• LIGの広告成功事例
WEB

PCの起動が速くなる!フリーソフト「NexusFont」でフォントを管理、整理しよう

PCの起動が速くなる!フリーソフト「NexusFont」でフォントを管理、整理しよう

こんにちは。デザイナーのせいとです。

突然ですが、皆さんのPCには何種類くらいのフォントがインストールされていますか?
ご家庭のPCならそんなでもないでしょうが、デザイナーさんの仕事用PCなら結構な種類があるんじゃないでしょうか。

困ったことに、豊富な種類のフォントをインストールしてると起動時に毎回PCが全てのフォントデータを自動的に読み込んでしまうので、起動時間が長くります。(´Д` )
じゃあどうすればいいのかっていうと、フォントデータを使う時だけインストールして、使わないときはアンインストールすればいいんです。

その作業を普通にやってたら超面倒くさいでしょうが、フォント管理ソフトを使えば楽にできます!

そこで今回、Noh JungHoon氏のフリーソフト「NexusFont」を使わせていただくことにしました。
これを使えば、「フォントデータを使う時だけインストールし、使わないときはアンインストールする作業」が簡単なんですね。

また、その他にもデザイナーには以下のような嬉しい特徴が!

  • 「ポップ系」「マジメ系」といった具合に、フォントを自由にグループ分けして整理できる。
  • カラーやサイズなどもいじりつつ複数のフォントを一度に並べて確認できる(デザインする時に使えます)。
  • DropBoxやUSBにフォントを入れて携帯することで、どこのPCからでもお気に入りのフォントが楽に使える。

もうこれはインストールするしかないっすね!
ではでは、今回は5つのステップを踏んでお話ししていきます。

(※NexusFontはWindows&iPhone用アプリです。Macの方は標準で搭載されているFont Bookを使うと幸せになれると思います。)

ステップ1. インストールと画面説明

まずはこちらの公式サイトからファイルをダウンロードしましょう。ファイルを開くと自動的にインストールが始まります。

画面はこんな感じです。
インターフェース

  1. フォントが表示されるところ。
  2. フォントのサイズとか色を変更して確認できるところ。
  3. フォントの保存先。ライブラリ=フォルダみたいなものです。
  4. フォントをグループ分けできるとこ。セット=グループみたいなものです。
  5. フォントをアンインストールできるボタン。たまになぜか削除できないフォントなどありますが、これで大体消去できます。

ステップ2. フォントを移動させる

次に、任意の場所にフォルダを作り、「C:Windows/Fonts(初期位置)」からフォントを移動させましょう(初期位置から移動させないと起動時にPCが自動で読み込んでしまいます)。
ただし、最初から入ってるものまで移動させてしまうと不具合が生じてしまいますので、後から入れたものだけ移しましょう。
携帯したいのであれば、DropBoxかUSBにNexusFontと一緒に保存しておくといいです!

ちなみに、最初から入っているフォントと後から入れたフォントがごっちゃになってわからないという方は、Adobeさんのページに初期フォントの一覧があるので参照していただければと思います。

ステップ3. 移動したフォントを読み込ませる

ライブラリーに追加

続いて、移動させたフォントの場所をNexusFontに認識させます。
以下の操作で移動させたフォントをNexusFontが読み込むようになります。

  1. 左上「ライブラリ」の辺りを右クリック
  2. 「グループに追加」
  3. 名前をつける
  4. 作成されたグループを再度右クリック
  5. フォルダを追加
  6. 先ほど移動させたフォントのフォルダを選択

ステップ4. 読み込ませたフォントをグループ分けする

フォントを使い分けられるように、グループ分けしておきましょう。
例えば「基本系」「ポップ系」「真面目系」といった具合にフォントを整理しておけば、使いたいフォントが見つからない、といったことがなくなります!
セットに追加
以下の操作でグループ分けができます。

  1. 左上「セット」の辺りを右クリック
  2. 「セットに追加」
  3. 名前をつける
  4. グループ分けしたいフォントを選択し、作成されたセットにドラッグ

これでもう準備完了です!

ステップ5. 実際に使ってみる

さて、準備が整ったところで実際に使ってみましょう。
といっても使い方は簡単で、フォントを使いたいときにNexusFontを起動させて使いたいフォントを表示させとくだけです!
すると表示中のフォントが一時的にインストールされた状態になります。

どういうことなのか、実際にやってみましょう。

例えば、フォトショップでフォント「リュウミン」を使いたいとします。
しかし、このフォントは移動した後なので今はインストールされていません。

そこでNexusFontを起動させると・・・

リュウミンがインストールされました!
また、使わないときはNexusFontを閉じればアンインストールされた状態になります。

まとめ

今回は主にメイン機能について書きましたが、NexusFontを使えば他にもサイズや色を調整しながら他のフォントと比較・確認ができたりと、なかなか便利です。

公式サイトでは寄付も募っているようなので、気に入ればいくらか献上してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人

せいと
せいと フロントエンドエンジニア 2012年入社
最近フロントエンドエンジニアになりました。
第一回HTML5カルタ大会で優勝しました。
休日の過ごし方は、"Jazz Barでスコッチを片手に『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読む"です。

こちらもおすすめ

最強のCSS設計 チーム開発を成功に導くケーススタディ

最強のCSS設計 チーム開発を成功に導くケーススタディ

  • 著者堀口 誠人
  • 価格¥ 2,376(2015/11/18 16:17時点)
  • 出版日2015/10/24
  • 商品ランキング20,547位
  • 単行本208ページ
  • ISBN-104797384557
  • ISBN-139784797384550
  • 出版社SBクリエイティブ