31にもなって約2週間仕事をせずにXのことを無心で追いかけてみる - 10日目- #XJAPAN

舘 そらみ


31にもなって約2週間仕事をせずにXのことを無心で追いかけてみる - 10日目- #XJAPAN

<ここまで育つか愛情!編>
※2015年12月10日正午から2015年12月11日正午までのレポートです。
これまでの軌跡はこちら

舘そらみです。10日目となりました。

脚本家として、戦々恐々としております。
この連載、初めから「素直に書いていきたい」というのは決めていたけれど、そうは言っても少し飽きたり、「なんのために来ているんだろう」とか、そういう根本を疑うような変化があるのではないかと思っていました。

しかし、どういうことでしょう。好きが天井知らず。このままだと、ツアー終了まで「X好き」になってしまう。脚本家としてはひねりがなさすぎます。一応、日を追うごとに、私なりにものすごい変化はあったのですが、傍から見ると全てXだからなー。

もう、このまま素直に行きます。つまり今日は飽き足らず、広島でライブだぜーーーーー! 友人が今東京から向かっております、やったー! カレーが辛すぎてYOSHIKIが切れてリハから帰ったという、少しだけ盛られた噂により作られた「キレ辛チップス」食べて遊ぶんだー。

キレ辛チップス
▲ キレ辛チップス

今晩のライブ終わってのホテルでの集いを想像すると、もう楽しみで仕方ありません。Xの映像を友人と見まくりながら、飲んだくれて愛を語るんだ。

今日は元気だけど、昨日、電池切れ寸前で、再起不能ではないかと我ながら本気で心配しておりました。

 

昨日の午後のメモが、なかなかに面白い。

昨日のメモ

  • もうパワーを全て置いてきた。ライブじゃないと本気が出ない仕様になってしまった。しかばね。どうしよう、パワーがー我がパワーがー尽きた。もう、今しかばね。
  • 中洲川端から博多、という距離にして数駅なのにもう40分着かない。なんでだ。電車間違え、乗り換え、また間違え、謎に全然関係ない駅で降りる、まだ着かない。もう永遠この電車に乗っているのか。
  • ここ数日、誰かと喋った回数より、「We are X」って言った回数の方がきっと多い。体のニュートラルな体制が頭の上にばってんの気がする。
  • 早く来い友人。だては、Xにのまれる。のまれてしまう。ああ、今体のどこを切っても、血も、Xだー。私に舘そらみ魂を注入してください。

……いいなあ、昨日の自分の魂の叫び、いいなあ。ちょっと福岡のライブで完全に尽き果てて疲れすぎて訳が分からなくなっていますね。Xにまみれる生活で、ちょっと我を見失っておりますね。我ってなんだ?ってなってますね、あー面白い。そこまで疲れ切ってた(本当に尽き果てていた)昨日の私は、なんか好きとかよく分かんないってくらいにヘロヘロになっておりました。

確かに、もう「We are X」と言っている回数がここ最近病的です。人と話すより「We are X」、もうほっとくと頭の上に手が上がりそう。今試しに上げようとしてみたら、もう形状記憶のようにシュタって頭の上でばってんになる。その姿勢が落ち着く。いやあ、面白い。今どこを切ってもX、と言いたくなる気持ちが分かります。今たぶん、血もX。

ちなみに、本来なら5分の中洲川端から博多への道のりを、最終的に1時間かけました。

 

そして午後、友人に会いに北九州へ。X関係ない人と久しぶりに会う。車に乗ると音楽が流れていて「うわ、X以外の曲、久しぶりに聞いた」となんだか新鮮。「Xかけとこうかと思ったけど、逆に嫌がるかと思い、違う曲にした」という友人。どうやら、今は腫れ物として扱われているようです、ありがとうございます。

 
友人大集合

雑談なんてするのが久しぶりで、全て頭の中でXを連想してしまう。友人が一瞬だけ口ずさんだXに「ちょっと!」と電光石火で突っ込んでしまい、「きも!」と言われる。いや、キモイと思います。もう完全にX以外は喋れない女になり切っている私に、「今、X聞かせたらどうなるんだろう」という興味本位でXの曲が流される。

そしたら、感動してしまいまして。

何を言っているんだ。一日おきでライブに行って、さんざん曲を聞いているのに、改めて音源を聞いたらニマーって笑って。途端に、尽きたと思ったパワー出てきちゃって、思わず大声で「マジか! 私ここまでか!」と叫びました。

己の愛情にさすがに驚きました。「いや、それこっちのセリフ! お前そこまでなのか!」と友人も叫びます。1曲終わり、また次の曲が流れ始めれば、「うわ、ホントかっこいいな」とまるで初めて聞いたかのような衝撃の嵐。ねえ、私、ここまでか!

己のXへの愛情に驚いているのです。この10日間、とどまらないどころか、どんどん成長していく己の愛情。思いにフタをすることなく、おっぴろげにしていると、どんどんどんどん成長していってしまう。

「もう今日私、X以外は話さないからね」なんてめんどくさい宣言をしながら小倉の街へ飲みに行く。本当に、今社会性ゼロな人間です。はしご酒して酔っぱらってラーメン食べて。大丈夫か、31歳。

 
小倉で晩餐

たぶん今回のツアーが始まる前、さすがにここまで好きじゃなかった気がする。Xのライブの毎日で、自分が思っている以上に思いは育っているみたい。すごいなー、人間の思いで、こんなに底なしになることがあんのか。あと3回経て、どんな顔して東京に帰るのかな。

そんな社会性ゼロな女に、今日は仲間が合流します。Xを、HIDEを、思う存分話せる相手が今東京から広島に向かっております。10代の頃から、つまりXがないときからさんざん共に居て、ずっとずっと共にXを思ってきた仲間と、広島の地でXのライブに行くことができる。そしてそのまま2泊3日、Xのことだけを存分に語り合うことができる。夢みたいです。

昨晩泊めてくれた友人が、「そらみ、今いい顔してんなあ」と呆れていました。たぶん、私今すごくいい顔してる。こんな満たされる思いは、なかなかないなあ生きているうえで。

今日もまた、堰を切ったようにX好き好き、すいません。
ラスト3発、まずは広島、行ってきます! 仲間を得て、増幅してしまいます。東京行きの新幹線に乗り込むが、まだまだ東京なんて戻らないぜ!

 
新幹線

私の追っかけスケジュール
12月2日 横浜アリーナ【終了】
12月3日 横浜アリーナ【終了】
12月4日 横浜アリーナ【終了】 
12月7日 大阪城ホール【終了】
12月9日 マリンメッセ福岡【終了】
12月11日 広島グリーンアリーナ【決定】
12月14日 名古屋・日本ガイシホール【決定】
12月15日 名古屋・日本ガイシホール【決定】
私の追っかけレポート
一覧ページができました!→ こちら
sorami 舘そらみ
脚本家・俳優。劇団「ガレキの太鼓」を主宰、青年団演出部所属。現在は執筆活動のかたわら、全国の小中学校などでワークショップを行っている。脚本を手がけた映画「私たちのハァハァ」公開中。Twitter:@_sorami

【関連記事】

舘 そらみ
この記事を書いた人
舘 そらみ

外部ライター 東京

関連記事