Photoshopを快適カスタマイズできるオススメ無料プラグイン6選


Photoshopを快適カスタマイズできるオススメ無料プラグイン6選
(編集部注*2014年6月11日に公開された記事を再編集したものです。)

こんにちは。デザイナーのハルエです。

普段Webデザインを制作する上でPhotoshopを使用している方は多いかと思いますが、いかに自分に合った環境にカスタマイズするかで作業効率は大きく変わってきます。
今回はいつものPhotoshopがさらに快適になる無料プラグインをご紹介させていただきます。


【こちらもおすすめ】

おすすめPhotoshopプラグイン

WebINK

Web Font Plug-in

Google Web FontなどのWebフォントをPhotoshop上で表示、利用することができます。
最初の同期に少し時間がかかりますが、あとはデザインしながら手の届くところでWebフォントがさくさく選べてしまうので、非常に捗ります。
Photoshop CS5から対応しています。

flaticon

flaticon

フリーのフラットなベクターアイコン素材をPhotoshop上で検索、利用することができます。なんと47,455個の中から検索できるので、わざわざブラウザに移動して検索する手間も省けるでしょう。

flaticon

もちろんベクター素材なのでカスタマイズも自由です。Photoshop CS5から対応しています。

GuideGuide

GuideGuide

昔からよく使われているエクステンションですね。
ガイドをドラッグして引く面倒な作業をとても簡単かつ正確に配置してくれるプラグインです。
上下左右からのマージンの数値を設定してボタンを押すだけで、一瞬でガイドを引くことが出来ます。さらに縦横の中央線もカラム数に応じた設定も可能です。
大変重宝するガイドプラグインなので、まだ入れてない方はぜひ!
Photoshop CS6から対応しています。

Ink

INK

PSD上で作成している要素のレイヤースタイルやサイズ、カラーやフォントなどのデザイン情報をまとめて表示してくれます。
例えば中〜大型案件の時など、複数人で作業をする際にデザインルールを指示書などで可視化しておくとよりスムーズに進めることができます。
こちらはPhotoshop CS6から対応しています。

使い方はとても簡単です。

 
INK

情報を書き出したいレイヤーを指定してアイコンのある黄色いボタンをクリックするだけです。

 
INK

実際に用意したPSDデータに配置した要素のデザイン情報をINKを使って書き出してみました。このようにフォントスタイルもカラーもサイズもバッチリです。
まずは一度使ってみることをおすすめします!

 
INK

書き出された情報は_inkフォルダに格納されています。

Keyboard Shortcuts Extension

Keyboard Shortcuts Extension

Photoshopのショートカットキーをツールボックス上に表示してくれます。
私のようにショートカットキーを忘れがちな人に非常におすすめです。
Photoshop CS6から対応しています。

Pixel2Vector

Pixel2Vector

ビットマップなどのオブジェクトを1クリックでベクターに変換してくれる優れものです。

 
Pixel2Vector

ブラシで書いたオブジェクトもベクターだったら柔軟な編集が可能になるのでかなり使えます。
Photoshop CS5から対応しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
これら以外にもまだまだPhotoshopの拡張機能やプラグインはたくさんありますが、今回は特に実用的なものを中心にご紹介させていただきました。
どれか1つでも気になるものがあった方はぜひ導入してみてください。

 

【関連リンク】

この記事を書いた人

ハルエ
ハルエ デザイナーチーム 2012年入社
デザイナーの遥江(はるえ)です。 録り溜めたバラエティ番組を観る時間が大好きです。寝付きの良さは誰にも負けません。LINE POP / バブルの女王でもあります(自称)。よろしくお願いします。