WEB

console.logのラッパーを作成して業務を効率化する方法

console.logのラッパーを作成して業務を効率化する方法

こんにちは、エンジニアの王です。今日は「console.log」のラッパーを作ってみたので紹介したいと思います。

console.log(Yo!)

console.logはフロントエンドの人なら誰もが使ったことはあるでしょう。

ですが、毎回毎回「console.log()」とズラズラと記述するのはちょっと面倒です。
いざ公開や納品するときに全てのconsole.logを外す手間もかかりますし、保守で再度ログを出したい場合にまた書き直すというのも手間になります。

というわけで、「log」というちょっとしたconsole.logのラッパーを作ってみました。

使い方

使い方はいたって簡単です。

//まずは利用可能にする
log.enable();

//通常のログ
log('start');

//色付きログ
log('start', 'red');

//色付き+フォントサイズ(large)
log('start', 'red-l');

//色付き+フォントサイズ(x-large)
log('start', 'green-xl');

//スタイル付きログ
log('start', 'warn');

//カスタムの色を追加
log.set('color', {myColor: '#2B3D4D'});
log('start', 'myColor');

//カスタムのスタイルを追加
log.set('style', {myStyle: 'background-color:yellow; text-decoration: underline; color:red;'});
log('start', 'myStyle');

//以降のログは動かない
log.disable();
log('end');

出力は以下のとおり。

screeshot

ベストプラクティス

  1. 本番にあげる前にlog.enable()を外しましょう。
  2. log.set()でスタイルを追加するよりも、ソースコードのほうで追加したほうがすっきりします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

デメリットは余計に1個JSをロードしなければいけないところですかね。でも1個くらいなら、いいんじゃないかなという気もします。それにJSの一本化をおこなうのであれば、それほど負担にはならないでしょう^^

というわけで、今回はここまで。それではまた。

 

【Web制作の業務効率化シリーズ】

Web制作の作業を効率化するための自動化ツールGruntの導入方法とおすすめプラグインまとめ

Gulp.js入門 – コーディングを10倍速くする環境を作る方法まとめ

mixinが3文字で!Emmetオリジナルスニペットの登録方法

Ansible初心者がLAMP環境の構築を自動化する方法

スマホサイト全体のキャプチャを一度で撮って効率化!WebCollectorを使ってみた

この記事を書いた人

王
バックエンドエンジニア 2012年入社
LIGの王です。ウェブの全てを学ぶ為、中国は四川省より日本にやってきました。王という名に恥じぬよう、ウェブ業界のKINGとなるべく日々頑張っております。よろしくお願いいたします。