地域の観光商品、体験を売買できるウェブサービス「TRIP」をリリースしました。


地域の観光商品、体験を売買できるウェブサービス「TRIP」をリリースしました。

こんにちは、LIGの副社長ゴウです。

昨日、プレスリリースを出して発表させていただいたのですが、LIG100%の子会社より新サービスの「TRIP」をリリースさせていただきました。と、同時に俺は株式会社TRIPの社長に就任いたしました。ありがとうございます。ついに社長です。

TRIPってどんなサービス?

1

TRIPは簡単に言うと、日本各地にある魅力的な観光商品、体験などを誰でも気軽に売買する事が出来るサービスです。

売買出来る、というのがポイントで、買うだけでなく売る事も出来ます。例えば、自分の趣味をベースに、土日だけガイドをしてみるとか、何かワークショップを開催する際にTRIPを使って販売するとか、そういう使い方が出来ます。もちろん、既存の観光事業者の方々には自身の商品の販促としてご利用いただく事も可能です。

わくわくを見つけ、届ける

4

TRIPのビジョンは「わくわくを見つけ、届ける」です。

日本中にあるわくわくするような観光商品、体験を見つけ、それを欲しているユーザに届ける。そんなサービスを目指しています。

このサービスをきっかけに、これまで埋もれていたような観光商品などが流通に乗り、売れる事で地域に人が流れ、消費が促進され、雇用が生まれれば、もっと地域経済は盛り上がるのではないかと考えています。

観光商品を売る事のハードルを下げる

3

地域経済を観光の面から盛り上げるには、まず「観光商品を売る」という事のハードルを低くする事が一番だと考えました。

物販であればいくらでも利用出来るサービスはありますが、観光、体験サービスを売ろうとすると選択肢があまりないのが現状で、大手代理店では取り扱えないような小さな観光商品などは、ウェブで売るのがとても難しいのです。

そのような課題を解決する為に、まずは誰でも簡単に観光商品を売る事が出来る、その為のプラットフォームを目指しています。

例えば、そもそも当たり前と感じてしまっていて商品にならないと思っているような体験。実はそういうものをお金を出してでも体験したいという人はいるかもしれません。

  • お寺のお掃除体験
  • つくし、フキノトウ採り体験
  • 雪下ろし体験
  • 猟師体験
  • 木こり体験

こういった商品を簡単に売る事が出来る仕組み、それがTRIPです。

今後の課題

2

今後の課題として、以下のことを考えています。

  • “売れる”為の購入ユーザーの獲得
  • “売れる”商品を揃える為の事業者の獲得
  • 自治体と共同での地域活性化
  • 観光商品、体験の売買に対する意識改革

正直、仕組みを作ってリリースしただけなので、まだ何も始まっていないと思っています。

この先、実際に商品が売れて、人が地域に行き、その積み重ねで地域経済が活性化する事がTRIPの目指す所です。その為にどのような仕組みを作り上げ、事業者、旅行者、地方自治体のそれぞれに利益を提供できるかなど、やることは山積みですが、色々と楽しみながらやっていけたらと思っています。その上で、こういった商品がネット上で気軽に売買できるようになればいいなぁと。

TRIPをきっかけで、少しでも地域に興味を持って、出かけるきっかけが作れたら嬉しく思います。

 

LIGが送る新サービス、TRIPをどうぞよろしくお願いします。

この記事を書いた人

ゴウ
ゴウ 代表取締役 社長 2007年入社
中学校を卒業後に専業農家にて働くも、体力的な理由からわずか1年で転職。その後料理の道へ進むも体力的な理由からわずか1年で転職。その後、夏はアウトドアスクール、冬は雀荘やアダルトショップというダブルワークを精力的に続けるも、23歳で体力的な限界を感じウェブデザイナーへと転職。しかし2年後に体力的な限界を感じた事から転職を試みるも失敗。仕方がないので起業し今に至ります。今日も元気です。よろしくお願いします。