経営者に言いたい!「上司がいないオフィスが最高」だってことを。


経営者に言いたい!「上司がいないオフィスが最高」だってことを。

こんにちは、ライターの菊池(@kossetsu)です。

money-ico 人物紹介:菊池良
株式会社LIGに所属するライター。ブログ記事の企画・執筆を担当している。

今、事故物件で仕事をしています。

【関連記事】

もうすぐ1ヶ月になるんですが、本社をずっと離れていて、ある真理に達しました

それは……。

 

money-2-4

上司がいないオフィスが最高!

ってことです。

この記事を見ている経営者の方、特に藤田晋さんや三木谷浩史さんは「どういうこと?」って思っていることでしょう。

今から「上司がいない方がいい3つの理由」を説明いたします。

メリット1:ダラダラできる。

通常のオフィスというのは上司、あるいはそれに近しい人がいて、進捗を管理しています。でも、管理されると、確かに仕事は進むかもしれませんが、緊張もしますよね。

緊張した状態ではいい仕事はできません。優れたアイデアもリラックスしたときに出るものです。なので、ダラダラできた方が結果的にクオリティの高い仕事をしているんですよね。きっとそう。

メリット2:躊躇なく寝られる。

上司の目があると、眠くなっても寝にくいですよね。

眠い状態で仕事をしても、良いことはありません。効率は落ちるしミスも多くなります。だから、眠くなったらすぐ寝た方がいいし、そのためには上司はいない方が良いんですよ。

それに上司がいたら安眠グッズも持ち込めませんからね。枕と上司の二択なら、枕じゃないですか?

メリット3:気分転換にどっか行ける。

上司の目があると、勝手にどこか行きにくいですよね。けど、歩くと脳が活性化しますし、目に入ってくる情報が新たな発想を生みます。

つまり、勝手に出歩けないと、仕事のクオリティって下がっちゃうんです。オフィスって勝手にどこか好きなところに行けるようにしなきゃダメなんです。売上が下がるんです。

上司がいるのといないのとじゃ大違い

もちろん、上司がいてもこれらのことはできます。

しかし、そのハードルは限りなく下がるのではないでしょうか。

それに「こういうことができる」と明確化することで指示待ち組の人もダラダラしたり、寝たり、勝手に出歩いたりするようになります。

そうするとオフィスが活性化して、時価総額も上がりますよね。

本当はみんな上司がいないオフィスが良い

この調査結果によると、86%の人が「上司のいないオフィスが良い」と思っています。過半数以上です。

これを日本の人口に換算すると、1億320万人の人が上司がいない方が良いと思っているということです。

1億320万人。

経営者のみなさんは、この数字の大きさをもっとよく考えるべきではないでしょうか。

ドラッカーもこう言っている

有名な経営学者ピーター・ドラッカーもこう言っています。

 

仕事を生産的なものにするには、成果すなわち仕事のアウトプットを中心に考えなければならない。

──ピーター・ドラッカー

 

なるほど。これを現代風に意訳するとこうなるでしょうか。

 

生産的な仕事をするには、上司がいないオフィスで、社員を積極的にダラダラさせなければならない。寝たりブラブラ外出させたりしないと、良いアウトプットは出ない。

──ピーター・ドラッカー

 

良いこと言いますね。また、こうも言っています。

 

真のリーダーは、人間のエネルギーとビジョンを創造することが自らの役割であることを知っている。

──ピーター・ドラッカー

 

つまり、意訳するとこういうことですね。

 

真のリーダーは、部下をダラダラさせなければならない。仕事中に映画を見ても、何も言ってはならない。むしろ褒めた方がいい。サボったことを褒めよう。そうしないと人間ってエネルギーが出ないからさ。

──ピーター・ドラッカー

 

なかなか良いこと言いますね、ドラッカーは。

こういうオフィスにしよう

では、具体的にどういうオフィスが最適なのかを考えてみました。

 

office01

従来のオフィスはこうでした。上司と部下が同じフロアにいますね。

それをこうしませんか?

 

office2

「上司だけのフロア」を作り、部下にはそれぞれ個室を用意する。コミュニケーションはメールやチャットだけで行う。上司がどうしても部下に会いたいときは、事前にアポイントを入れてもらう。

こうするだけで仕事がだいぶ楽になると思います! ダラダラできそう!

社長に直談判してみた

こういうオフィスが良いので社長に直談判してみました。

iwa_ico 人物紹介:岩上貴洋
学生時代、モバイルマーケティング、ITベンチャー企業数社に参加する。在学中からアーリーステージを対象とした独立系投資会社にて、投資業務、コンサルティング業務に従事。 2007年、株式会社LIG創業。

Facebookのメッセンジャーで聞いてみました。

 

s

……既読無視されました。ツイッターを見たら普通に連投していたので本当の既読無視です。

ついでに直属の上司にも言ってみましょう。

some_ico 人物紹介:寺倉そめひこ
立命館大学を卒業後、経営コンサルティングファーム、広告代理店などを経て現職。入社1ヶ月半でマネージャーに就任、その後は新規事業の立ち上げや人事採用など幅広くおこなう。

こちらもFacebookのメッセンジャーで聞いてみました。

 

スクリーンショット-2016-01-27-0.55.37

 

…………。

なんかエラそうですね、この人。僕はあきらめませんよ。

ダラダラ仕事がしたいから!

 

(おわり)

 


この記事を書いた人

菊池良
菊池良 メディアクリエイター 2014年入社
ここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入ります