ゴウ旅
第1回
ゴウ旅

カツオとお接待と清流がすごい!魅力あふれる高知県に行ってきた。


カツオとお接待と清流がすごい!魅力あふれる高知県に行ってきた。

みなさんこんにちは、ゴウです。

今年の夏、みなさまどこかへ旅行に行かれましたでしょうか。俺は高知家プロモーションを担当している友人に

 

「高知来てよ!そして高知の魅力をブログで伝えてよ!」

 

という熱烈なオファーをいただき、せっかくの夏、良い季節なので会社をまるっとお休みして高知へ行ってきました。

高知は意外と近い!

DSC_7879

羽田から高知龍馬空港(面白い名前ですね)まで、1時間半ほどで到着。近い!

 

DSC_7869

空港には高知家のポスター。

広末涼子さんを起用したプロモーションが有名です。

高知の居酒屋、はがじぞう

DSC_7910

到着早々、美味い店があるということなので行ってきました。

高知と言えばカツオのタタキが有名ですが、生姜じゃなくて生にんにくで食べるのが高知流。

最高に美味い…!

 

DSC_7912

ばーーーーーん!!

近海で取れた地魚の数々。鮮度がヤバイ。美味い!

 

DSC_7918

イケダハヤト!

高知と言えば「まだ東京で消耗してるの?」という捨て台詞を残して高知に移住したこちらの彼!

イケダハヤトと飲むビール、うめーーー!!!!

 

DSC_7920

うなぎとにんにくの芽!

 

DSC_7921

土佐の赤牛!

 

DSC_7938

鶏冠(とさか)の串焼き!

 

DSC_7922

左から、今回俺を高知に呼んでくれた横山さん、FULL DESIGNの森澤さん、イケてる高知の味噌屋さん、冨士味噌の宇田さん。

 

DSC_7930

イケダハヤトにお酒をついで貰いました。これを献杯と言うそうです。

 

DSC_7932

そして返杯。

こうして、延々と注ぎあって飲み続けるのが高知流だそうです。

 

DSC_7936

すぐにね、楽しくなっちゃうよね。

 

DSC_7949

美味い飯と、美味い酒!

初日からやばいな~!

 

DSC_7957

そして、このメチャメチャ美味しい料理を作ってくれたのが、居酒屋はがじぞうのオーナー北川さん。ごちそう様でした!

地酒、ダバダ火振の酒蔵へ

DSC_8000

さて、翌日は早朝から高知県庁に。

 

DSC_7999

今回、高知を案内してくれるのは高知家プロモーション担当である吉野さん(右)(青シャツ)と、公社の横山さん(左)(赤シャツ)(メガネ)。

 

DSC_8018

そんな2人に連れられて、四万十町にある酒蔵「無手無冠」にやってきました。

 

DSC_8017

こちらではダバダ火振という栗焼酎を作っています。

 

DSC_8019

年季の入った建物には、貯蔵に使われる酒甕が置かれていました。

 

DSC_8036

いい建物!

 

DSC_8021

経年劣化した木造外壁、いいなぁ。

 

DSC_8023

さて、こちらが酒蔵の中。

 

DSC_8027

こちらは圧搾につかう機械。昔はこれを使っていたそうです。

 

DSC_8028

酒甕。ここにできたての焼酎を 4万10時間(四万十)も寝かせるそうです。すげー!

 

DSC_8031

栗焼酎の仕込み風景。

 

DSC_8033

どーん!

この酒蔵のタンクの上を歩くってやつ、一度やってみたかったんですよね。

 

DSC_8034

ぷつぷつと発酵しているのが分かります。

 

DSC_8037

さて、ここで蔵を案内してくれた杜氏の松田さんが、蒸留している途中のダバダ火振を飲ませてくれるというので、

 

DSC_8048

ぐびっと飲んでみました。

 

DSC_8052

ぶっはあああああああ!

喉が焼けるかと思いました。度数は60度くらいあるそうで、予想していなかったのでグビッといってしまいました。

(この時、朝9時くらい)

 

DSC_8054

杜氏の松田さんと記念撮影。

 

DSC_8056

無手無冠。いい酒蔵でした。

 

焼酎銀行なるものがありました

DSC_8058

無手無冠から歩いてすぐの所に、「焼酎銀行」なるものがありました。

 

DSC_8059

いいネーミングですね。焼酎銀行。

 

DSC_8061

ここでは、色々な焼酎を購入することができます。

 

DSC_8065

ビンテージの酒瓶。カッコイイ!

 

絶景の道の駅、とおわ

DSC_8067

四万十川の流れを見ながら、やってきたのは「道の駅とおわ」。

 

DSC_8085

すげーオシャレな内装。

 

DSC_8086

しかも窓からはどーんと四万十川。

 

DSC_8069

毎週水曜日には地元のお母さんたちによるバイキングが開催されているそう。

 

DSC_8074

おかみさん市の居長原(いちょうはら)さんから、このあたりの郷土料理について色々とお話を伺いました。

 

DSC_8077

「ごり」と呼ばれる魚の卵とじ丼。滋味溢れて、めっちゃ美味い!

