LIGPR

もうすぐ2016年!LIGが年賀状にこだわる理由【事例あり】


もうすぐ2016年!LIGが年賀状にこだわる理由【事例あり】

こんにちは、社長のたかです。

2015年も残り1ヶ月と少しになりました。この時期になると準備しなければいけないのが年賀状ですよね。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、毎年LIGでは年賀状作りに全力を注いでいます。今回は、LIGの年賀状について少しご紹介できればと思います。
また、記事の末尾に年賀状のキャンペーン企画もご用意しました。年賀状のデザインやテンプレートにお困りの方は、ぜひ最後までお読みいただけると幸いです。

LIGのこれまでの年賀状

LIGでは、お世話になった企業さまに2013年から年賀状をお送りしています。海外においても、新年の挨拶のための似たような文化はあるのですが、年賀状を送る風習があるのは日本だけ

年賀状を送りはじめたきっかけは、企業としてしっかりしなくちゃいけないと感じたことです。LIGは2012〜13年あたりから取引先が増えたため、1つ1つの行事を大事にして信用に繋げようと思いました。

と言うのも、それまではクライアントと飲みに行けば仲良くなれるといった、顔を合わせるコミュニケーションでよかったのですが、取引先企業が増えてきてからは、そういった対応ができなくなっていました。
そんなとき、企業間でコミュニケーションをとれる方法だと思ったのが、1年の中にある行事や節目でしっかりと挨拶をすることでした。

こちらでは、年賀状を制作するにあたってどのようなフローで出来上がったのかを公開したいと思います。

2013年:The Beatles『ABBEY ROAD』のCDジャケット

2013

今回は、記事に載せる関係で、両サイドに帯を足しているのですが、実際にはCDのジャケットサイズのものを作りました。お送りしたのは300枚ほどでしょうか。

もう一人の社長であるゴウくんに「明日撮影するから、白い服を着てきてね」と言われ、「白い服かぁ……」と戸惑ったことを覚えています。

年賀状におけるコンセプトはなかったかもしれません(笑)ですが、取引先の方から「年賀状みました、ビートルズですよね?」というようなお声をいただけたので、人に覚えてもらう点では、インパクトのあるものは大事だと感じました。

2014年:レオナルド・ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』

2014

2014年には1,000枚くらい送るということだったので、せっかく送るなら印象に残るものがいいと『最後の晩餐』をLIGメンバーで再現することに。

こちらもゴウくんのアイデア。新年の挨拶に『最後の晩餐』は尖りすぎなんじゃないか、と少し心配したのですが、杞憂だったようです。取引先や読者の方から「面白い」という反響をたくさんいただきました。

実は、イエス・キリスト役をしているのが、前年の年賀状にも登場したエンジニアの小林。2013年は彼に助けられたことが多々あったので、救世主という意味で彼を抜擢しました。そういったLIGの歴史も含まれる1枚なので、いま見ても感慨深いです。

2015年:『HUNTER×HUNTER』幻影旅団

2015

2015年には1,400〜1,500枚ほど送っています。テーマは、わかる人にはわかる、『HUNTER×HUNTER』の「幻影旅団」です。LIGらしさを発信しようとしたときに、社内でもファンがたくさんいる漫画『HUNTER×HUNTER』の一場面を制作しました。

LIGらしさを常に発信することには意味があります。ふとしたときに「あ、そういえば……」と思い出してもらうことができるんです。思い出してもらえれば、「こういう仕事はLIGに頼もうかな」と思ってもらえるかもしれないですから。

また、LIGらしさというのは個性豊かなLIGの社員がいてこそ発揮されるので、メンバーをたくさん出演させられるこの場面を起用したのも理由の1つ。真ん中より少し右側の包帯でぐるぐる巻かれているのはCTOのづやくん。「俺じゃなくてもよかったんじゃない?」と言っていたのが印象的です。

なぜ年賀状にこだわるか?

