• LIGの広告成功事例
WEB

AWSでAMIを他のアカウントと簡単に共有する方法

AWSでAMIを他のアカウントと簡単に共有する方法

こんにちは。五反田のClisk(クリスク)という会社でシステムエンジニアなどをしている芹沢です。

たとえば以下のようなとき、サーバーをコピーし、それを他の人に渡すことができればとても効率的ですよね。

  • いろいろインストール済みの開発環境を共有したい
  • 巨大なデータやたくさんのファイルを共有したい
  • サービスの譲渡をしたい

AWSではAMIを共有することで、これが実現できます。

前回の記事ではAMIを作成し、サーバーのコピーをおこなう方法を紹介しましたが、今回はそのAMIを他の人と共有する方法を紹介したいと思います。

 AMIを共有する手順

手順については以下のとおりになります。
今回は、アカウント名「CliskSerizawa」所有のAMIを、アカウント名「CliskSerizawa2」に共有してみたいと思います。

  1. 共有先のアカウント番号を確認する(CliskSerizawa2の作業)
  2. AMIの共有設定をする(CliskSerizawaの作業)
  3. 共有されたAMIを確認する(CliskSerizawa2の作業)

 
なお、AMIを作成する方法についてはこちらの記事「AWSでEC2のインスタンスをコピーし、サーバーのバックアップを簡単におこなう方法」STEP1. AMI作成を参考にしてください。

共有先のアカウント番号を確認する

まずは共有先のアカウント番号を確認しましょう。

  • 共有先「CliskSerizawa2」のAWS マネジメントコンソールにログイン

aws3_1

  1. 右上アカウント名クリック
  2. メニューから「My Account」クリックで、アカウント管理画面を表示します。

 

  • 共有先「CliskSerizawa2」のアカウント管理画面

aws3_2
 

Account Settingsの「Account Id」を確認します。後ほどこの番号が必要になるのでメモしておきましょう。

AMIの共有設定をする

続いて、AMIの共有設定をします。

  • 共有元「CliskSerizawa」のEC2ダッシュボードの左メニューから「AMIs」を選択し、AMI管理画面を開く

aws3_33

  1. 「AMIs」選択
  2. 共有したいAMIを選択
  3. 「Actions」クリック

 

aws3_44

Actionsのメニューから「Modify Image Permissions」をクリックしAMIのパーミション設定画面を開きます。

  • パーミション設定画面

aws3_55_1

  • 1. 「Private」を選択(「Public」を選択すると全アカウントに共有されます。)
  • 2. 先ほど確認した共有先「CliskSerizawa2」のアカウント番号を入力します。
  • 3. 「Add Permission」クリック
  •  

    aws3_55_2

  • 4. 「AWS Account Number」に共有先のアカウント番号が追加されているのを確認
  • 5. 「Save」クリック
  •  

    • AMI管理画面

    aws3_6_1

    1. AMI管理画面の「Permissions」タブをクリック
    2. AWS Account Numberに追加した共有先のアカウント番号が表示されていることを確認

     

    共有されたAMIを確認する

    最後に、共有されたAMIを確認します。

    • 共有先「CliskSerizawa2」のEC2ダッシュボードの左メニューから「AMIs」を選択し、AMI管理画面を開きます

    aws3_7_1

    1. EC2ダッシュボードの左メニューから「AMIs」を選択
    2. Filterの1列目「Owned by me」をクリック

     

    aws3_7_2

    リストから「Private images」をクリックします。

     

    aws3_7_3

    先ほど共有設定したAMIが表示されていれば成功です。自分で作成したAMIと同じように、共有されたAMIからもEC2のインスタンスを作成することができます。

     

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。
    AWSを使うと、サーバーをコピーしたり、他の人と共有したりというようなことが、まるでファイルを扱うかのように簡単にできてしまうことがわかっていただけたと思います。

    AWSの凄いところはまだまだたくさんありますので、次回以降もどんどん紹介していきますね。それでは、また。

    この記事を書いた人

    芹沢
    芹沢 外部ライター 東京
    Cliskという会社でシステムエンジニアをしております、芹沢と申します。Clisk公式ページ。Cliskは五反田にオフィスを構えるウェブマーケティング・コンサルティングの会社です。タイとシンガポールにも拠点がありまして、五反田・バンコク・シンガポールという3拠点を軸に、東南アジアの市場を開拓しております。バンコクではJ-Cafeというカフェも運営しており、今、世界から注目を集めているジャパンカルチャーをタイの若者に発信しています。