 

DSC_8078

川エビの素揚げ、岩のり、椎茸のたたき。

 

DSC_8081

この川エビの立派なこと。まるごとバリバリいただきました。

 

DSC_8088

道の駅内にあるおちゃくりカフェへ。

 

DSC_8093

居長原さんと一緒に記念撮影。

 

DSC_8095

道の駅でロイヤルミルクティージャムを発見。

 

DSC_8097

みかん水。(みかん水?)

 

DSC_8100

LIGる。

方言でおしゃれをするとかそういう意味のようです。

 

四万十川でカヌー体験!

DSC_8112

続いてやってきたのは四万十市。四万十川が雄大です。

 

DSC_8106

そこにあるカヌー館にお邪魔しました

 

DSC_8121

こちらでは、四万十川をカヤックで下るツアーを開催しているそうです。

 

DSC_8129

実は俺、カヤックインストラクターの免許を持っているので、余裕です!

 

DSC_8170

透き通る水とゆるやかな川の流れに揺られてのカヤックは、最高に楽しいですね。

 

DSC_8180

カヤック初体験の横山さんも余裕で下っていました。

 

DSC_8203

ゴール地点。とりあえず水がめっちゃ綺麗!!あと、長野育ちの俺には考えられないのですが、川の水がぬるい。いくらでも泳いでいられる。

 

DSC_8209

これぞ四万十川!というような景色でした。

 

DSC_8211

沈下橋が美しい。

 

DSC_8216

ここ、車で運転するの少し怖いかも。

 

漁家民泊、みや丸にて宿泊

DSC_8219

カヤックを終えて、宿がある黒潮町に移動してきました。

 

DSC_8224

本日泊まらせていただくのがこちら「漁家民泊みや丸」。

なんと、漁師さんのお宅で泊まることができるのです!

 

DSC_8226

普通の家です。

 

DSC_8227

お母さんの「みや」さん。

初めての訪問ですが「おかえりーーー!!!」と出迎えてくれました。

 

DSC_8231

元漁師のお父さん。

 

DSC_8234

お父さんに、カツオのタタキの作り方を教えていただきました。

 

DSC_8237

こんな感じで包丁を入れるんだよ、と優しく教えてくれます。

 

DSC_8249

料理は得意なので、まあ余裕でした!

 

DSC_8255

そして切り身を鋤(すき)に乗せて…

 

DSC_8265

燃やした藁で、さっと表面を焼きます。

 

DSC_8282

切り分けたら、地元の海水で作った塩を降りかけて、ポンポンと叩きます。

塩で食べられるのは、臭みがない新鮮なカツオだけだそうです。

 

DSC_8284

夕食はお母さん、お父さんと一緒に食べます。

 

DSC_8286

かますの煮付け。

 

DSC_8288

カツオのタタキ。

 

DSC_8295

カツオの銀づくり。新鮮さがヤバイ。

 

DSC_8294

とりあえずカンパーイ!

飯がヤバイくらい美味いです。

 

DSC_8303

出ました!生にんにく。

高知の人は、にんにく臭いのと、酒臭いのは許してくれるそうです。

なにその羨ましい環境!

 

DSC_8304

カツオの酒盗とかますの酢漬け。

漁師さんが作る料理、うんめええええええ!!!

 

DSC_8313

酒がどんどん消費されていきます。

 

DSC_8329

みや丸が紹介されたテレビを見せていただきながら、漁師の生活など、色々なお話を聞きました。

 

DSC_8323

こんなごっつい針でカツオを釣り上げるそう。

ちなみに、漁師は一年の大半を海で過ごすため、結婚していてもほとんど家にはおらず、年に数回帰ってくるだけなのだとか…。

だから、高知の女性は強い、という話にはなるほどなーと感じました。

 

DSC_8325

お父さんの腕、ヤバイ。

たぶん、腕相撲勝てない…。

 

DSC_8335

寝る場所は仏間の隣り。

ほんと、田舎に帰ってきたみたいでした。

 

DSC_8346

という感じの、とっても暖かい宿、みや丸。

元々、引退後の趣味としてお客さんを受け入れ始めたところ、持ち前のおもてなし力で人気となり、現在では予約をお断りする程に人気の宿となっているそうです。

 

DSC_8348

四国は古来からお遍路さんなどがある為、お接待をする文化があるとのこと。

おふたりも本当に心からお接待を楽しんでいるようで、それがなんとも心地よく、幸せな気持ちになりました。

 

すごいなー、勉強になるなー。

 

更なる清流、仁淀川へ

DSC_8355

さて、翌日にやってきたのは仁淀川。

四万十川と並び、高知が誇る清流です。

 

DSC_8350

遠景はこんな感じ。

 

DSC_8353

この和船がいい感じ!

