働き方インタビュー(経営者編)

「ぼくらはゲーマーが輝ける場をつくりたい」日本のK-1のような一大産業を創る|株式会社CyberZ


「ぼくらはゲーマーが輝ける場をつくりたい」日本のK-1のような一大産業を創る|株式会社CyberZ

スマートフォンに特化した広告マーケティング分野で、国内市場シェアNo.1を獲得している株式会社CyberZ。2012年12月に当時最年少でサイバーエージェントの取締役に就任した代表の山内氏は、創業2年目で迎えたフィーチャーフォン向け広告代理業からスマートフォン向け広告代理業への業態転換や、社運をかけたアメリカ支社の立ち上げを経て同社を成長させました。

CyberZがこれから新たに目指すのは、「日本で新たなゲームの一大産業を創ること」。世界で盛り上がりを見せつつあるe-Sports事業に参入し、2016年には同社主催のe-Sports大会「RAGE」を初めて開催します。同社が見据える日本のゲームビジネスとe-Sportsの未来についてお話を伺いました。

 

※e-Sports:操作に高度な技能が必要となる対戦型ビデオゲームを用いた競技のこと。スポーツ競技の一種としての電子ゲームである。

引用元:IT用語辞典 e-Words

Poole:アイコン_CyberZ様02 人物紹介:山内 隆裕氏
大学卒業後、サイバーエージェントに入社。2008年、モバイルサイト制作会社CyberX取締役に就任。2009年、モバイルマーケティング会社CyberZ設立と同時に現職に就任。また2012年より、サイバーエージェントのスマートフォン広告事業管轄、取締役に当時最年少で就任。
Poole:アイコン_CyberZ様0 人物紹介:中村 智武氏
2002年日本オラクルに入社、エンジニアとしてデータ分析を担当。2010年にフロンティアNEXT社のCTOに就任し、多数のアプリサービスをリリース。2012年にCyberZへ入社。スマホの広告効果測定ツール「F.O.X」の開発責任者を経て、現在は「OPENREC」の開発責任者を担当。

変わりつつある日本のゲームトレンドに新たなカルチャーを

cyber-z 山内隆裕氏

スマホゲームに特化した、高画質プレイ動画専用SDK(ソフトウェア開発キット)の「OPENREC」は、ゲーム中にプレイ動画を録画し、簡単に編集・シェアできる機能を搭載。また、ゲームに特化した動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」と連動しています。

山内
「OPENREC」立ち上げのきっかけは、誰でも手軽にスマホゲームの実況動画を楽しめるようにするという構想です。日本でも既に動画配信サービスはいくつかありますが、実際に配信をおこなうには少しハードルが高い印象があります。例えば、機材などの配信環境を整え、かつおもしろく話せる人でないと動画配信はやりづいらい雰囲気があるかと思います。「OPENREC」の立ち上げ当初はそんな動画配信のハードルを下げたいという考えがありました。

さらにゲーム動画を観るユーザーのモチベーションも上げていくために開発したのが、「OPENREC.tv」です。

山内
「OPENREC.tv」は、ゲーム動画を観るユーザーのためにつくったプラットフォームです。このサービスはゲームに特化し、ユーザーの嗜好に合わせた動画を配信していくことを目指しています。ゲームをプレイする人も、観る人も、それを楽しむためのハードルを下げて、ゲーム市場を盛り上げていきたいと思っています。

これまでスマートフォンに特化した広告マーケティング事業を展開してきた同社ですが、数あるジャンルの中で、なぜゲーム市場に特化した新規事業を展開するのでしょうか。

山内
現在、日本ではコンソールゲームが主流ですが、海外ではオンラインゲームも流行っています。ぼくはもともとオンラインゲームも好きなので、日本でもいつかオンラインゲームをプレイする人が増え、盛り上がっていってほしいなと思っていました。そして、その市場でe-Sportsなど新たな日本のゲーム文化を創っていきたいと考えていました。

OPENREC

OPENREC.tvの操作画面

日本におけるオンラインゲームの現状はいかがでしょうか。

山内
最近はスマホのゲームも含めてMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)が増えてきて、日本のユーザーもオンラインゲーム慣れしてきました。ゲームのプレイ動画を観るのであれば一人で楽しむゲームではなくて、複数人で同時にプレイしているオンラインゲームのプレイ動画の方が、やっぱりエキサイティングですね。

