• LIGの広告成功事例
WEB

Webディレクターがプロジェクト管理をする上で大事な「巻き込む」ということ

Webディレクターがプロジェクト管理をする上で大事な「巻き込む」ということ

こんにちは、いいオフィス支配人の勢古口です。以前はディレクターをしておりました。

本日は、Web制作において非常に重要なポジションであるディレクターについて書きたいと思います。

Webディレクターで一番大事なこととは何か?

制作されるサイトのクオリティは、Webディレクターの良し悪しによって全くと言っていいほど変わってきます。したがって、いい制作会社にはいいディレクターが揃っていると言っても過言ではないでしょう。

では、Webディレクターで一番大事なことってなんでしょうか?
ときどき、ディレクターを始める人に聞くと「クライアントの要望を聞き出すこと」や「納期など含め、約束を守ること」という答えをもらいます。もちろん、どれも間違えではなく必要なものです。

しかし、私がディレクターを続けてきた中で一番重要だと思ったのは「クライアントとチームを巻き込むこと」です。

巻き込むということ

まず理解しておかなければならないのは、「ディレクター(自分)の考えられる範囲は、ごくわずかである」ということ。
制作物はアイデアや意見があればあるほどブラッシュアップされていきますから、ディレクターはクライアントからもらった意見を鵜呑みにして1人でアイデア出しすることをやめなくてはいけません。

巻き込むということは、クライアントを含め、エンジニアやデザイナーのプロジェクトに関わる全てのメンバーで意見を出し合うということです。

クライアントはWebのスペシャリストでないことがほとんどです。しかし、会社の目標や強み、業界の情報に関して制作会社がわからないことをたくさん知っています。
逆に、制作会社は新しい技術やユーザビリティ、Webの最新動向というクライアントが知らないことを知っています。
ディレクターとは、そういった互いの意見を出せる場を作り、目標に向けてまとめ上げていくときに役目を発揮するべきではないでしょうか。

クライアントの要望を理解しよう

クライアントはWebサイトで結果を求めていますが、自分たちの意見をそのままWebに落としこむだけでは上手くいかないとわかっています。ですから、制作会社の意見が欲しいのです。

ディレクターが行うべきこと

では、ディレクターがここで行わなければいけないことはなんでしょうか?

それは、クライアントとチームメンバーの目標を共有して、全員でサイトを制作していく場を作ることです。つまり、実際に会議の場をつくり、顔を合わせて意見やアイデアを出し切ることが重要となってきます。

ディレクターは司会者として、クライアントとWeb制作会社の両方からアイデアが出るように動き、それらをまとめてサイトに落とし込み、両方の観点から見ても最良となる目標をつくります。

会議のファシリテーターになろう

会議の進行役・司会者というのは、非常に難しいポジションです。
しかし、やり方を覚えると意外と上手くできるようになっていきます。
全員が問題の真実を言える環境を作ることであったり、アイデアを出しやすくする環境をつくったりすることがディレクターが行うべき最重要課題かと思います。

この司会者というポジションのやり方はいくつもありますが、個人の意見としては「会議ファシリテーションの基本がイチから身につく本」を使うことがやりやすいと思っております。

「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本

プラス・マイナス両方の意見を全員で効率よく出しあい、目標を定めていく方法はプロジェクトを進行する上で役に立つのではないでしょうか?

会議に時間を要しますが、全てのメンバーが参加して話し合うことで、プロジェクトを全員で進めていくという認識を広め、根本的な目標を共有することができます。そして、それによって認識齟齬がなくなり余計な修正をすることが格段に少なくなります。
まずは、会議を活性化することに集中しましょう。

最後に

効率の悪いディレクターは、アイデアを全て自分で出そうとして抱え込んでしまっているケースが多いように思います。
まず、クライアントが求めているものは、自分のアイデアだけではないことを自覚しましょう。

Webディレクターとして重要なことは、クライアントとメンバーにプロジェクトの一員であることを感じてもらいながら課題に取り組み、多くの施策を打っていくことです。
プロジェクトのリーダーとして、メンバーのモチベーションや進行管理などを上手にハンドリングしながらプロジェクト管理を行っていきましょう。

 

【チームやプロジェクトのディレクションに!】

未知なる技術やモノをディレクションするときにWebディレクターが気をつけたいこと

Web制作のクライアントにヒアリングしたい項目と意識すべき重要なこと

100人のスタッフを動かす「この指とまれ!」の企画術を親友に聞いてきた。

ディレクターがWeb制作のプロジェクト進行でトラブルを防ぐための5つのコツ

Webディレクター必見!プロジェクトを円滑に進め、遅延を発生させないためのポイント3つ

この記事を書いた人

勢古口
勢古口 イベントディレクター 2012年入社
いいオフィス支配人の勢古口です。3年間お世話になったスペインから帰国してWebディレクターに返り咲き、2014年夏からお酒の力を借りつつラテンのノリで楽しませる特技を活かして、いいオフィスの支配人に。あっ、教育事業のSTUDIO上野 by LIGの支配人にもなりました。