そして水の透明度がヤバイ!

 

DSC_8354

こんな天気で、こんな水を見たらーーーー!!!

 

DSC_8375

泳ぐしかない!

 

DSC_8379

ヤバイです。ホント、超気持ちいい。

都会の人であふれたプールとか、もう二度と入れない。

 

DSC_8368

こんな清流がゴロゴロあるなんて…高知の自然、恐るべし…。

 

仁淀川町はお茶の産地!

DSC_8396

さて、仁淀川が流れる仁淀川町はお茶の産地としても有名だそうです。

 

DSC_8400

街を流れる仁淀川…美しすぎる…。

 

DSC_8399

この透き通るような仁淀川の青色を「仁淀ブルー」というそうです。

 

DSC_8408

さて、次に訪れたのはこちら。

 

DSC_8405

仁淀川町にある茶園、「池川茶園」。

 

DSC_8412

茶畑プリン。

色もパッケージも色々と綺麗。

 

DSC_8413

こんな感じで川を眺めながらいただきました。

お茶の香りがするメチャクチャ美味しいプリンでした。いくらでも食えるこれ。

 

DSC_8420

池川茶園の代表である山中さんと記念撮影。

ごちそうさまでしたー!

 

仁淀ブルーを求めて、安居渓谷へ

DSC_8446

さて、次に我々が向かったのは安居渓谷。ものすごい綺麗な仁淀ブルーが見れるというので期待は膨らみます。

そして、俺はいつでも泳げるように、終始海パンで行動しております。

 

DSC_8440

こんな感じの道を進み…

 

DSC_8453

やってきました、安居渓谷!

 

DSC_8451

案内してくれた吉野さんも興奮する、美しい滝。

 

DSC_8465

仁淀川のかなり上流部になるので、大きい岩がゴロゴロしています。

 

DSC_8474

じゃーーーーん!

これが、仁淀ブルーです。やばい!透明度やばい!

 

DSC_8476

いっただきまーす!

 

DSC_8477

じゃぱーーーん!

 

DSC_8496

人生で一番美しい水で泳いでいる気がします。

 

DSC_8483

ずっと泳いでいたい。

あと、真夏の夏休みシーズンにも関わらず、誰もいませんでした

穴場すぎ!

 

DSC_8508

さて、さらに上流を目指します。

 

DSC_8514

山育ちなので、こういう場所は慣れっこです。

 

DSC_8517

どんどん進んで行くと…

 

 

DSC_8527

飛龍の滝にたどり着きました!

雄大な滝、そして滝壺はどこまでも透き通っていました。

 

ごちそうさまでした!

山村再生に取り組む、土佐山アカデミー

DSC_8543

次にやってきたのは、高知市土佐山地域(旧土佐山村)にある、土佐山アカデミー

 

DSC_8542

土佐山アカデミーは、自然と調和した暮らしを学ぶ為の学校です。

 

DSC_8541

こちらの施設を拠点に、食や農業、ものづくり、自然学などを学ぶそうです。

 

DSC_8550

館内には様々な展示物が。

 

DSC_8551

ツリーハウスの模型。

 

DSC_8553

ごっつい炊飯釜に、吉野さんも大喜び。

 

DSC_8555

さて、こちらの廃墟…のような家。

 

DSC_8556

実は土佐山アカデミーが借りている物件で、アカデミーに通う方や、土佐山村へ移住を考えている方に、格安で貸し出しているそうです。

 

DSC_8559

裸電球がいい感じ。

 

DSC_8561

床は手作りのフローリングが貼られていました。オシャレ!

 

DSC_8562

風呂場。

 

DSC_8563

薪で湯を沸かすタイプ!いいねー!

 

DSC_8569

また別のお宅へ。

 

DSC_8570

家の前でサワガニ発見。

 

DSC_8571

こちらのお宅は、土間をリノベーションしていました。

 

DSC_8573

鄙びた感じが、ビシバシ伝わってくる外観。

 

DSC_8574

家の裏手に回ると…

 

DSC_8576

作りかけの家がありました。

こちらは土佐山アカデミーの方々が作っている最中の家だそうです。

 

DSC_8580

次に向かった3軒目は、かなりの山奥にありました。

 

DSC_8582

なんかすごい場所に来たー!

 

DSC_8583

立派な軒下!

 

DSC_8584

この家の古民家力、つえーなー!

 

DSC_8585

竈の空気穴、かな?パカっと開きました。

 

DSC_8586

その裏側にあった竈。シブすぎ。

 

DSC_8587

どーーーん!!

