大寒波の中で「宇都宮オフ会」を開催したら心が温まった


大寒波の中で「宇都宮オフ会」を開催したら心が温まった

yuki01

ーー1月23日の夜、宇都宮は絶望的な寒さを記録した。

「23日は全国的に大寒波が襲う」その予報を聞いた私こと、ツベルクリン良平(@tube_ryo)は途方に暮れている。なぜなら、この日自身でも初めてとなるオフ会を開催する予定だったからだ。順を追って経緯を話そう。

1月20日に公開した以下の記事に

私はこう記した。

寂しいので、ぜひ遊びにきてください。時間がある人は、一緒にホラー映画でも見ましょう。

と。

「どうせ一人も来やしない」、そんな軽い気持ちで放った戯言だったが、蓋を開けてみれば数十件もの問い合わせがメールボックスを埋め尽くしている。

正直いって面食らった。

想像だにしなかった反響があったからではない。

この「事故物件オフィス」はホテルの一室であり、数十人もの人間が複数回出入りするのは現実的ではなかったからだ。どう考えても捌ける人数ではなかった。それくらい、嬉しい大誤算だった。

足りない頭で現実的な対策を思案してみる。もう方法は一つしかない。「オフ会」だ。

せっかく問い合わせをくれた皆さんと時間を共有するためには、もうオフ会しかなかったのだ。だが今日は、それをあざ笑うかのような大寒波の予報。神はなぜこうも無慈悲なのか。

 

それでも、オフ会を開催

19時

20160123-DSC_0548

オフ会の会場は「宇都宮みんみん」。”宇都宮と言えば餃子”だと言われて久しいが、このみんみんは宇都宮餃子の最高峰との呼び声高い名店だ。

宇都宮餃子は世界に名だたる餃子なので、みんみんはいわば”世界最高峰の餃子”なのである。オフ会の会場として、これ以上に最適なお店などない。

案の定、20時ラストオーダーだというのに長蛇の列ができていた。

 
20160123-DSC_0551

オフ会に参加してくれたのは4人。雪なので参加が難しいと連絡が相次ぐ中、「それでも大丈夫」とわざわざ来てくれた猛者たちである。

 

19時30分

20160123-DSC_0569

雪の中で待つこと30分。やっとの思いで入店。お腹はペッコペコだが、餃子が来る前に簡単な自己紹介をする。

dark 参加者:Follow The Darksideさん
ダンサー。わざわざ東京から来てくれた。ハンドルネーム「Follow The Darkside」は、別に闇に従っているわけではなくダンサーネームから取ったとのこと。
mini
参加者:ゆーいちさん
宇都宮の学生。大学生ミニマリストとしてテレビの取材を受け、桐谷美玲が自宅に来たこともあるらしい。羨ましすぎて苦悶。
jyo 参加者:渡辺さん
某メディアの編集者で宇都宮勤務の女性。菊池の記事が好きということで参加いただいた。どんなメディアで働いているかは不明。
mura 参加者:村木さん
動画視聴サイト『ビデオマーケット』勤務。同社の広報もかねて、雪の中にも関わらず東京から参加いただいた。イケメン。

まさか、こんな状況で本当に来てくれるなんて……。嬉しすぎて涙が出たが、ぜんぶ雪のせいにしておいた。

 
20160123-DSC_0571

自己紹介も終わったところで、さっそく乾杯をする。さぁ宴の始まりだ。

 
20160123-DSC_0574

こちらが、噂の焼き餃子。程よい焼き加減と女性でも食べやすい小振りなサイズがウリだそうだ。

何よりすごいのは、一皿230円という圧倒的な低価格だろう。仮に3皿食べても、わずか690円。安すぎて頭がどうにかなりそうだった。

 
gyoza

焼き餃子、水餃子、揚げ餃子。みんみんには概ねこの3種類のメニューしかない。選択と集中、餃子に自信があるからこその強気な構成なのだと思われる。

それを全員分一気にオーダーしてみると、あっという間に目の前が餃子の海みたいになった。

こんなに餃子まみれの食卓は初めてだったので、素直に「餃子ばっかだな」と思った。

 

 

20時30分

gazo01

1時間もしないうちに見事なほど空になった。”餃子という概念”が持つあらゆる可能性が皮の中に凝縮されており、なんというか滅茶苦茶おいしかったからである。

ちょうど餃子を食べ終わったころに、「そろそろ閉店なので」と声がかかり店を後にした。

 

1時間半でオフ会は終了

20160123-DSC_0589

こうして、雪の中で開催された「宇都宮オフ会」は静かに終わりを告げた。

雪で電車が止まる懸念もあったため、19時に集合し20時半に解散するという小学生の打ち上げみたいな会だったが、私にとっては大変貴重な経験だったと思っている。

LIGブログ読者との交流は初めてだったこともあるが、私や菊池やヨシキのように”世間との関わりを断絶している人間”にとって、この交流はとても温かいものだった。

ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございます。そのほかご連絡いただいた方も本当にありがとうございます。そして、宇都宮ありがとう。

 

ーー1月23日の夜、宇都宮は絶望的な寒さを記録した。

だがそれでも、私たちの心には確かな温もりが溢れていたのである。



この記事を書いた人

ツベルクリン良平
ツベルクリン良平 メディアディレクター 2014年入社
テキトーな感じで始めたブログのお陰で、LIGに入社できました。「企業寄生型ブロガー」として、新しい働き方を模索しています。
「ツベルクリン良平」って呼ぶのが恥ずかしい方は、「ツベ」にすれば割とマイルドになりますよ。