菊池良の「聞いてみた」

Amazon電子書籍って儲かるの?作家・架神恭介に聞いてみた


Amazon電子書籍って儲かるの?作家・架神恭介に聞いてみた

こんにちは、ライターの菊池(@kossetsu)です。

739f0b87f194dff983dd92f7897b5637-210x210 人物紹介:菊池良
株式会社LIGに所属するライター。ブログ記事の企画・執筆を担当している。

電子書籍って儲かるんでしょうか。紙の書籍より印税率が高いとか、アマチュアがベストセラーを出したとか夢のある話を聞きますよね。

そこで出版社で紙の本を出しながら、個人でも電子書籍を出している作家の架神恭介さんに聞いてみました。

 

cagami-2

cagami_ico-1 人物紹介:架神恭介
作家、小説家。作品に『完全教祖マニュアル』『「バカダークファンタジー」としての聖書入門』『仁義なきキリスト教史』など。『戦闘破壊学園ダンゲロス』で第3回講談社BOX新人賞を受賞。同作品はヤングマガジンでコミック化もされている。

架神さんは講談社から出している「ダンゲロス」シリーズの最新作が、何故か講談社ではなくKindleから発売されるとのこと。その理由を聞いてみました。

実は以前、架神さんは家が近所だったこともあって個人的に親しくさせてもらっています。なので、インタビューもタメ口です。

ぶっちゃけ、いくら稼げるの?

cagami-3

── で、どうなんですか。Kindle稼げるんですか。鈴木みそさんとか景気のいい話を聞きますけど。

稼げないよ。全然稼げない。

(*鈴木みそ・・・漫画家。電子書籍の出版に精力的に取り組み、『電子書籍で1000万円儲かる方法』(共著・小沢高広)という本も出している)

 

── でも講談社から出せば稼げるのに、あえてKindleを選んだんですよね?

講談社、出してくれなかったんだよ!

今度の『ダンゲロス1969』は1960年末を舞台に、学生運動に燃え上がる魔人学生と、彼らを叩き潰さんとする魔人公安と機動隊が安田講堂で激突する話なんだけどさー。お馴染みの魔人同士の能力バトルに、若者たちの甘酸っぱい青春を加えた感じで。それで敵役の公安刑事に常にレイプしている刑事とか、常にうんこ食ってる刑事とか、常に下半身まるだしの刑事とか出てくるの。

 

cagami-6

── つまり、内容がアレすぎて発売できなかった、と。

いや、それが内容じゃなくて、話が長過ぎるって言われてさ。二冊分くらいのボリュームなんだよね。それで、担当はオッケーしてくれたんだけど、上の方からNGが出ちゃった。最近は長い小説売れないらしくてさ。でも、今回は最初から長い話を書こうと思って書いてたから、長いからダメって言われても短くできないんだよね。30万文字ぐらい書いて7万文字ぐらい削ったんだけど、これ以上短くしたらクオリティ落ちるから、諦めてKindleにしたわけよ。

 
── 前からKindleはやってますよね。これまで何冊出してるんですか?

計4冊。最初に出したのが『作ってあげたいコンドームごはん』。これはかなりネット上で話題になったね。

で、最近になってダンゲロスの短編集を3冊出してる。これは本命の『1969』を売るための助走。短編集を出しながら、宣伝のたびに「Kindleはスマホでも読めますよ!」って連呼してんの。ほら、Kindleは専用機でしか読めない、って思ってる人、まだたくさんいるじゃん。肌感覚的には3人に1人くらいはそう思ってるじゃん。

なんで俺がKindleの説明を連呼しなきゃいけないんだ、って思うんだけど、「Kindleは専用機持ってないから読めないんですよねー」って、もう読者から何度も言われてるからさ。Amazonさんには、この点の宣伝を頑張ってほしいよね・・・。

(*「作ってあげたいコンドームごはん」・・・2014年9月に発売された料理レシピ本。イベントプロデューサーのおぱんぽん氏との共著で電子書籍として発売され、ねとらぼなどのWebメディアやTVにも取り上げられた)

 

cagami-1-2

── 『コンドームごはん』は売れたんですか?

先日、ちょうど発売から一年経ったので集計してみたのよ。ズバリ、一年で売上が352冊

 

── おー、冊数的には結構行ってるんじゃないですか?

いやでも、本とか紙で出したら1000〜2000冊くらいは売れるじゃん。あれだけネット上で話題になって、テレビでも取り上げられて、海外でもニュースになって・・・それでも352冊なんだよね。

てことは、紙の本になって書店に並ぶことの宣伝効果って、まだまだ結構デカイってことなんだよな。たまたま書店に立ち寄った人がパッと見て買うってことがないから、電子書籍はネット上で宣伝するしかないんだけど、ネット上であれだけ話題になっても、まあこの結果なわけよ。

 

cagami-7

── 事前にはどれくらいの売上を予想してたんですか?

それが全然予測つかないからさ。実験的にやってみたのが『コンドームごはん』なんだよね。

やっぱ鈴木みそさん羨ましくってさあ。これが2000冊とか3000冊とか売れるんなら、今後はKindleだけでやっていこうかなって思ってたんだけど・・・。

他に紙で出してる本も幾つか電子化してるんだけど、大体、期待していた数字の1/10くらいしか売れないね。けど、希望が持てる面もあってさ。『コンドームごはん』は旬が過ぎた今でもちょびちょび売れてるんだ。

 

── 右肩上がりに売上が増えてるんですか?

