完全オフ

ハダカの男のエンターテインメント。シンクロ集団「iNDIGO BLUE」との出会い

ハダカの男のエンターテインメント。シンクロ集団「iNDIGO BLUE」との出会い

とある日の事。台東区にある普通のWEB制作会社LIGでは、その日も社員一同黙々と、淡々と業務に取り組んでいた。

 

「コンコン」

 

そんな静かなオフィスに、ドアをノックする音が聞こえ、それに応える様に扉を開けた。

 

 

 

ここまで乳首2つ

『iNDIGO BLUEでーす!!』

 

 

 

ここまで乳首4つ

『YEAH!!!』

 

 

 

ここまで乳首6つ

『入りますよー。』

 

 

 

ここまで乳首8つ

『失礼します。』

 

 

 

ここまで乳首10つ

『俺やで!!!』

 

 

 

合計で10乳首

『ボーイズシンクロエンターテインメントチーム iNDIGO BLUEです。』

 

 

 

え、なんなの?

icon4『あの……いきなり、どういうことですか? ボーイズシンクロ?』

 

人物紹介:そめひこ
icon4 
LIGのディレクター。仕事に対して情熱を燃やす。

 

 

 

………。

『……なにが?』

 

 

 

面白いじゃん

icon4『いや、なにが、じゃなくて。全体的に意味がわからないのですが…』

 

icon1『まぁまぁ、そめちゃん。別にいいじゃないの。』

 

人物紹介:紳さん
icon1 LIGのメディア事業部・部長。基本的に男には驚くほど優しい。

 

 

 

お手並み拝見といこうか

icon1『見せてもらおうよ。彼らのシンクロってやつをさ。』

 

 

 

マジでやるの?

icon4『いや、でも、みんな仕事中ですしね…』

 

icon1『彼らも、これが仕事なんでしょう。仕事には仕事で対応する。最低限のマナーはシンクロされているよ。』

 

icon4『意味がわからないです。アンタ、何を言ってるんですか。』

 

 

 

 

 

〜結局、オフィスでシンクロしてもらう事になりました。〜

 

 

 

 

 

ミュージックスタート!

『ミュージック、スタート〜! スウィンギーン!!!!』

 

 

 

ソレソレソレソレ!

『ソーレッ ソーレッ ソーレッ ソーレッ!!』

 

 

 

ファイヤー!

『おりゃ〜!!』

 

 

 

 

 

 

 

…………。

 

 

 

 

 

 

 

ソイヤッソイヤッ!

『フンフンフンフン!!』

 

 

 

オラオラオラオラ!

『ムキムキッ!!』

 

 

 

俺やでっ!

『俺やで!!!』

 

 

 

 

 

 

 

…………。

 

 

 

 

 

 

 

どやっ!

icon2(…そめひこさん …聞こえますか、そめひこさん)

 

 

 

icon3(……! この脳に直接話しかける感じ…紳さんですか?)

 

 

 

icon2(そうです。今、アナタの脳に直接、語りかけています。)

 

 

 

icon3(なんで、フリーザみたいな口調になるんですか。)

 

 

 

icon2(わかりません。これもシンクロの効果でしょうか。)

 

 

 

icon3(で、これからどうすれば良いんですかね、僕達)

 

 

 

どやどやっ!

icon2(動いてはいけません。この方達、割りとガチでヤバイですよ。)

 

 

 

icon3(ええ、なんとなくわかります。でも、パフォーマンスはすごいですね。)

 

 

 

icon2(はい。これこそ正にエンターテインメント。心の結びつきが弱くなりつつある現代社会において、シンクロ空間を創りだすとはこういう事です。)

 

 

 

icon3(身体を鍛えたり、パフォーマンスの練習をしたり。すごい努力をされているんでしょうね。しかし、どうしてアポを取る努力だけは省かれたんでしょうか。)

 

 

 

どうなんや〜?

icon2(ささいな事など、忘れなさい。今はこの空間とシンクロする事に神経を集中させるのです。)

 

 

 

icon3(わかりました。でも、できれば仕事中のオフィスじゃなくて、ちゃんとした会場で観たかったですね。結婚式場のプールや、クラブのダンスフロアとか…)

 

 

 

icon2(でも、そうはならなかった。ならなかったんです、そめひこ。だから、この話はここでお終いなんです。)

 

 

 

フィニッシュ!

『Finish!!』

 

 

 

別アングルでもフィニッシュ!

『別アングルでもFinish!!』

 

 

 

 

 

 

 

…………。

 

 

 

 

 

 

 

良かったでしょ?

『仕事のストレス、吹き飛んだでしょう? これがシンクロですよ。』

 

 

 

また来まーす!

『またいつでも呼んでくださいね〜!』

 

 

 

それじゃーなー!

『グッバ〜イ! からの〜』

 

 

 

去り際の俺やでっ!

『俺やで!!!』

 

 

 

…。

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

テレパシー

icon2(迫力があって、素晴らしいパフォーマンスでしたね。そめひこさん。)

 

icon3(ですね。次は水の中でのパフォーマンスも見てみたいです。)

 

■ハダカの男のエンターテインメント|iNDIGO BLUE 公式facebookページ

 

■公式プロモーションビデオ

 

■iNDIGO BLUE公式ブログ

この記事を書いた人

紳さん
紳さん メディアクリエイター 2016年入社
メディアクリエイターの紳さんです。
商品やサービスの宣伝、PRの為の効果的な企画、マーケティング手法を0ベースから考え、最良な予算の使い方をご提案するような人物に憧れています。

最近、Twitterを始めました。


クライアントに寄り添い、抱える悩みを自分ごとのように消化できるような、そんなクリエイターを目指しなさい、と母に言われて育ちました。