デザインの参考にしたい素敵な日本語のロゴ【第2弾】


デザインの参考にしたい素敵な日本語のロゴ【第2弾】

こんにちはデザイナーの藤田です。

以前、日本語のロゴだけをまとめた「デザインの参考にしたい素敵な日本語のロゴ20選」を執筆した際の皆様の反応が良かったので、その第2弾を書かせていただきます。

今回の記事も皆様のアイディアソースになれば幸いでございます。

素敵な日本語のロゴまとめ

1. ウッドベリーズ

名称未設定-6
http://woodberrys.co.jp/

「生フローズンヨーグルト」販売店のロゴですが、「ウ」「ッ」の点や濁点の形を統一することで、ロゴタイプが面白味のある形状となり、視線を左から右に上手く誘導させる、デザインになっているかと思います。

シンボルマークもヨーグルトの舌触りや、無添加の果物を使った、体に良いものであるという商品の特長を上手く表現できていて、とても素敵なデザインです。

2. 吉田養蜂園

名称未設定-5
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M26027/10207/0276736136-001/

シンボルから蜂蜜の「シズル」感が出ていて、ネガティブスペースが蜂園のイニシャルの「Y」になっているという、ウルトラCの離れ業を成立させている、とても素晴らしいロゴではないでしょうか!!
ロゴタイプも伝統を感じさせつつも、モダンな雰囲気に仕上げていて、とても素敵です。

3. 東京防災

名称未設定-8
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/index.html

注意喚起を促す黄色と黒を大胆に取り入れることにより、とても印象が強いデザインになっています。
ロゴタイプの形状も「東」の口の中にアイキャッチを設け、しっかりとしたバランスで作られていて、とても好感を持てます。

4. イタリア料理たなか

名称未設定-2
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131712/13054324/

前回のロゴまとめで掲載させていただいた「串揚伊佐」のロゴ制作をおこなったデザイン事務所「KOTOHOGI DESIGN」の制作実績より取り上げさせていただきます。
ロゴタイプの部分に同じオブジェクトを繰り返し使用することでリズムが生まれ、強く印象の残るデザインになっています。

5. 北雪

名称未設定-3
http://sake-hokusetsu.com/

「100年前から続いていた企業がさらに100年先もつづくように」という願いにより、時代を感じさせないデザインになっています。
上記サイトからロゴコンセプトを確認することができますが、企業に対して真剣に向き合ってデザインを考えたデザイナーさんの想いが感じ取れます。
デザインにコンセプトが明確に表現されている、素敵なロゴだと感じました。

6. 萩原精肉店

名称未設定-7
https://www.facebook.com/hagiwarastore

肉の文字を記号化して作られたシンボルマークが上に向いた矢印の様に見え、精肉店の勢いの良さが感じられます。
またロゴタイプも含め非常にバランスの良いデザインに仕上げていて、ロゴマーク全体から洗練されたおしゃれな印象を受けます。

7. 寿あん

名称未設定-4
http://jyuann.com/

シンボルマークには日本料理の繊細さとお客様とのつながりを大切にしたいという意図が込められていて、店舗の目指すべき姿をストレートに表現した素敵なロゴだと感じました。
こちらのロゴのように細い線でデザインされたものは珍しいので、とても参考になります。

8. 岡山県立美術館

名称未設定-9
http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/

シンボルマークは美術館という公共の施設ならではの、開かれた空間をイメージしているのでしょうか。
ロゴタイプの漢字の崩し方がモダンな雰囲気をより強めていて、とてもすてきなデザインだと感じました。

まとめ

今回のまとめではロゴに込めた想いが強く感じられるものを中心に集めてみましたが、どれも参考になるものばかりでしたね。


この記事を書いた人

藤田
藤田 デザイナー 2013年入社
デザイナーの藤田です。 野球とビールと猫が好きです。 ジョブズの「来る日も来る日もこれが人生最後の日と思って生きるとしよう。」という言葉が好きです。言葉の通り毎日、全力投球で頑張っております。 どうぞ、よろしくお願い致します。