ブログネタを探す方法【永久保存版】


ブログネタを探す方法【永久保存版】
ゲロ ゲロゲロッ
こんにちは!ブログのネタ探しが悩みの種。ひろゆきです。
今日はブログのネタつきたよ!って時にブログネタを根性でひねり出すためのヒントをまとめました。
ブログネタないよー>< って凡人もこの記事を読み終わる頃にはブログ神になっていることでしょう。

ステップ1 脳からひねりだす

まずは自分の脳からネタを引き出しましょう。体験したことを思い出してください!

 

今困っていることはないか?

困っていること、悩んでいることはありませんか?
解決方法が分かれば、そのままブログ記事になります。

新たな発見をしていないか?

日々を過ごしていると新たな発見がたくさんありますね?

あなたの小さな発見は、誰かの大きな発見かもしれませんよ。コココココ

普段習慣にしていることはないか?

普段自分は普通にやってるけど、他の人からすると目からうろこの情報があるかもしれないです。
例えば「鼻がつまった時は脇にペットボトルをはさむと通るよ!」みたいな。

 

ステップ2 分析する

困ってることも新たな発見も、それといった習慣もない人はステップ2!

自分のサイトを分析したり、記事の形式を工夫してみましょう。

 

過去記事をグレードアップさせる

過去記事を振り返ってみてみましょう。情報が古くなっていたらグレードアップした記事を改めて書いちゃって下さい。

また、過去記事を見るだけでもヒントがあるかもしれないです。「この記事の続編書いてなかった!」とか。

検索流入キーワードを見てみる

google analyticsなどのツールを使い、自分のサイトがどのようなキーワードで検索されているか見てみましょう。記事のヒントや、題目そのものが転がっている場合があります。

ネタを作る

ネタがないからネタを作るというのは盲点ですね。「○○をやってみた」系がイメージに近いです。

イラストを書く

イラストに限らずコンテンツを作ることで記事になるかもしれません。例えばデスクトップ用壁紙や、プラグインなど。
コンテンツを作るまでのチュートリアルなども記事になりそうです。こちらもネタ作りですね。

アンケートをとる

何のアンケートをとるのか考える必要がありますが、データを集めることが出来てかつ記事にもなって一石二鳥ですね。

クイズを出す

ブログでクイズを出すのは読者と一体感が出て面白いかもしれないです。回答も別の日の記事にしてしまうとか。

比較してみる

「iphone4sとiphone5を徹底比較!」 みたいな記事は実際に購入を検討してる人には有益な情報ですよね。

ステップ3 ネットサーフィンでひねりだす

ここまできたら一個ぐらい思いついたんじゃないですかね? そうですか、全然ですか。

ではgoogle先生のお力を借りるしかないですね。

より直接的な手法ですので、くれぐれも外部の情報を丸パクリしないように!

 

他サイトの記事を読んでみる

同ジャンルの他サイト記事を読みあさりましょう。ネタのヒントやネタそのものが転がっているかもしれません。

他サイトの記事に意見する

他サイトの記事に客観的に意見をしてみましょう。なるべく皆が読んでる記事が良いと思います。

他サイトの記事を紹介する

特に気になった記事は自分のブログで紹介するのはありかもしれないですね。

他サイトの記事をもっと詳しく書く

他サイトの記事をもっと詳しく掘り下げて書いたり、別の切り口、観点から記事を書くと、元記事とは違った価値が生まれそうです。

QAサイトの質問の回答をそのままブログにする

Yahoo知恵袋みたいなQAサイトの質問に対する答えは記事にもなるし、需要もありそうです。

 

まとめ

どうですか?ブログ神になれた気分は。

何も思いつかなかった人。ごめんなさい。

こんなのもあるよ!ってのがありましたら教えてください。コメントとかで。

 

参考

ブログのネタの見つけ方

ブログネタを思いつかないときの20の方法
ネタ切れを乗り越える
ライフハックを見つける7つの方法

この記事を書いた人

ひろゆき
ひろゆき バックエンドエンジニア 2010年入社
エンジニアのひろゆきや。大阪生まれの大阪育ち。LIGを代表するエンジニアになるため、頑張るで。ほんま、よろしくやで。

こちらもおすすめ

新聞記者が教える取材のテクニック。ブロガー、フリーライターでも参考になるネタを引き出す方法。10分で読めるシリーズ

新聞記者が教える取材のテクニック。ブロガー、フリーライターでも参考になるネタを引き出す方法。10分で読めるシリーズ

  • 著者高田泰,MBビジネス研究班
  • 出版日2015/11/06
  • 商品ランキング26,994位
  • Kindle版26ページ
  • 出版社まんがびと