ネクスウェイ1

「LIGが考える年賀状」について、ご紹介したいと思います。

企業理念にも通じる「こだわり」

なぜここまで年賀状1つ1つにこだわっているのか。理由は簡単で、制作会社として「年賀状もWebサイトも同じクリエイティブでやりたい」と思っているからです。

LIGは「イケてるものを作り続けること」にこだわっています。しかし、ただ自分たちがこだわっているだけでは意味がなくて「発信し続ける」必要があるんですよね。特に、年賀状は「年に一度」のものですし、誰がもらってもうれしいものですよね。取引先などに毎年、年賀状として「LIGらしさ」を発信することで「やっぱりLIGさんはおもしろいね」と思っていただけるようにこだわっています。

また、LIGの企業理念である「Life is Good 〜わくわくをつくり、みんなを笑顔にする〜」にあるように、年賀状1つをとってもわくわくしてもらったり、取引してラッキーと思ってもらえるようなプレミアム感を感じてもらいたいんですね。

「無駄なことは無駄じゃない」というカルチャー

これはLIGの社風なんですが、無駄なことに全力を注ぐことが価値を生むと考えています。と言うのも、年賀状って送らなきゃいけないもので手間がかかって面倒なものじゃないですか。
そんな年賀状を中途半端にやると本当に無駄になってしまうんですよね。だけど、そこに全力を注ぐことで無駄じゃなくなり、価値が生まれる。

もちろんすべての人にその価値を認めてもらえるわけではないのですが、ある一定数の人がその価値を買ってくれるんです。もちろん、コスパがいいのか悪いのかわからないものに全力投球する企業も多くはないので、その希少性に価値を見出してくれているのかもしれませんし、あるいは、クリエティブに対する姿勢を評価してもらえているのかもしれません。
LIGとしても、費用対効果がいいのかどうかわからないものに注力している企業さんには“他の仕事も力を入れてくれるのだろう”と、一緒にお仕事したくなります。

また、コスパの話を少ししましたが、年賀状はそれで言えば積み立て貯金のようなものだと考えています。信頼もブランディングも何事も、積んでいくことが大事だと思うんです。それがいつ返ってくるのかはわかりませんし、返ってこないかもしれませんが、クリエイティブを仕事としている企業なので、LIGとして世に出すものは年賀状1つをとっても無駄ではなく全力を注ぐべきだと思っています。

これまでの年賀状の効果について

はじめは「おもしろいことをやりたいな」くらいではじめたのですが、年賀状を送り始めて効果を感じたのは年が明けたときに挨拶のアポイントが取りやすくなること。
印象に残るような年賀状だと、Facebookなどを通して「見たよ!」とか「面白いね」などのメッセージをいただけることもあるので、きっかけが作りやすくなりました。また、営業ははじめにアイスブレイクから入ると思いますが、そういった際に年賀状の効果は大きいです。

加えて、年賀状を送ることで「あ、気にかけてくれているんだな」と思っていただけるというのも、大きなメリット。“売って終わり”の関係性では寂しいので、ずっとお付き合いができるような関係でいたいですよね。クライアントさんとは取引だけではないお付き合いもできたらいいと思っているのですが、年賀状を送ることで信頼関係を築くのに役立ちます。

LIGという会社が忘れられてしまっては営業をしたり信頼関係を築いたりすることもできないので、年賀状を送ることでLIGらしさを発信しつづけ、お送りしたクライアントにすこしでもわくわくを届けられたらいいなと思います。

今年もお楽しみに!

ネクスウェイ4

今年も年賀状のために社内でプロジェクトチームを発足し、絶賛稼働中です。
年賀状のデザインについては、LIGブログ編集部やデザイナー、社員モデルなどのアサインが必要となってくるのですが、実は管理部の方でも年賀状の送り先や料金について、さまざまな方面で動いてくれています。

