相談ができるっていうのはすごく僕らにとっては革命的でした。

ファイル614

最後に

会費婚キャプチャ
コストを抑えられるいちばんの理由は、会場の空き枠をお得に仕入れていること。一流会場でもすべての土日が埋まっているわけではないので、空いている枠を提供しています。自社会場をもっていないことや広告費を削減していることも低価格で提供できる理由です。『会費婚』で提供しているのは、結婚式のプロデュース。様々な会場やサービスと提携しながら、バリエーション・選択肢はそのままに、価格はシンプルにパッケージ化、初期にかかる自己負担金も軽減させ、結婚式を予定しているおふたりが、より希望を叶えやすくなるようにしたサービスをプランナーがご提案していく仕組みになってるんです。

ご結婚をお考えの方は、ぜひ一度、検索してみてはいかがでしょうか!

会費婚についてもっと詳しく

鈴木絵美里
この記事を書いた人

おすすめ記事

Recommended by
--------------------------------------------------------------------------------------------