• LIGの広告成功事例
WEB

デジカメ初心者にオススメ!覚えておきたい基本的なカメラの知識と用語解説

デジカメ初心者にオススメ!覚えておきたい基本的なカメラの知識と用語解説

こんにちは、LIGブログ編集部です。こちらは「初心者でも一眼レフカメラで綺麗な写真が撮りたい!」と思っている人に向けての全5回のシリーズ記事の第3弾となります。

前回の記事「ニコン?それともキヤノン?デジカメ初心者にオススメなデジタル一眼レフカメラの選び方」では一眼レフの選び方について紹介しました。今回は、カメラを入手したあと、撮影前に覚えておきたい知識と用語についての解説をします。

撮影前に覚えておきたい基本的なカメラの知識と用語解説

撮影を行う上で、カメラの性質、構造を理解するのはとても大切なことです。そのために、最低限、覚えておくべき重要な用語は下記の通りです。

  • 露出
  • 絞り値(F値)
  • シャッター速度
  • ISO感度
  • 測光
  • 画角・焦点距離
  • 被写界深度
  • ホワイトバランス

それでは、1つずつ説明していきます。

露出(露光)

カメラ用語の露出(露光)とは、イメージセンサーに光を当てることを言います。デジタルカメラでは“イメージセンサーにどのような光をどれくらいの量で当てるのか”によって写真の出来が左右されるため、露出を理解することがカメラ上達への近道です。
当てた光の量を露出値と言い、露出値は絞り値・シャッター速度・ISO感度によって決まります。これらを調整することで、明るい屋外でも暗い写真にすることや、夜の室内のような暗い場所でも明るい写真にすることができます。

また、カメラには自動露出機能(AE)があり、これは“できあがる写真の明るさが適正となるように光の強さを測った上で、絞り値、シャッター速度、ISO感度を自動でコントロールしてくれる”便利な機能です。なお、マニュアルモードで撮影する場合は、露出値を決めるためのこのような設定を全て自分で調整することができます。

絞り値(F値)

レンズには光の入り具合を調整できる穴があり、この穴の大きさを表す値が絞り値(F値)です。絞り値が小さい(絞りが少ない)ほど穴が大きく開いている状態となり、レンズを通ってイメージセンサーに当たる光量が多くなります。後述しますが、絞り値が大きいほど被写界深度が深くなり、被写体と背景を含む写真全体にピントが合いやすくなります。

逆に、下の写真のように、絞り値を小さくすることで意図的に背景をぼかし、被写体を際立たせることもできます。

SONY DSC

また、絞り値を小さくすることで、カメラ内にたくさんの光を取り込むことができますが、このときオートモードではカメラが適正露出を維持しようとするために、シャッター速度が上がります。
※シャッター速度については後述します

シャッター速度

シャッター速度とは、光をイメージセンサーに当てる時間の長さ、つまりシャッターが開いている時間のことで、露出時間とも言います。

実はシャッターは常時閉じた状態ですが、シャッターボタンを押す(シャッターを切る)ことで一瞬だけ開き、その間だけイメージセンサーに光が当たるのが撮影の原理です。したがって、長い間シャッターが開いていると、その間に動いた分だけ被写体の像はブレます。

暗い場所でオートモードの撮影をする際には、カメラがシャッターを開けて撮影に必要な分の光量を取り込むのに時間がかかるため、シャッター速度が遅くなります。また、スピードライト(ストロボ)撮影をする際には、逆に十分な光量があることが保証されているため、シャッター速度は固定となります。

ISO感度

イメージセンサーが感知した光を、どれぐらい増幅するかの値をISO感度と呼びます。こちらは国際標準化機構(ISO)で策定されたためにISOと呼ばれており、元々はカメラ用語ではありません。読み方も特に決まっていないので、イソ・アイソ・アイエスオーなど、人によって呼び方が違います。

ISO感度を上げると、暗い場所(少ない光)でも光を増幅させて、被写体を明るく写すことができます。このとき、カメラ内部の光量は十分であると判断されるため、オートモードではシャッター速度が速くなります。しかし、ISO感度を上げ過ぎると写真にノイズ、ザラつきが発生することがあるので注意が必要です。

測光

測光とは、カメラが測光センサーで被写体の明るさを測ることを言います。これは、適正露出の状態を維持するための大切なポイントです。基本的には画面の広い領域を複数に分割して測光し、被写体の明るさや色などの情報から露出を決める“マルチパターン測光”をオススメします。

