WEB

初心者でもすぐに役立つ!SEOに効くGoogleウェブマスターツールの機能と使い方

初心者でもすぐに役立つ!SEOに効くGoogleウェブマスターツールの機能と使い方

じつかわです。ヴォラーレでSEOコンサルティングをやってます。

さて、今回のテーマは「Googleウェブマスターツールの使い方」。なんとなく便利なことは知っているけど活用できていない、という方は多いのではないでしょうか。多機能で便利なウェブマスターツールですが、今回は初心者でもすぐに改善に役立てる機能をピックアップしました。

▼目次

ウェブマスターツールって、何?

ウェブマスターツールとはGoogleが公式に提供する無料のサイト改善ツールで、WebサイトがGoogleからどのような状態に見えているか、を教えてくれます。

ダッシュボード_moza

Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールでは、サイトへのユーザーのアクセス状況などは分かりますが、WebサイトがGoogleにどう見られているかを知ることはできません。
ペナルティなどの重大な問題点HTMLタグの状況Google検索結果上でのクリック状況Googleのクローラーが発見したURLエラーなど、普通はGoogleしか知らないような情報を知ることができるのは、ウェブマスターツールだけです。この記事を通して、ウェブマスターツールでSEOの課題発見ができるようになりましょう。

参考:ウェブマスターツールとは

機能1:サイトへのメッセージ

「サイトへのメッセージ」は、サイト上に発生した重大な問題や、サイトオーナーに伝えるべき情報を教えてくれる機能です。
重要なメッセージの例としては、人工的な被リンクによるペナルティの発生を知らせる「不自然なリンク検出」メッセージや、大きなトラフィックの変化が合ったことを知らせるメッセージ、ウイルスの検出を知らせるメッセージなどがあります。

ここで知ることのできる情報は主に以下のとおりです。

  • ペナルティやトラフィックの大規模変化など、大きな影響が懸念されるものについての警告
  • スマホでのユーザビリティに問題があるなど、直接的にランキングに影響は及ぼさないもののサイト運営者が気にするべき情報
  • ウェブマスターツールの所有権利者の追加など、Googleウェブマスターツール上で行われた特筆すべき行動についての報告
ペナメッセ

特に上の画像のように、黄色や赤のビックリマークがついたメッセージが来ているときは要注意です。その内容をきちんと確認・理解し、適切な対処を行いましょう。

機能2:HTMLの改善

「HTMLの改善」は、titleとmeta descriptionの問題を知らせてくれる機能です。
titleとmeta descriptionは検索結果に表示され、ユーザーの体験に直接影響をおよぼすためこれらのタグをGoogleは非常に重要視しています。
これらが各ページ間で重複していたり、長すぎたり、短すぎたり、設定されていない場合は問題であるとみなし、この機能上で教えてくれます。

こちらの記事「SEOの基本中の基本!“titleタグ”“meta description”“h1タグ”の書き方まとめ」もぜひ参考にしてみてください。

HTMLの改善_モザイク済み

ここで知ることのできる情報は主に以下のとおりです。

  • ページ間で重複しているtitle / meta description及びその該当URL
  • 長すぎるtitle / meta description及びその該当URL
  • 短すぎるtitle / meta description及びその該当URL
  • titleが設定されていないURL

このように、具体的にどのURLのどういった情報が問題となっているかということを教えてくれるので、存在すら知らなかったURLが発見できる、ということもままあります。

機能3:クロールエラー

「クロールエラー」 はGoogleのクローラー(Web上を巡回し、ページの情報を収集するプログラム)が発見したサイト上のエラーを知らせてくれる機能です。
必ずしも対処しなければならないものばかりではありませんが、問題があれば対処し、クローラーがスムーズに情報を収集できるようサイト内環境を整えることが望ましいです。

参考:【初心者向け】クローラビリティを改善し、サイトのコンテンツを検索エンジンに正しく発見・認識させる

クロールエラー

ここで知ることのできる情報は主に以下のとおりです。

  • どのURLからどのようなエラーが返ってきたか
  • クローラーがそのURLからエラーを最後に検出した日付
  • 対処すべき優先度(Googleからの提案、自動判断)

検出されるエラーはさまざまであり、対処すべきものもそうでないものもあります。それぞれの意味を把握し、適切な対応をできるようになりましょう。ここでは、以下で代表的なエラーを確認していきます。

参考:よく見るHTTPステータスコード一覧とその意味を理解する

「サーバーエラー」(500番代エラー)

「サーバーエラー」(500番代エラー)はその名の通り、サーバー内部で何かしらのトラブルがあってページ情報が取得できないパターンです。

500

「レスポンスコード」の欄で示されている数値が「500」であればInternal Server Error=サーバーの不具合や処理ミスを意味します。

 

503

一方、「503」であればService Unavailable=サーバー負荷などによる一時的なアクセス不能を示します。

このようなサーバーエラーが起こるのは何かしらサーバー内の設定がおかしかったり、サーバースペックが足りず処理に時間がかかってしまっていたりするパターンが多く、ユーザーにも悪影響をおよぼす可能性が高いです。
このエラーを発見した場合は、できるだけすみやかに対処するのが望ましいでしょう。

「見つかりませんでした」(404エラー)

「見つかりませんでした」(404エラー)は、おそらくほとんど全てのサイトで発見されるエラーです。クローラーが当該URLに対してアクセスを試みたものの、サーバーより「そのページは存在しないよ」と返されたものを記録しています。

404

これはURLエラーとして報告されますが、404エラーによって直接順位低下などのマイナス影響が発生することはありません。なぜなら404エラーは普通にサイトを運営していれば必然的に発生するものであり、それ自体は何らユーザーに悪影響を及ぼさないためです。

