ビジネスマナーで間違えるとアウトな席次12選


ビジネスマナーで間違えるとアウトな席次12選
(編集部注*2014年8月7日に公開された記事を再編集したものです。)

こんにちは、LIGブログ編集部です。こちらは、「社会人としてのビジネスマナーの基本をもう一度見直したい」と思っている人に向けての全5回のシリーズ記事です。

さて、ビジネスにおいて守らなければならない基本の1つに「席次」があります。さまざまな状況に応じた座席や立ち位置の並び順のことを指すのですが、席次には目上の方への敬意やもてなしの意味が込められており、とても重んじられています。

いくら言葉遣いや態度がきちんとしていても、この守るべき席次が守られていなければ、非常識な人だという評価を受けてしまうこともあります。

基本的なことではありますが、とっさの場面では「あれ、どっちがどっちだっけ?」と戸惑ってしまうことも。やるべきことをきちんとやっていても、席や立ち位置の順番を間違えたことで評価が下がってしまうのはもったいないですよね。

そこで本日は、ビジネス上のさまざまな場面における正しい席次について紹介していきたいと思います。

気づいたら自分が上座になってました。ビジネスマナーで間違えるとアウトな席次12選

seat

全ての席次・席順に共通していえることですが、目上の人やお客さまにはできるだけ良い席に着席していただく中で、その部屋において最も良い席を「上座(かみざ)」といいます。それに対し、目下やおもてなしをする側がつく席を「下座(しもざ、げざ)」または「末席(まっせき)」と呼んでいます。

基本的には入り口から最も遠い席が上座となり、入り口に最も近い席が下座となります。以下、その原則にもとづき、各シーン別の席次を確認していきましょう。(以下、○内の番号の順に目上の人が座る形になります。)

基本となる席次

会議室基本

会議や接待などの種類を問わず、これが基本的な並び順になります。

出入口に一番近い席が下座となり、そこから一番遠い席が上座となります。

ただし、上記の図の右側に窓があり、そこから見える景色がよい部屋の場合は、1・2が左側、3・4が右側、と位置が逆になります。目上の人に景色を楽しんでもらおう、という心遣いによるものです。

また、事務スペースの一角にある応接コーナーの場合は、デスクに近い方が下席になります。目上の人がデスクに背を向けて座る形にならないように配慮しましょう。

会議室にお客さまを招く場合の席次

応接室

自社の会議室にお客さまを招いた場合はこのような席次になります。

入り口から遠い側の列の中央の席が上座になります。自社側も同様の順で、入り口に近い側の列に座ります。

応接室での席次

応接室ソファ

出入口から遠い奥の席が上座になります。そして1人掛けの椅子よりも、ソファーの方が上席になります。

会議室などにお客さまを招く場合と異なり、ソファーの場合は真ん中ではなく一番奥が上座となるので注意してください。

また、ソファーの種類にも格があるので、配置には注意するようにしましょう。

  1. 長椅子
  2. 一人用のひじかけ椅子
  3. 背もたれのみある椅子
  4. 背もたれのない椅子

という順番になります。

なお、自身が訪問先で会議室や応接室に通された場合、相手が来るまでは下座に座るか立って待つようにしてください。その後、相手から上席を勧められたら、指定された席へ移るようにしましょう。

議長がいる場合の会議室での席次(ロの字型)

会議室 議長1

議長席は上記の図の位置で固定となり、対面側には誰も座らないようにしてください。

出入口から一番遠い席を上座とし、以降は議長から近い席順で上席となっていきます。

議長がいる場合の会議室での席次(コの字型)