2014年9月に「OPENREC」をリリースしてから約1年、ユーザーにサービスを受け入れてもらうためには、デザインの改善が必要不可欠だったそうです。

中村
2015年10月から山内が総合プロデューサーとして開発チームに入って、抜本的に「OPENREC.tv」を改善していきました。あらためて心地いいユーザー体験とはなんなのか、と。ゲーム動画を観ることに集中してもらうために、その一つひとつのユーザー体験を突き詰めて考え、極限まで機能をそぎ落としました。

山内
スムーズに動画を読み込めなかったり、待たされたりするとユーザーはイライラしてしまう。機能は追加するよりも、減らすほうが大変です。ユーザーに受け入れられるための施策は、100人いれば100通りあります。サービス開発はユーザーに受け入れられる最大公約数をちゃんと理解した上で、運営をしていくことが重要だと考えています。

中村
目玉だった機能をはじめ、つくり込んだランキング機能や配信者に対する評価システムを外し、ユーザーが気に入ったものをフォローして、視聴することに集中できるようにしました。UIにおいても、画面のボタンは少なく配置してシンプルにしています。
山内
ユーザーにとって最適な動画をレコメンデーションする機能や、検索結果の正確性にはこだわっています。裏側ではすごくつくりこんでいますが、表面はわかりやすくシンプルにしています。ユーザーのアクションを極力減らしていくための本質は変わっていないですよ。

「このままでは赤字を黒字にするだけで大変な、労働集約型のビジネスモデルになってしまう」考え抜いた末に、スマートフォン広告へと業態変更を決意

cyber-z 山内隆裕氏

代表の山内氏はこれまで、株式会社マイクロアドや株式会社CyberX、そして株式会社CyberZと、3社の立ち上げを経験。株式会社CyberXでは役員として経営に携わってきました。恵まれた環境であったにもかかわらず、なぜ株式会社CyberZを創業したのでしょうか。

山内
CyberZを設立する頃、フィーチャーフォン向けの広告市場が大きくなってきた時期でした。PCを含めた広告代理事業であれば、国内ではサイバーエージェントがNo.1のシェアだったのですが、フィーチャーフォン広告となるとそうはいかず、また、メディア側に情報が集まっていました。そこで子会社を立ててモバイル分野に参戦することになったときに、ぼくの名前が挙がった。それがCyberZ創業の経緯です。

2009年に同社を設立してから、8期目を迎えるCyberZ。ターニングポイントは2012年の業態変更です。

山内
立ち上げのきっかけとなったフィーチャーフォン向け広告代理業ですが、最後発組でしたので、このまま続けていくと赤字を黒字にするだけで忙しい労働集約型のビジネスモデルになってしまう。それを続けていくよりも、どうせ会社としてやるのであれば、一番リスクがあるけど利益が大きいスマートフォン広告事業へ業態変更してみようと考え抜いて、決めました。親会社に融資を受けるためのプレゼンで拒否されれば、CyberZをたたむしかない。「GO」がでたら全力でやる覚悟ができていました。

こうして、スマートフォンに特化した広告マーケティング事業に舵を切り、国内だけではなくアメリカや韓国、台湾などのアジア地域で展開することになったのです。

山内
業態変更してからは好調でした。しかし市場の調子がいいと、他の広告代理店が参入してくるようになります。そこで独自の強みを作るためにスマートフォン広告の効果把握・分析が可能なソリューションツール「F.O.X」を開発しました。「F.O.X」は国内で初めてスマートフォンアプリ向け広告の効果測定を実現したこともあり、このツールを強みに業績を伸ばしていきました。しかし、同様のツールが世の中にでてくるようになり、「F.O.X」以外の強みをつくろうと次の一手をいつも考えていました。そんな当時、日本のクライアントがちょうどアメリカ展開を視野にいれており、このタイミングでアメリカ支社の立ち上げをやろうと心に決めました。事業においてタイミングは非常に重要ですので、渡米の準備を進め、すぐに数名のメンバーをつれてアメリカに行きました。

アメリカ支社立ち上げに対する多くの反対を押しのけて渡米した山内氏。現地ではどのような取組みをしたのでしょうか。

山内
いろんな媒体社の人と会って、「F.O.X」と計測連携できるように提案する日々でした。私自身が決裁者なのでその場で大きな金額の話ができるし、相手のメリットも鑑みながら営業していたので、結果として当初掲げていた目標数字を大きく上回ることができました。
中村
日本では長い間山内が不在だったので、社内では権限委譲が進みました。今まで山内が管理しなければいけなかった仕事を、部下が担わなければならないわけですから。
山内
社内はお尻に火がついた状態です。ぼくはアメリカにいますが、物理的に日本に社長がいないとなると、みんな焦る。後ろ盾がいなくなるような空間をつくることで、人は育つのですね。