例えば「これまで表示していたページが方針の変更で不要になったために削除した」などのことはごくごく当たり前に起こることで、それを検索エンジンが発見するのも当然だからです。通常のサイト運営で当たり前に発生することに対してマイナス評価を下すようなことを、Googleはやろうとしません。

ただしもちろんリンク切れが起こっていたり、削除した覚えのないページが消えていたりするのは問題なので、念のためどのページでどのように404エラーが検出されているのかは把握しておいたほうがいいかもしれません。

ソフト404エラー

これはちょっと聞き慣れない方も多いかもしれません。ソフト404エラーは、「ほとんど404ページと同じ意味だと判断されているけれどレスポンスコードは200が返ってきている」という状況です。
ページ上では「お探しのページは見つかりませんでした」などと表示されているのに、検索エンジンやブラウザには「そのページは存在しますよ」と返ってきている状態。これにGoogleが気づいて教えてくれるのが「ソフト404」です。

soft 404

このようなページ(コンテンツが存在しないはずのURL)で、デベロッパーツールなどを使ってレスポンスコードを確認してみましょう。
以下のページのように“404 NotFound”が返ってきていればOKですが、“200 OK”と表示されているとソフト404になっている状態です。

404

hogehoge

(↑LIGのサイト上で、存在しないURLを打ち込んでみよう!)

このソフト404は、少なくともGoogleはそのURLを404ページと同等に扱っていることを示します。すなわち、報告されたソフト404ページに関しては404ページ同様マイナスになることはありません。
しかし、本当は見せる必要のない空っぽのページなのに「ページがありますよ」ということを検索エンジンに伝えているということであり、無駄なクロールを発生させる原因となります。また、ソフト404として判断されていればまだマシですが、ただ単純に代わり映えのしない中身の薄いページが大量に存在しているとみなされてマイナス評価を受けてしまう可能性があります。
サイト全体でみたときにソフト404が検出されている状態というのは不健全なので、いらないページで200を返すようになってしまっていないか、きちんと確認するのがいいでしょう。

機能4:検索クエリ

「検索クエリ」は、そのサイトがどのような検索キーワードで何回表示されて何回クリックされたのか、クリック率は何%かを教えてくれる機能です。
Googleアナリティクスのような解析ツールで得られる情報に似ていますが、通常の解析ツールでは検索結果上での表示回数はわからないため、検索結果でのCTR(クリック率)を知ることのできる唯一の機能です

検索クエリ

ここで知ることのできる情報は主に以下のとおりです。

  • ヒットしている検索キーワード
  • そのキーワードで自然検索結果に表示された回数
  • そのキーワードでクリックされた回数
  • そのキーワードでの自然検索結果におけるCTR(クリック率)
  • そのキーワードでの自然検索結果での平均掲載順位
  • これらの情報を期間指定で閲覧可能

「検索クエリ」でCTRの改善を行う

ある程度上位表示が達成できている前提ですが、この機能を使えば検索結果上でのCTRの改善を行うことができます。
大変見づらいですが、下記のように別途データをまとめ、「掲載順位は高いけれどもCTRが低いページ」のtitleやmeta descriptionを見直すことで、CTRの向上が見込めます。

87243576a11e9ccb802613babefc33a7

ただリスティングの広告文などと違って、変更の検索結果への反映も遅ければデータが返ってくるのも遅いので、こちらはある程度腰を据えて取り組んでいく施策となるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
ウェブマスターツールはわかりづらくて敬遠していたという方もいらっしゃったかと思いますが、使い方を理解していれば大変便利で、ウェブマスターツールがなければ知ることのできなかった情報もアッサリ知ることができてしまいます。
ウェブマスターツールをうまく活用して、効率よくSEOをしていきましょう。

Web担当者がSEOをイチから知るための講座DVDができました

オマケの宣伝もさせていただきます。
SEOをさらにしっかり学びたい!という方向けに、昨年末開催したSEO担当者をゼロから育てるための6時間ぶっ通しセミナーをDVD化しました。すぐに廃れる小手先のテクニックではなく、ほぼ恒久的に使えるSEOの基礎を教えています。

LIGさんにもこのセミナーのレポートをしていただきました。
「新人にSEOを教えるとき知っておきたい「検索エンジン」や「評価されるコンテンツ」の基礎知識」

それでは、また!

 

【ヴォラーレ・じつかわさんの関連記事】

被リンクを見よう!リンクを買わずに「集める」SEOに取り組む方法

知らないと怖い!Webディレクターが制作サイトのSEOで“大失敗”しないためのポイント

SEOの基本中の基本!「titleタグ」「meta description」「h1タグ」の書き方まとめ

スマホ専用の検索ランキングってあるの?スマホSEO対策の基本をマルッと教えます

【保存版】効果的なSEOのための対策キーワード選定方法

この記事を書いた人

じつかわ
じつかわ 外部ライター 東京
1990年生まれのSEOコンサルタントです。ナイル株式会社におります。燻製をつくるのが好きです。

Twitter
Facebook

こちらもおすすめ

できる100の新法則 Google Search Console これからのSEOを変える基本と実践

できる100の新法則 Google Search Console これからのSEOを変える基本と実践

  • 著者村山 佑介,井上 達也,できるシリーズ編集部
  • 価格¥ 1,944(2015/12/11 16:11時点)
  • 出版日2015/09/18
  • 商品ランキング80,362位
  • 単行本(ソフトカバー)240ページ
  • ISBN-104844338854
  • ISBN-139784844338857
  • 出版社インプレス