完全オフ

佐藤可士和に聞いた「打ち合わせ」を有意義にするために意識している6つのこと

佐藤可士和に聞いた「打ち合わせ」を有意義にするために意識している6つのこと

こんにちは、プレスラボというWeb系編集プロダクションの梅田と申します。LIG編集長のナイスガイ、朽木さんとちょっとした打ち合わせを経てこの記事を書くことになりました。よろしくお願いします。

さて、気が合わない人とする打ち合わせって、うっとうしいですよね。みなさんも心のどこかで、「早く終われ」なんてナメたことを思っているのではないでしょうか。

でも、ちょっと待ってください。

Web制作でも、ライティングでも、制作物を司る仕事全般において、ミーティングや会議、さらにその準備まで含めると、広い意味での“打ち合わせ”に費やす時間は長いものです。その時間が、ただの報告や、顔合わせに終始してしまうのはもったいないと思いませんか。

仕事がひとりでは成立しない以上、誰しも逃げられないのに、今ひとつ有意義に活用できていないような気がする“打ち合わせ”。それをよりクリエイティブなものにするために、参考になるのが、日本を代表するアートディレクター・クリエイティブディレクターの佐藤可士和さんの著書『佐藤可士和の打ち合わせ』です。

ユニクロ、キリン、セブン-イレブンなど、日本を代表する企業を相手に仕事をする可士和さんは、制作のフローの中でも、特に打ち合わせにかなり注力しているそうです。

そんな可士和さんの打ち合わせテクニックを知れば、みなさんも“打ち合わせ”について考え直すきっかけになるはずです。

と言うわけで、今回はなんと、その佐藤可士和さん(以下、可士和さん)ご本人にお話を伺って来ました。豪華ですね。可士和さんのインタビューを元に、仕事中は常に心にとどめておきたい「打ち合わせテクニック」を6つにまとめました。

「打ち合わせ」を有意義にするために意識している6つのこと

1.打ち合わせはクリエイティブであり、コミュニケーションを磨く場

可士和さん「打ち合わせの本質は、議論の場であることです。議論の過程ではトライ・アンド・エラーが許され、また想像力が駆使されるという意味で、もっともクリエイティブな場かもしれません。ここで重要になるのは、打ち合わせがクリエイティブであることを意識して臨み、常にそのクオリティを上げるように努めること。議論とはコミュニケーションであることを考えたときに、これはつまり、あなたのコミュニケーションのクオリティを上げていくことでもあります」

打ち合わせにおいては、職種を問わず現代のビジネスパーソンに必須の、クリエイティビティとコミュニケーションという2つの能力を磨いていくことを意識しておきましょう。

2.よい打ち合わせとは「目的のはっきりしている打ち合わせ」のこと

可士和さん「では、どんな打ち合わせが良い打ち合わせなのかというと、目的がはっきりしているケースです。僕はまず、プロジェクトの大きな方針と、いつまでにどんなことをするのかを最初の打ち合わせで参加者と共有します。それはいわばゴールになるので、まずはゴールを設定して、あとは全員でゴールを目指せばいい状態を作り出します」

一方で、可士和さんによれば、最もよくない打ち合わせは、ゴールが見えない打ち合わせだそうです。みなさんにも一度は経験あるんじゃないでしょうか、ゴールのないフワフワした打ち合わせを。二度とあんなに無為な時間を過ごさないように、まずはゴールをしっかり定めましょう。

3.情報を集めすぎたり、準備をしすぎたりするのはよくない

可士和さん「事前に準備をしすぎるのは逆効果です。僕は準備をそれほどしませんが、だからこそ現場で話を聞くと『へえ、そうなんですか』と素直に感心できます」

意外に思われるかもしれませんが、準備をしすぎるのはよくないと可士和さん。でも、それじゃあ事前に僕らは何をすれば良いのでしょうか。

可士和さん「イメージや仮説をたくさん持って行くことです。いろいろ角度のイメージがあると、それがぶつかりあって、新しいアイディアが生まれてきます。僕はあえて極論を言ってみたりすることで、場を揺さぶって議論を前に進めるようにしています」

