将来はどこで働く?田舎と都会の働き方を比較してみた


将来はどこで働く?田舎と都会の働き方を比較してみた

こんにちは、長野チームディレクターのまさしです。僕は現在、長野県信濃町にある「LIGサテライトオフィス」で働いています。

地図だとこのへんにあります。

ほぼ新潟県に近い、のんびりとした田舎町です。

僕は20代に東京でがむしゃらに働き、30代になってから地方で働く機会をもらいました。
今回は、僕が東京の生活と田舎生活の両方を経験してみて感じた、生活リズムの違いや、それぞれの良いところを、LIG社員の1日を比較しながら、紹介してみたいと思います!
(フィリピン支社もありますが、立ち上げたばかりなので次回紹介しますね!)

働くなら田舎or都会? あなたの理想はどっち?

スクリーンショット 2016-01-05 17.33.43 人物紹介:まさし
職種:ディレクター 
目標:将来は広島の田舎に移住して自然と共に働きたい
スクリーンショット 2016-01-05 17.33.22 人物紹介:ママダ
職種:ディレクター 
目標:将来は東京の中心でバリバリ働くエリートになりたい

田舎の生活を僕が、東京の生活を同じ職種のママダに紹介してもらいたいと思います。さっそく2人の1日を追ってみましょう!

AM6:00 長野:起床 / 東京:睡眠中

06-00

長野:冬は雪かき・夏はボートの準備があるため、田舎の朝はとても早くはじまります! 空気が澄んでいてとても綺麗なので、気持ち良く目覚めることができます。気持ち良い〜♩

東京:東京オフィスは出勤時間がゆっくりなため、ママダはまだ夢の中にいるようです。

AM7:50 長野:出勤 / 東京:起床

07-50

長野:長野は8:00始業なので、7:50分頃に出勤します。オフィスと社員寮は歩いて3分程でとても便利♩

東京:電車通勤のため、少し余裕を持っての起床。朝のニュースを見ながら準備をします。

AM8:50 長野:業務中 / 東京:出勤

08-50

長野:クライアントの営業時間が始まる前に、メールや1日の予定を確認。周りがとても静かなので、朝は特に仕事がはかどります!

東京:出勤途中にスタバに寄ってコーヒーを購入。1日のスイッチは、1杯のコーヒーで!

AM10:00 長野・東京:全体朝礼

10-00

LIGでは、10時に社内全体の朝礼があります。長野チームは遠隔地であるため、毎朝Skypeを通して朝礼に参加します。

AM10:30 長野:車で取材へ / 東京:プロジェクトMTG

10-30

長野:朝礼後すぐに、取材のため車で移動。晴れた日は、景色が最高! 田舎では車が必需品。しかし、道路が混むことは滅多にありません。
東京:1日のスタートは、プロジェクト単位でのMTGから。業務開始! 今日もバリバリ働きまっせ!!

PM 13:00 長野・東京:ランチタイム

13_00

長野:オフィスから車で5分の距離にある「ゲストハウスLAMP」へ。ランチは社員割で500円で食べられます! LAMPのメンバーとも楽しく会話ができる温かい場所なので、大抵ランチはここですませることが多いです。

東京:オフィス内にあるキッチンで、チームメンバーとクッキング! 福利厚生で社員が自由に使える食材が、いつも冷蔵庫に入っています♪

PM15:00 長野:オンラインMTG / 東京:来客対応

15-00

長野:クライアントは県外が多いので、MTGはオンラインで行うスタイルが大半。Skypeを使ってコミュニケーションをとっています。

東京:そのころ、ママダは来客対応中のようですね。東京では、クライアントとの距離が近いため、顔を合わせての密なコミュニケーションをおこなうことができます。

PM17:00 長野:終礼 / 東京:業務

17-00

長野:17時が終業時間なため、一旦終礼をおこないます。この後は、引き続き仕事をしたり、近くの温泉に行ったりと、それぞれが自由な時間を過ごします。

東京:来週の提案に向けて、企画書を作成します。午前が遅めのスタートだと、一番集中力が上がってくるのがこの時間帯のようです。

PM 19:00 長野:夕食 / 東京:終礼

19-00

長野:社員寮でメンバーと一緒に夕飯を取りながら雑談タイム。月に1度は、みんなで御飯を作るようにしています。この日は、僕の特製カレーをごちそうしました。

東京:終礼がおこなわれています。終礼後は、仕事に打ち込んだり、呑みに出かけたりと、自由に過ごします。

PM21:00 長野:自分の時間 / 東京:夕食

21-00

長野:ごはんを食べたら部屋に戻って、ゆっくりとした時間を過ごします。天井が低いのは、僕の部屋が屋根裏部屋だから!

東京:ママダは、夜の街に仲間と繰り出します♪ 夜の上野は呑み屋が多く賑やかです。

AM24:00 長野:就寝 / 東京:帰宅

24-00

長野:日付が変わる頃に、僕は就寝。今日も1日お疲れさまでした。田舎の夜は、街灯がほとんどないため、ものすごく暗くなるのですぐ眠くなるんですよね。

東京:仲間と楽しく呑んで帰宅します。都会の夜はまだまだこの時間でもお店も空いているし、電車も走っているのでとても便利。

AM1:00 長野:睡眠 / 東京:自分の時間~就寝

1-00

長野:すでに熟睡中~Zzz

東京:家に帰って、眠くなるまでゆっくり音楽をたのしみます。夜のこの時間は仕事も忘れて過ごせる贅沢なひととき。今日もお疲れさまでした。

ライフスタイルは働く場所で変わる

いかがでしたでしょうか? 同じ職種でも、働く場所によってライフスタイルも仕事環境も違うため、1日の時間の使い方がこんなにも違うんです。

「どこで働くか」の選択は、それぞれのLife Is Goodを叶えるために、非常に重要なことだと思います。

都会の人脈や情報の早さを武器にスキルを伸ばしていく人。
田舎の素材をうまく活用して仕事の幅を広げていく人。
あるいは海外で働きながら語学や異文化を身につける人。

同じ仕事をしながらも、働く場所で得られる経験は大きく違ってきます。

あなたは、将来どこで働き、どんな仕事をしたいですか? そして、そのための十分な経験ができていますか?

今回の記事が、あなたの「働く場所」について考えるきっかけになれたら幸いです。

あなたの将来の目標、教えてください!

LIGでは、東京本社、長野サテライトオフィス、セブ島支社、それぞれでメンバーを募集しています。ビビッときた方は、是非、募集要項をご覧ください!
あなたの将来の目標と、LIGの目指す方向性が、マッチする方はきっと一緒に成長できると思います♩

>>>LIGの採用情報はコチラから<<<

僕は、長野で待っていまーーーす!!


この記事を書いた人

まさし
まさし ディレクター 2013年入社
まさしです! TRIPの運営をしております!
各地にある素晴らしいコンテンツを発掘し、もっと多くの人に知らせたい!
TRIPが、地域を盛り上げるきっかけとなれるように、成長させます☆
早朝にスケボーで出勤し、仕事前にジムでトレーニングし、深夜の体力がゼロになるまで仕事をするのが日課です♪♪