「デートでサッカーの試合を観戦しに行きますよね?」ゲームも市民権を得た、エンターテインメントの一大産業にしたい

cyber-z 山内隆裕氏

スマートフォン広告事業への業態変更、さらに社長不在期間を経て、組織として強くなったCyberZ。同社が今後注力していく「OPENREC」の展望について、「ゲームの一大産業をつくる」と山内氏。

山内
2016年の1月に、当社で開催する初めてのe-Sports大会「RAGE」があります。e-Sportsとはエレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)の略で、コンピューターゲームやビデオゲームで行われる競技です。テレビよりも、ネットで動画を閲覧する時間が長くなる時代の流れは、スマホと動画がハブになって一気に加速しています。「OPENREC.tv」が動画のプラットフォームとして、ゲームをプレイしているユーザー同士の熱狂をいかに画面上で伝えられるかが鍵になります。この大会を成功させて、K-1のような一大産業にしていきたいですね。

日本でe-Sportsが成立する要件の一つに、「良質なコンテンツの調達」が鍵になると山内氏は説明します。ユーザー自らゲームのプレイ動画を投稿するか、大会の映像を流すかのパターンがあるそうです。

山内
オフラインで、実際にゲームを観戦しながらプレイヤーを応援する。その場の興奮を味わうなら、当然Webはリアルには勝てない。だからこそぼくらは「RAGE」を開催したり、2年連続で東京ゲームショーに出展したりしています。他の大会の映像を配信するだけなら他のプラットフォームだってできる。だからこそ自分たちがプラットフォーマーでありながらコンテンツも生み出していく環境づくりをする。e-Sports業界全体にもポジティブな影響を与えられるような存在でありたいと思っています。

ライブのように日本の全国各地を回って行くのはもちろんですが、いずれは世界でゲーム大会を展開していきたいですね。

同社が「OPENREC」事業を通してe-Sports業界全体にまで視野を広げているのは、なぜなのでしょうか。この理由について、「海外はゲームがスポーツとして認識されているから」と中村氏。

中村
任天堂やソニーなどの大企業が何社もいる日本はゲーム大国です。なのに、なぜかエンターテインメントとしてのゲームの産業は、まだまだ一般消費者に認知されていない現状があります。ゲーム人口そのものは多いにもかかわらず、ゲーム大会に足を運んだり、プロゲーマーになったりする習慣があまりない。ぼくらは素直に、ゲーマーが輝ける場をつくりたい。

cyber-z 中村 智武氏

「OPENREC」が目指す社会におけるゲーマーの立ち位置を、サッカーに例えて中村氏は説明します。

中村
サッカーをやったことがない女の子でも、好きなサッカー選手がいることもあります。場合によってはデートでサッカーの試合を観戦しに行きますよね? ゲームも同じ立ち位置のエンターテインメントまで持っていきたいです。今は話がうまい人のゲーム実況動画が流行っていますが、たとえそのプレイヤーの話がおもしろくなくても、純粋にプレイの巧さだけで際立っている人にファンが生まれ、子供が憧れるような場所にすることが「OPENREC」の考える世界観です。

山内
Jリーグは、サッカーをやらない人も含めて人気ですよね。あんなふうにチームができて、リーグが形成されていけば選手もスポンサー企業も儲かる。循環するエコシステムができると思います。e-Sportsが“市民権を得る”と言えばいいかもしれませんね。ぼくらはプレイヤーやゲームを観て楽しむユーザーを多方面からバックアップしながら、業界全体を盛り上げていきます。日本ならではの、e-Sportsの形を探っていきたいですね。

従来の一人で遊ぶゲームから、人との繋がりによって生まれる熱狂を楽しむゲームへ──オンラインゲームへと、日本人のゲームとの関わり方は徐々に変化してきています。

ゲームの名作を生み出してきた日本で“e-Sports”という新しいゲーム文化が根付く日は、間近にあるだろうと感じました。


furture_bnr


この記事を書いた人

タクロコマ
タクロコマ 外部ライター 東京
『灯台もと暮らし』編集者