これ以外には中央部を測光する“中央部重点測光”、フォーカスポイント周辺のみを測光する“スポット測光”といった測光モードがあります。これらを使用すると、測光した部分だけが最適な露出になるように、写真全体が調整されます。便利ではありますが、人間の目のように都合よく一部分だけを明るく、あるいは暗くするような設定はできません。

被写界深度

ピントが合う範囲のことを被写界深度と呼び、被写界深度が浅いほどピントの合う範囲が狭く、被写界深度が深いほどピントの合う範囲が広い、と覚えてください。たとえば、人間の顔を被写界深度が浅い状態で撮影すると、「鼻にはピントが合っているが、耳はピントがボケている」ということがよく起こります。

被写界深度は絞り値と、後述する焦点距離、そしてカメラマンと被写体の距離によって決まります。絞り値が低ければ低いほど、焦点距離が長ければ長いほど、カメラマンが被写体に近づけば近づくほど、被写界深度は浅く(ピントの合う範囲が狭く)なります。その逆もまた然りです。

画角・焦点距離

イメージセンサーに写る被写体の範囲を画角といいます。画角が広いほど焦点距離が短くなり、画角が狭いほど焦点距離は長くなります。

lig_ren08

レンズによって限界となる焦点距離が決まっており、こちらのカメラレンズの場合は写真の赤い丸で囲ってある部分が限界となる焦点距離です。

小さい値に進むほど広角、大きい値に進むほどズームとなります。レンズによっては焦点距離が小さい値からはじまってかなり大きな値までカバーできるものがあり、そういうレンズのことを高倍率ズームレンズと呼びます。

また、イメージセンサーが大きいほど、画角は広くなります。

size-655x437-1

上の写真は35mmフルサイズと呼ばれる大きめのイメージセンサーを搭載したカメラで撮影したものですが、同じレンズ、同じ焦点距離、同じ位置からの撮影で、APS-Cとこれほど差がでます。

ホワイトバランス

ホワイトバランスとは被写体に当たる光の種類に応じて変わる色味を調整し、白いものを白に近い色として写すための機能です。

被写体に当たる光としては、外での撮影ならば日光、室内での撮影ならば電球、蛍光灯などが挙げられます。これらの光は肉眼で見るとあまり差異がありませんが、それは人間の脳内補正によるもので、カメラのイメージセンサーは実は光の色の違いを強く認識しています。

とくに、カメラが認識する白というのは、周りの色と比較した際の“白っぽさ”でしかないので、白いものを白くしようとした結果、写真全体の色味が黄色くなったり青くなったりする場合があります。これらはホワイトバランスの設定を調整することで改善できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。初心者の方には取っ付きにくいカメラ用語ですが、実はカメラの仕組みや性能と密接に関わり合っており、上記の用語については知っておいて損はありません。

※カメラ用語についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事「永久保存版!デジタル一眼レフ初心者のためのカメラ用語辞典」を参考にしてください。

というわけで、次回は実際に撮影をしながら「基本となる状況に合わせたカメラの設定」について説明します。お楽しみに!

 

▼デジタルカメラ関連シリーズ記事(全5回)

この記事を書いた人

LIGブログ編集部
LIGブログ編集部です。噛み合ないコミュニケーションを曖昧な笑顔でごまかしつつ、平日は毎日ニュース/Web制作/ビジネス/生活などのお役立ち記事を配信しています。

こちらもおすすめ

デジカメ初心者がプロの一言でこんなに変わる本

デジカメ初心者がプロの一言でこんなに変わる本

  • 著者石田 徳幸
  • 価格¥ 1,814(2015/11/10 11:37時点)
  • 出版日2014/04/25
  • 商品ランキング176,170位
  • 大型本112ページ
  • ISBN-104798136255
  • ISBN-139784798136257
  • 出版社翔泳社
とにかく簡単! ドリル式・10日間で写真が上手くなる、デジタル一眼ゼロからの教科書

とにかく簡単! ドリル式・10日間で写真が上手くなる、デジタル一眼ゼロからの教科書

  • 著者安彦幸枝
  • 価格¥ 1,728(2015/11/10 11:38時点)
  • 出版日2014/03/24
  • 商品ランキング122,627位
  • 単行本(ソフトカバー)128ページ
  • ISBN-104756244661
  • ISBN-139784756244666
  • 出版社パイインターナショナル