ううん、超低空飛行。墜落しない程度に地面スレスレを飛んでる感じ。月に1000円入るとかそんくらい。でも、一年経過しても月に1000円入ってるから、もしかすると、これからずーっと毎月1000円入るのかもしれない。それだと年金感覚で悪くないかな、って。

 

── 毎年1万2000円ですか・・・。やっぱり講談社から出した方が良かったんじゃないですか。

だって、出してくれないんだもん。あと、出せたとしても初版3000部って言われたんだよね。

作家のリアルな収入状況って?

cagami-5

── 初版3000部ってそんなに低いんですか?

うん。作家の収入について説明しておくと、作家の単行本収入は基本的に「初版部数×価格×10%」なんだよね。印税は10%が基本で、最近は9%とか8%とかの会社も多くて、場合によっては4%のところもあるとかないとか。講談社は10%くれるよ。

初版3000部で価格が1500円だと収入は45万円。小説1冊出して原稿料45万円。これが作家のリアルな収入状況。

3000部を店頭で販売して、良い感じで本が売れた、よっしゃ、こりゃまだ売れるぞ、勝負かけるぞ、と出版社が決意したときに、500部だとか1000部だとか増刷して冊数を増やす。そのたびに10%が入ってくるから、500部増刷されたら7万5千円、1000部増刷されたら15万円が振り込まれるの。

けど、問題はそうそう増刷されないことで、単純に3000部売れても増刷はかからなくて、「おっ、刷っただけ売れてくれた。在庫がなくなって良かった良かった」で終わることもままあるわけ。増刷したらまた刷った分だけ売らないといけないから、「なんとか売れてくれた」くらいじゃ増刷はかからないんだよね。出版社的には損益分岐点を越えて一安心となるんだけど、作家は45万じゃ餓死するわけですよ。

で、今回の『ダンゲロス1969』はシリーズ3作目。シリーズ物は巻数を重ねるごとに売上が落ちていくので増刷が掛かるとは考えにくい。よっぽどのことがない限り、講談社も勝負には出ない。45万貰って終了の可能性が非常に高いんだよね。そこでKindleなわけ。

 
── Kindleはそれよりは稼げると?

Kindleの印税率って70%なんだよね。Kindleだと1000円で売る予定なので、一冊売れるごとに700円。650冊売れれば講談社から紙で出すのとほぼ同じになるわけで。流石に650冊は売れるんじゃないかなあ、と。そう信じたい。

 

cagami-1

── でもコンドームごはんが350冊だったんすよね。それを上回れると?

俺はKindleに全く高望みしてないんだよね!

長期的スパンで考えてて、10年で1000冊売るのを目標にしてるんだ。それが『コンドームごはん』の経験を経ての結論だね。

書店に書籍がどのくらいの期間並ぶのか分からないけど、多分、いいとこ半年くらいじゃん。それ過ぎたあとはKindleとかでしか入手できなくなっちゃうわけで、書店に並ぶ宣伝アドバンテージ消えちゃうんだよね。で、講談社経由だとKindleの印税率がおそらく実質10%くらいなので、すごく長期的に考えるとすれば、自分でKindle出して70%もらった方がいいっちゃいいんだよ。

 

── どうやって1000冊売っていくんですか?

Kindleは宣伝力の限界が本当にネックだよね・・・。

読者に「新作が出たぞ」という情報をそもそも届けられないんだよな。ブログ、ツイッター、フェイスブック・・・。手軽にできる宣伝手段は当然全部やるとしても、まだ足りない。漫画版のダンゲロスは20万部売れてるから、そこの読者層に情報が届けば1000冊行けると思うんだけれど・・・。一番イイのは、どこかの漫画雑誌が『ダンゲロス1969』をコミカライズしてくれることなんだけどね。ただ、俺もこれから先の仕事で名前が売れていけば、そこから過去の作品に流れていく読者も増えるだろうし、全く勝算がないわけじゃない。

結局、紙と電子書籍はどっちがいいの?

cagami-4

── で、結局のところ、作家は紙とKindle、どっちで出すのがいいんですか?

紙で出した方がいいんじゃないの。

 

── あ、やっぱそうなるんですか。

この時代は、まだね・・・。ほら、今はまだ紙で本出してるとスゴイ感あるじゃん。「俺は紙でも出してるスゴイやつですぅー!」みたいな顔して、箔をつけて・・・Kindleやるとしてもそっからのがいいんじゃないかなあ。俺の場合は、今回は紙で出してもあんまり希望がないから、Kindleの方がまだ夢がある感じになってるけど、紙で出版社から出した方が売れるケースの方が多いと思うよ。俺にしたって10年計画でペイしていく腹だし。

 

── 10年後、Kindleがあるかどうか、不安ですね・・・。

それは実際ちょっと不安だよね。Kindleがこのまま電子書籍のデファクトスタンダードになるのかどうか。

それにKindleどうこうじゃなくて、「あー、電子書籍、そんなのあったなー」って、ベータビデオみたいなことになっちゃう可能性もある。

逆にAmazonが業界で一人勝ちしたら、著者の印税率が下がっていくのではないかという懸念もあるし・・・。まあ、賭けだよね。

まとめ:電子書籍は儲からないらしい

cagami-10

電子書籍は大きく儲かるわけじゃないけど、長期的に(10年〜20年のスパンで)見たら紙の本で出すよりも収入があるかもしれない、俺はそれに賭ける、という暗いんだか明るいんだかわからない、祈りのような結論になりました。架神さん、頑張って!

この記事がこれから電子書籍をやろうかな、という人の参考になれば幸いです。

ほんとうに10年も売れるのかな


この記事を書いた人

菊池良
菊池良 メディアクリエイター 2014年入社
ここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入ります