会議室 議長2

対面席が無い側の中央の席が議長席となり、議長からみて右隣が上座になります。以降、左側・右側と順に上席になります。

ロの字型と違い、コの字型は議長と同じ列の席が上席になるので注意してください。

円卓での席次

円卓

出入り口から一番遠い席が上座となり、以降は上記の図になります。出入り口に一番近い席が下座です。

中華料理のレストランなどでは、主賓が席につくまでは出入口近で待つのがマナーになるので注意してください。

和室での席次

和室

床の間(掛け軸などがある方)に近い位置が上席という独特の決まりがあります。床脇(戸棚などがある方)が次席となります。

ただし、庭や風景が見える部屋では、それが見える側を上座にする場合もあります。

エレベーターでの席次

エレベーター

操作パネルのある側の奥側が上座で、次に操作パネルのない側の奥となり、下座は操作パネルの前となります。

補足・エレベーターの乗り降りの際の正しい順番

とにかく乗ったらボタンを押す役をやらなきゃ、という意識は強くとも、意外に知らないのがエレベーターの乗り降りの際の正しい順番です。

  1. エレベーターのドアが開いたら、手でドアを押さえ、お客さまに先に乗ってもらうようにしましょう。エレベーターに先に乗って開閉ボタンを押そうとすると、先に乗ろうとしている人と押し合うような形になってしまうので、まずは乗ってもらうことを優先させましょう。
  2. お客さまや上司などが乗り込んだのを確認し、一番最後に乗り込み、下座となるボタンの操作盤の前に立ちます。
  3. 途中で誰かが乗り降りする際は開閉ボタンを押す役になり、到着後は一番最後に降りるようにしましょう。先に降りるような状況になった場合は、乗るときと同様に手でドアを押さえながら、目上の人が降りるのを待ちましょう。

もちろんエレベーターには自分たち以外にも多くの人が乗っています。混み合っているような場合などは、他の人の迷惑にならないように動くことを優先しましょう。

車での席次1(タクシーなど、運転手のいる車の場合)

運転席1

運転席の後ろが上座になります。後部座席に3名で座るときは、中央が最も下座となります。

また、上記が原則の席次ではありますが、特にタクシーの場合、後部座席に3名のときは上座が乗り降りしづらいという問題があります。

そのため、乗車の前に本人の意向を確認しておくと、より丁寧な印象になります。

車での席次2(誰かが運転手役となる車の場合)

運転席2

4〜5名で乗車するのであれば助手席が上座になります。後部座席に3名で座るときは、中央が下座となります。

また、上記が原則の席次ではありますが、運転手含めトータル3名で乗車するような場合には、後部は1名でゆったり座れることになるため、後部が上座という考え方もあります。乗車時に「後ろの席でよろしいでしょうか?」と尋ねるようにしましょう。

列車での席次

列車

進行方向側で、かつ窓側というのが最も快適とされ、上座になります。

3人掛けの場合、通路側よりも中央の席のほうが狭く不便なため、進行方向逆側の中央の席が下座になります。

なお、寝台列車の場合は、下の段が上席になります。

補足・道を歩く場合の順番

最後に、席次ではないのですが、道を歩く場合の順番についても紹介しておきます。

目上の人が先に歩くのが正しい順番となるので、目下の人のほうが後ろを歩くようにしてください。後ろに2人が随行する場合は、右後ろ側のほうが上位になります。(もちろん、先導して目的地に案内するような場合は除きます。)

また、車道を歩く場合は、自分が車道側を歩くようにしてください。

まとめ

seat

いかがでしたでしょうか。

普段きちんとできているつもりで、意外に知らなかったという席次もあったのではないでしょうか。簡単にまとめると

  • 出入口から遠いほど上席
  • 飾り棚や絵画のある方が上席
  • 窓があるときは景色の見える方が上席
  • 長椅子と肘かけ椅子があるときは長椅子が上席

となるので、ぜひこれだけでも覚えておいてください。

ビジネスマナーには習慣化しているものも多く、中には「なぜ?」というものもあるかもしれません。しかしそれらがマナーとして定着した背景には、相手のことを敬うという気持ちがあったからこそです。

特に、今回紹介したような席次に代表される「順番」に関するマナーについては、それがわかりやすく表れています。目上の人を最優先、身内よりも外の人を上として扱う、というところがきちんと守れていれば、基本的には問題ないでしょう。

相手を敬い、ルールを守ることで、きちんと評価をされるようなビジネスパーソンを目指したいですね。

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。お互いビジネスマナーの基本を忘れず頑張りましょう。

 

この記事を書いた人

LIGブログ編集部
LIGブログ編集部です。噛み合ないコミュニケーションを曖昧な笑顔でごまかしつつ、平日は毎日ニュース/Web制作/ビジネス/生活などのお役立ち記事を配信しています。

こちらもおすすめ

さすが!と言われる ビジネスマナー 完全版

さすが!と言われる ビジネスマナー 完全版

  • 価格¥ 1,080(2015/11/02 17:01時点)
  • 出版日2010/03/30
  • 商品ランキング6,459位
  • 単行本(ソフトカバー)208ページ
  • ISBN-104471011251
  • ISBN-139784471011253
  • 出版社高橋書店