ちょっと高度なテクニックですが、真似できれば打ち合わせの場で一目置かれそうです。

4.ファシリテーターになったら、失敗を気にせず思うように進める

打ち合わせは、誰かがファシリテーターになり、仕切らなければ絶対にうまくいきません。会議を引っ張る役目に任命された場合、どのように振る舞えば良いのでしょうか。

可士和さん「まずはプロジェクトの全体像をきちんとつかみましょう。始まる前に、全体像をきちんと相手に説明することが大事です。それに、出席者それぞれがその会議にどんなミッションを持って臨んでいるのか、それを感じ取らなければいけません」

ここで、可士和さんに、打ち合わせで起こしがちな失敗を聞いてみました。

可士和さん「出席者全員にしゃべってもらおうと気を遣って、端から順番に意見を求めていく人なんかはいますが、それはあまりおすすめできませんね。どうしても前の人の意見に引っ張られるし、自分の番になるまでにあらかじめ意見を整理した発言になるので、面白いアイディアがなかなか出てきません」

でも、僕などはいろいろ気を回せるほうじゃないので、心配になってしまうと伝えると……

可士和さん「あなたにファシリテーター役を任命した人は、何か勝算があって任命したのだと思います。もうバッターボックスに立っている状態なので、失敗しても気にせず、とにかく思うようにやってみることです」

と、素敵なお言葉を頂きました。

5.ブレストでは、とにかくどんなくだらないことでもいいからしゃべる

ブレインストーミング、通称ブレストとは、参加者皆でアイディアを出し合う場です。面白いと感じる人がいる一方で、苦手だと思う方もいるでしょう。苦手な方はどうすればいいのでしょうか。

可士和さん「苦手だと思う人は、まず最初は誰かの言ったことに相づちを打つとか、そういうことからはじめてください。とにかく黙り込んでしまうのがいちばんいけないことです」

確かにブレストでは、何よりもまず口を開くことが重要です。可士和さんは著書の中でも“黙る人はボクシングでたとえるなら一度もパンチをださなかった人”と述べています。よい言葉ですね。それがどんなパンチであれ、繰り出すことから勝利は始まるのですから。

6.なかなか打ち解けられない人には、周囲の人にリサーチして、何か共通点を探す

これまで可士和さんにノウハウを展開してもらったけれど、人間には苦手な人というものが必ず存在します。もし自分にとって苦手な人が担当になったら、どうしているのでしょうか。

可士和「周りの人にリサーチするなどして、なんとか仕事以外の共通点を見つけ、雑談できるように努力することが大事です」

リサーチは大事ですね。共通点が1つもない人間はいないと思いますし、もしいたとしたらそれはそれで運命の人だと思うので、オープンマインドで取り組んでいきましょう。

また、相手の発言がいちいち気に障ったとしても、周囲によくよく話を聞いてみると、それなりの考えがあることもあるでしょう。そういう意味でも、周囲のリサーチは有効そうです。

まとめ

3276

今回可士和さんにお話を伺ってみて、とにかく自分がへたくそでも、目の前にいる相手が理解できなくても、とにかくしゃべろう、頑張って伝えようと思いました。
日本を代表するクリエイターが、ここまで打ち合わせに真摯に向き合っているのですから。

余談ですが、佐藤可士和さんの事務所では、本当に良いタイミングでコーヒーや炭酸水といったそれはそれはステキな飲み物が出てきます。
オリジナルブレンドのお茶が異常にうまかったので、今度は『佐藤可士和のおもてなしレシピ集』をぜひ出版してほしいと思いました。

参考:

 

【インタビューあれこれ】

言語学習サイト「Lang-8」代表の喜洋洋氏に学ぶ!賢くスキルを習得する方法

絶対に成功させたいインタビュー取材の経験から学んだ13のポイントとコツ

ライター初心者がインタビュー取材をするときに知っておきたい5つの手順

取材をうまく行おう!プロがまとめる取材のコツ10

LIGが上野経済新聞に掲載されました。

この記事を書いた人

こちらもおすすめ

佐藤可士和の打ち合わせ

佐藤可士和の打ち合わせ

  • 著者佐藤 可士和
  • 価格¥ 1,512(2015/12/03 16:23時点)
  • 出版日2014/11/08
  • 商品ランキング14,707位
  • 単行本(ソフトカバー)256ページ
  • ISBN-104478027145
  • ISBN-139784478027141
  • 出版社ダイヤモンド社