海外で働きたい人募集!ver.3 / LIGセブ島支社
海外で働きたい人募集!ver.3 / LIGセブ島支社
2015.04.03

Photoshopのショートカットを有効活用して作業の効率化を図ろう!

(編集部注:2013年03月13日に公開された記事を再編集したものです。)

こんにちは、デザイナーの王です。
ぼくは、ショートカットが使えるなら極力ショートカットを使っているショートカット野郎です。

英語で言うところの「ショートカット」は、「近道」を表しているというのはみなさんご存知ですよね。
方向音痴の方は別として……近道があれば、誰しも遠回りしようだなんて思わないはずです。リアルな世界では重度な方向音痴の僕ですが、パソコンワールドとなれば近道ばかりしています。

今回は、プロ向けに選びに選んだPhotoshopの意外と知られていない隠れショートカットを一挙に紹介します。

ショートカットの1つでも、知っているのとそうでないとでは天地の差がついちゃいます!

出典:私

ということで、「あなたが知らないかもしれないPhotoshopの超絶便利なショートカット!」と題して、ひたすらショートカットを書きます! あなたの役に立つショートカットはきっと見つかるはずです!

本記事で書かれたショートカットはMacを基準にしていますが、Macでのcommandキーはほとんどの場合Windowsのctrlに相当します。今回の記事はcommandで表記させていただきます。


【こちらもおすすめ】
「Webデザインを効率化するPhotoshopの機能まとめ」

テキスト関連

command+Enter

テキストの入力後、マウスで他のツールアイコンをクリックしてテキスト入力モードから抜けるようにしている人を結構高確率で見かけます。実はこのショートカットで同じことができます。
ちなみに、escを押せば、編集したテキストを元に戻してから抜けることができます。

command+H

個別の文字を選択したとき、色が反転されて見づらいですよね。このショートカットでそれを消すことができます。
色を変えるときとか、確認しやすくて超便利!

command+Shift+<or>

フォントサイズを2ポイントずつ大きく、あるいは小さくする。

※さらにaltを併用すると、10ずつにできます

alt+or

カーニングあるいは文字間隔を、20ずつ詰めたり空けたりできるショートカット。

※カーソルが文字間に置いてある状態ではカーニング、文字や行を選択した状態では文字間隔を調整するようになっています。

※さらにcommandを併用すると、100ずつ調整できます。

alt+or

1ずつ行間の調整が行えます。

※さらにcommandを併用すると、5ずつ調整できます。

alt+Shift+or

1ずつベースラインの調整が行えます。

※さらにcommandを併用すると、5ずつ調整できます。

command+Shift+LorRorC

テキストの行揃えができます。

  • [L]:左揃え
  • [R]:右揃え
  • [C]:中央揃え

command+Shift+alt+A

行間の設定を初期値に戻すことができます。

command+Shift+alt+K

大文字と小文字の切り替えができます。