Web/IT勉強会・セミナー・イベントがサクッと探せるサービス6選


Web/IT勉強会・セミナー・イベントがサクッと探せるサービス6選

こんにちは!フロントエンドエンジニアのせいとです。

Web業界の会社に勤めていると、日進月歩の新しい知識や技術を習得することが大切だと気づかされることが多いです。
僕も技術者の端くれですから、1日32時間くらいは当然勉強しているんですが、一番の楽しみはいろいろな場所で開かれている勉強会・セミナーに行くことだったりします。

勉強会に行くとその道のプロに教えてもらえますし、仲間もできてモチベーションが上がりますよね。
そこで今回は、そんな勉強会を探すのにうってつけのWebサービスをご紹介させていただきます!

IT/Web業界を中心に勉強会・セミナー・イベントが探せるWebサービス6選

connpass -人をつなぐ IT勉強会・イベント支援サイト-

connpassはキャッチコピーの通りIT・Webのセミナー、勉強会、イベントにフォーカスしたサービスです。
プログラマーやエンジニアの方には超オススメです!
ちなみに今だと、話題の言語「Swift」の勉強会が特に活発です。(2014/06/22現在)

Doorkeeper -新しいコミュニティ、新しい仲間をみつけよう。-

Doorkeeperは幅広い分野で勉強会、セミナー、イベントを主催&探せるサービスなんですが、Web・IT分野がとても活発なのでオススメです!
特徴として、単発で終わらず、継続的に何度も開催しているイベントが多いです。
サイト上で決済もできるので、料金払いが楽です。

ATEND -イベント開催支援ツール-

Doorkeeperと同じく幅広い分野で勉強会、セミナー、イベントを主催&探せるサービスで、やはりWeb・IT分野も活発です!
こちらは単発~継続的なイベントまで幅広く、規模も小~大規模なものまで様々です。
自分が主催者となってイベントを登録する場合、登録がとっても簡単なので、自分で開催してみるのもいいかもしれません。

Zusaar -ソーシャルイベントプラットフォーム-

ZusaarもDoorkeeper・ATENDと似ている幅広い分野で勉強会、セミナー、イベントを主催&探せるサービスです。
ただし!こちらにはイベントに参加したい人が「こんなイベントやってほしい!」とお願いすることができたり、イベントを主催する人が「会場探しをZusaarに無料で頼む」といったことができたりします。これは主催側には嬉しいですね。

dots. -エンジニアのためのイベント情報検索サービス-

ここまででWebサービスを4つ紹介しましたが、「多すぎてどれ使えばいいのかわからないよ!」と思いませんでしたか?
そこでオススメしたいのがこのdotsというサービス。connpass・Doorkeeper・ATEND・Zusaar etc.に掲載されている勉強会、イベントを全部まとめて表示してくれます!
また、タグ付け、絞り込み検索などが充実しているので、自分の興味のある内容だけを表示できます(´ω‘)b

Street academy -「教える」と「学ぶ」をつなぐ-

Street academyは「何らかのスキルを教えたい人」と「何らかのスキルを教わりたい人」をつなげるプラットフォームです。
これまでに紹介したサービスと比べると、イベントそれ自体よりも主催者にフォーカスしているようです。
勉強会主催者の情報がオープンに見えるので、「この人から教わりたい!→よし参加しよう!」という使い方ができるのが魅力的です。
勉強会の分野はさまざまですが、もちろんIT/Web業界も活発ですよ!

まとめ

今回は勉強会のプラットフォームをご紹介しましたが、意外とたくさんあるものですね。
これらのサービスを駆使してどんどんスキルアップしていきましょう!
最後に、ちょっとスペースが余ったので偉い人の名言で締めたいと思います。

学べば学ぶほど、自分が何も知らなかったことに気づく、気づけば気づくほどまた学びたくなる。

アルバート・アインシュタイン

この記事を書いた人

せいと
せいと フロントエンドエンジニア 2012年入社
最近フロントエンドエンジニアになりました。
第一回HTML5カルタ大会で優勝しました。
休日の過ごし方は、"Jazz Barでスコッチを片手に『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読む"です。