WebエンジニアがWindowsからMacに乗り換えて感じた5つのメリットと、3つのデメリット


WebエンジニアがWindowsからMacに乗り換えて感じた5つのメリットと、3つのデメリット

こんにちは!
フロントエンドエンジニアのせいとです。

実は今年の夏頃、こっそりMacBook Airを買いました。
今まで約15年間、ずっとWindowsユーザで、Windowsと共に笑い、Windowsと共に誓い、Windowsと共に歩む人生を送ってきました。
しかしながら、周りのエンジニアやデザイナーに何度も「Macのほうがいいよ」と言われ続け、とうとう心が折れました。

ついにMacを買いました。Mac良かったです。

そんなわけで今回は、僕がMacBook Airを買って良かったと感じたこと、悪かったと感じたことについて、つらつら書いていきたいと思います。
(※純粋にOSが違うことによるメリット・デメリットを書いています。スペックなどは評価の対象外です)

ついでに今回買ったMacのスペックも晒しておきます。操作感もコスパ的にも良い買い物だったと思います。

PC MacBook Air
メモリ 8GB 1600 MHz DDR3
OS X 10.9
プロセッサ 1.4 GHz Intel Core i5
ストレージ 128GB
ディスプレイ 13インチ

Macを使い始めて感じた5つのメリット

メリット1. 起動が速い!作業も続きからできる!

win-mac-c

実際に計測したわけではありませんが、起動のスピードが全然違います。
そのうえ、電源を消しても直前まで作業していた内容をPCが記憶し、次回起動時にアプリケーションが立ち上がり、続きから作業できるというスマートさがあります。(設定でオフにもできます)

メリット2. 複数モニターがあるような感じで作業できる

win-mac-e

Macではデスクトップを切り替える、という操作ができますが、おかげで気持ち的に複数のモニターで作業している感覚が得られます。

実際フロントエンドエンジニアの場合、デザインデータ、エディタ、ブラウザの3つを同時に操作することがよくありますが、この機能があるとMac1台でもけっこう仕事が捗ります。

とはいえ、上記のイメージ画像はちょい大げさでした。実際はこんな感じです。僕の場合は普段2〜3のデスクトップを使い分けています。

win-mac-sc

メリット3. 持ち運びが楽でバッテリーも長いので勉強が捗る

win-mac-a

僕は家ではだらだらしちゃう性格なので、集中したいときは喫茶店やコワーキングスペースに行くことが多いのですが、重いノートPCとマウスと電源持って出かけるのが億劫だったんですよね。

それがMacだと(というよりMacBook Airに関してだけ言えることですが……)薄くて軽い、なのにパワフルです。マルチタッチトラックパッドもあるので、マウスがなくても困らない操作性です。

休日だるい日でも、起きてそのままMac1台だけ持って喫茶店に行って、数時間作業できるのは大きいと感じました。
持ち運びが楽なので、勉強会に参加するときなどもストレスを感じません!

メリット4. 新しい技術を取り入れやすい

win-mac-b

エンジニアにとって、このメリットはとても大きいです。
たとえばGruntやSassをインストールするとき、Windowsだとすんなりいかないことがしばしばありました。とくにコマンドプロンプトが絡むと大抵トラブります……。

Macだとそういうことが少なく、またネット上での情報も多い(と感じる)ため、新しい技術を取り入れやすいです。

メリット5. 効率化のためのアプリが豊富

win-mac-d

もちろんWindowsにもすばらしいアプリケーションはたくさんありますが、Macのアプリケーションのほうが魅力的なものが多いと感じました。
とくに個人的に恩恵が大きかったのは以下になります。

  • iTerm2
    ターミナルの上位互換的なアプリ。当然コマンドプロンプトより使い勝手がいいです。
  • Finder & XtraFinder
    マイコンピューターのMac版とその拡張アプリ。とても操作しやすいUIです。
  • Automator
    ざっくりいうと、Photoshopのアクションツールでできる作業の自動化が、PC全体でできます。
  • Dash
    スニペットを登録&カスタマイズできます。タイピングスピードが超上がります。
  • Keynote
    PowerPointのMac版。PPよりも簡単に綺麗な資料が作れます。デザインにこだわる人はぜひ。

※Finder、Automator、Keynoteはデフォで入ってます!

Macを使い始めて感じた3つのデメリット

さて、ここからはデメリットについてです。
Macを使うようになって得られた恩恵のほうが大きいのですが、Webエンジニアとしては少なからずデメリットも感じました。

デメリット1. Windows側とのデータのやり取りが面倒

Macで作ったデータをzipでWindows側に送ると文字化けしてしまいます。
WinArchiverなどのアプリを使えば解決できますが、Windowsではもっと簡単にデータのやりとりができたので、ちょっと残念なところです。

デメリット2. フォントが綺麗すぎる

普通に考えたらこれはメリットのように思えますが、作り手としてはこれはまずいです。

Macではテキスト部分のフォントにアンチエイリアスがかかりますが、Windowsではそれがないので、一部のテキスト(とくにWebフォント)がめっちゃ汚く見えます。

デザインは綺麗だけど、実装してみたら何これ汚い……なんてことが起こるため怖いです。

デメリット3. 一部のアプリが使えなくなった

これはまぁしょうがないことですが、辛いです。
とくに、Windowsアプリには、コピペが超楽になるCliborというアプリがあります。
Macにも似たようなものはいくつかありますが、Cliborの使い勝手の良さには及ばないと感じました。

Cliborの詳細は、以前「便利ツール“Clibor”で“コピペ作業”を10倍楽にする方法」という記事を書いているので参考にしてください。

結論

さて、Windowsを長年使い続け、Macユーザになった僕ですが、結論としてはWeb制作に関わるクリエイターなら、WindowsもMacも両方使えた方が良いかもしれません。

作り手としてはMacの方が仕事は捗るでしょう。
しかしながら、PCユーザの大半はWindowsなので、ユーザに最適なコンテンツを提供するならば、Windowsユーザの視点も持ち合わせた方がいいかと思います。

というわけで僕は今、両方使いながら仕事しています。なかなかいいですよ、これ!

この記事を書いた人

せいと
せいと フロントエンドエンジニア 2012年入社
最近フロントエンドエンジニアになりました。
第一回HTML5カルタ大会で優勝しました。
休日の過ごし方は、"Jazz Barでスコッチを片手に『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読む"です。

こちらもおすすめ

最強のCSS設計 チーム開発を成功に導くケーススタディ

最強のCSS設計 チーム開発を成功に導くケーススタディ

  • 著者堀口 誠人
  • 価格¥ 2,376(2015/11/06 18:14時点)
  • 出版日2015/10/24
  • 商品ランキング23,728位
  • 単行本208ページ
  • ISBN-104797384557
  • ISBN-139784797384550
  • 出版社SBクリエイティブ