壁が、机が、頭蓋骨が震える!ポータブルスピーカーのベースエッグを試してみた。


壁が、机が、頭蓋骨が震える!ポータブルスピーカーのベースエッグを試してみた。

こんにちは、LIGの吉原ゴウです。

みなさん、音楽は好きですか?
俺は大好きなんですが、持ち運びができるポータブルスピーカーで革命が起きそうな商品を見つけたのでまずは以下の動画をご覧ください。

 

はい!

これ、どういうことかと言うとこのスピーカー自体は音を共鳴させるエンクロージャー(筐体)を持っておらず、振動だけをさせると。なので、こいつを乗っけた箱がそのままスピーカーになるという仕組みみたいです。

つまり……

 

egg_L-8

このようにダンボールに乗せれば、ダンボールがスピーカーになり……

 

egg_L-3

寿司桶に乗せれば、桶がスピーカーになるのです。

 

色々なものに乗せて音を出してみましたが、材質や大きさによって音質がガラッと変わってくるので、それもまた面白いなと思いました。それでは、レビューしてみましょう。

シーカヤックの場合

egg-3

メチャクチャ良く鳴るw

さすが、カヤックです。構造的にスピーカーに似ているので、どうかなーと思いましたが、かなり良い音質と大きいボリュームで鳴ってくれました。

SUPの場合

egg-4

形状的には大きめのサーフボードなのでどうかなーと思いましたが……うーん、箱ではないのでカヤックに比べると鳴りがイマイチですね……。

犬の餌入れの場合

egg-7

小さいですが箱型なので、それなりに鳴ります。が、材質が金属なので、非常に硬い、キンキンとした音が鳴りました。

タライの場合

egg-8

大きな密閉型の箱ということで、ボンボン、かなり大きな音で鳴ってくれました。かなり良い!

金属製の郵便受けの場合

egg-10

こちらも金属っぽく、非常に硬い音で鳴りました。思ったよりボリュームは出なかったのは、多分接触部分が丸くなっているからかな?

ボックス型のベンチの場合

egg-11

収納も兼ねたベンチ。全体からズンズン音が鳴っていますが、座っているとお尻に振動が直接来るので、イマイチかも。

スケボーの場合

egg-15

全然鳴りません……。

かすかに音が聞こえるくらいです。

 

egg-16

が、裏向きにしたらメチャクチャいい音で鳴ってくれました。たぶん、木が反っている部分と地面で空間ができたことで反響が生まれたせいかなと。

このように、同じ素材でも、ベースエッグを置く位置、素材の向きによって出てくる音が全然違うのが面白いですね。

カホンの場合

egg-23

こちらはそもそもが楽器なので、期待していたのですが……

さすがにボリューム、音質、ともにかなり高いレベルで鳴ってくれました。

さすが楽器。

ギターの場合

egg-19

Martin 000というモデルのギター。(10年前、借金して買った思い出のやつ)

 

すごーーーーーーw

 

egg-25

今までの筐体がアホらしくなるくらいにしっかりとした、そして細やかな音で鳴ってくれます。

やっぱりギターはMartinですね。

とりあえず、Jack Johnsonを流したのですが、まるで本人が目の前でギターを弾いているのでは?という謎の感覚に襲われました。謎です。

車の場合

egg-27

車だってでっかい箱なわけです。

鳴るかな〜と思って試してみましたが、これはかなり良い

車全体から音が出るような感覚でした。新しいぞこれは!

まとめ

egg-33

と、言うわけでベースエッグ。

持ち運びが簡単で、Bluetoothで接続できて、最大10時間ほど動くスピーカー。設置するものの大きさや材質によって鳴る音が変化するというのが面白いなーと思いました。

棚とか、車の上とかに設置すれば、どこから鳴っているのか分からないけど、音がする、みたいなこともできるのかなーと。色々と使い道はありそうですね。

LIG LIKEで販売中です

egg-7

と、言うわけでこのベースエッグ。

LIGのオフィシャルECサイト、「LIG LIKE」で絶賛発売中です。

興味のある方は、ぜひ買ってみてくださいね。

 

あ、ちなみに頭に直接当ててみたら、なんか頭蓋骨の方から音がしましたが鳴りはイマイチでした。

 

以上、ゴウでした。

この記事を書いた人

ゴウ
ゴウ 代表取締役 社長 2007年入社
中学校を卒業後に専業農家にて働くも、体力的な理由からわずか1年で転職。その後料理の道へ進むも体力的な理由からわずか1年で転職。その後、夏はアウトドアスクール、冬は雀荘やアダルトショップというダブルワークを精力的に続けるも、23歳で体力的な限界を感じウェブデザイナーへと転職。しかし2年後に体力的な限界を感じた事から転職を試みるも失敗。仕方がないので起業し今に至ります。今日も元気です。よろしくお願いします。