なんとピンクに塗られた和室の壁。

以前、外国人の陶芸家が住んでいたそうで、そのときに装飾されたものだそう。

 

DSC_8588

玄関と窓。

 

DSC_8589

トイレ。

 

DSC_8590

洗面所。

 

DSC_8591

軒下。

 

DSC_8593

お風呂。

 

DSC_8595

こちらの物件、現在空き家だそうです。住みたい方は是非!

 

DSC_8604

そして、今度は…

 

DSC_8608

炭焼き窯。

 

DSC_8611

プログラムの一環で、炭焼きなども学ぶそうです。

 

DSC_8618

俺も、炭焼き窯の仕組みについて色々と教えていただきました。

 

ありがとうございましたー!

高知市で泊まるなら、かつおゲストハウス!

DSC_8623

本日のお宿は、高知市にあるかつおゲストハウス

 

DSC_8625

看板が可愛い!

 

DSC_8627

かつおゲストハウス女将の前田さんと記念撮影。

 

DSC_8626

かつおゲストハウス、もともとは前田さんのおじいさんの自宅だったそうです。

 

DSC_8629

キッチンも可愛い!

 

DSC_8630

こちらが俺の宿泊予定のドミトリー。

 

DSC_8631

襖の色も可愛い!

 

DSC_8634

2階のお部屋。壁には海の絵が。

 

DSC_8635

障子にはカツオが泳いでいます。

 

DSC_8638

徹底的にカツオを意識して作られた内装。素敵だなー!

 

DSC_8639

トイレの扉、なんと四万十川の流れと沈下橋をイメージされているそう。すげーーー!!!

 

DSC_8641

LIGも長野でLAMPというゲストハウスをやっているのですが、色々と参考になることが盛りだくさんの良い宿でした。

高知に行かれる方は、是非!

 

高知で飲むなら、ひろめ市場

DSC_8645

さてさて、ゲストハウスにチェックインした後にやってきたのは「ひろめ市場」。

 

DSC_8651

こんな感じで…

 

DSC_8652

高知の美味しい食べ物を注文することができます。

 

DSC_8655

とりあえずカツオのタタキ。

 

DSC_8654

にんにくラーメン。

 

DSC_8656

餃子。

 

DSC_8647

ドロメ?

 

DSC_8657

こちらがドロメ。高知では生しらすのことをドロメと呼ぶそうです。

 

DSC_7978

亀の手、と呼ばれる貝。確かに、見たまんま亀の手。

 

DSC_7981

蛇の鱗みたいな部分を破くと、中から貝が出てきました。

程よく塩味が聞いて、うんまー!

 

DSC_7984

酒盗。

 

DSC_7990

巻き貝。(名前忘れた)

こちらも美味!

 

DSC_8660

3日間、お世話になった高知家の方々と。

色々な所に連れて行ってくれてありがとーございましたー!

 

DSC_8663

そして気がついたら、隣りの席にいた女性グループと一緒に飲んでいました。

高知の女性はみんな酒を飲むそうで、ひろめ市場ではこうやって隣の席の人とガンガン絡んで飲むのが普通だそうです。

みんなフレンドリーだなぁ。

まとめ

というわけで、3日間かけて高知をぐるっと巡ってみましたが、高知県に対して、個人的に、

  • 接待文化で、とにかくみんなフレンドリー
  • 女性が強い
  • カツオのタタキ、ウマ過ぎ
  • それ以外の食べ物もウマ過ぎ
  • 高知の清流、美しすぎ
  • 郷土愛が強い

というような印象を受けました。

とにかく旅行していて、もてなされてるなー、料理うまいなー、川綺麗だなーと思いっぱなしでした。

県としては、移住者支援にも力を入れているようで、イケダハヤトさんのような居住者も今後増えていくのではないでしょうか。

 

とっても素敵な高知県、是非みなさまも旅行に行ってみてはいかがでしょうかー。

 

ありがとう、「高知家」のみなさま。

また、行きまーす。

 

▼高知は魅力がいっぱい!その他の記事はコチラ▼
高知県の港町で漁師体験をして、カニをたらふく食べてベロベロになった話。
http://liginc.co.jp/194729

高知県に移住するってどういう感じなのか、支援を続ける方々に話を聞いてきました
http://liginc.co.jp/198265


この記事を書いた人

ゴウ
ゴウ 代表取締役 社長 2007年入社
中学校を卒業後に専業農家にて働くも、体力的な理由からわずか1年で転職。その後料理の道へ進むも体力的な理由からわずか1年で転職。その後、夏はアウトドアスクール、冬は雀荘やアダルトショップというダブルワークを精力的に続けるも、23歳で体力的な限界を感じウェブデザイナーへと転職。しかし2年後に体力的な限界を感じた事から転職を試みるも失敗。仕方がないので起業し今に至ります。今日も元気です。よろしくお願いします。