今年はネクスウェイさんの「営業の年賀状」を利用させていただくことに。改めて「営業の年賀状」を紹介させてください。

年賀状ならネクスウェイの「営業の年賀状」

nwSS
https://www.eigyo-nenga.jp/

「営業の年賀状」では“相手との関係性を強化する”というコンセプトを掲げているんです。まず、そのコンセプトに共感したので、使いたいと思いました。
次に、料金が安いことに注目しました。本来なら、官製ハガキ代・印刷代で1枚100円のところを、本年度はずっと10%OFFの90円でしてくれるそう。加えて、宛名印刷代・ポスト投函費が無料なので、何百枚〜何千枚も年賀状を送る企業にとってはありがたいですよね。

他にも、デザインのテンプレートがあり、3大ニュース(自分やチームのニュースが入れられるもの)を簡単に書けたり、一筆書きをするために自社戻しすることもできるんです。チームや企業のニュースなどを年賀状で発信することができるので、インパクトを残すことができます。
大きい企業さんであれば、クライアントと関わったチームのニュースを入れるのもいいかもしれません。チームにフォーカスしたニュースのある年賀状は、より親身に感じることができて記憶に残るので、相手との関係性の向上にも役立ちそうです。

企業の年賀状はどのくらい営業について効果があるかわからないからこそ、相手との関係性を強化してくれるようなものを選べたらいいですよね。ぜひ、チームや企業としてのインパクトを残すことができ、費用もおさえられる「営業の年賀状」を試してみてはいかがでしょうか。

「営業の年賀状」を試してみる

「LIG × 営業の年賀状」のコラボ企画!

「相手との関係性を強化する」「年賀状は営業ツール」そんなコンセプトに共感させていただいた「営業の年賀状」さんと、今回2つのコラボ企画を実現しました!

  • 1社限定!駆け出しデザイナーのんちゃんがデザインします☆オリジナル年賀状フォーマット
  • 駆け出しデザイナーのんちゃんがテンプレートを制作♡年賀状デザイン配布
nonchan2 人物紹介:のんちゃん
のんちゃんは、10月からLIGにジョインした駆け出しのデザイナー。申年生まれ。

のんちゃんは駆け出しデザイナーですが、既にLIGブログのバナーやアイキャッチ画像の制作をおこなっています。そんなのんちゃんと「営業の年賀状」さんのコラボ企画です。

1社限定!駆け出しデザイナーのんちゃんがデザインします☆オリジナル年賀状フォーマット

こちらは、のんちゃんが1社限定でオリジナルの年賀状フォーマットをデザインする企画。撮影などものんちゃんが企業さまに伺っておこないます。今回は応募企業さまの中から抽選で1社限定なので、ぜひ奮ってご応募ください。
広報担当者さまやチームメンバーの写真を使ったデザインをされたい方におすすめです。

※コラボ企画の応募規定については、以下をご確認ください。

・抽選締切日は12月4日(金)終日となります。
・抽選結果は12月7日(月)にメールにてご連絡をさせていただきます。 (当選者様のみ連絡いたします)
・本企画に当選した場合、「営業の年賀状」サービスをご利用いただく必要がございます。(こちらは正規価格でのご利用となります)
・オリジナル年賀状デザインの制作に際して、お打ち合わせ、撮影などのお時間をいただく必要がございます。詳しい日程などは当選者と調整の上決定します。
・オリジナル年賀状デザインの納品日は12月18日(金)を予定しております。

>>応募する<<

駆け出しデザイナーのんちゃんがテンプレートを制作♡年賀状デザイン配布

sample1127nexway

また、年女ということで出血大サービスで、テンプレートも制作してくれました。こちらは、下記のURLから「営業の年賀状」さんに登録すればどなたでもお使いいただけれるので、ぜひご利用ください。

※テンプレートをご使用の際は、「LIG」というタグをご選択ください。

>>テンプレートデザインを使用する<<
 

この記事を書いた人

たか
たか Founder and LIG Int'l CEO 2007年入社
Founder and LIG International CEOの岩上です。主に制作、人事、その他諸々を担当しています。
経歴:学生時代にモバイルマーケティング、ITベンチャー企業数社に参加する。在学中からアーリーステージを対象とした独立系投資会社にて、投資業務、コンサルティング業務に従事。2007年、株式会社LIG創業。