DevRel

今年も絶対に行くぞ!2016年に注目のインタラクティブイベント8選

今年も絶対に行くぞ!2016年に注目のインタラクティブイベント8選

こんにちは、おじいちゃんです。

今回は2015年に行われ、2016年も注目のインタラクティブイベントをまとめました。
今年も絶対に行きましょう!

2016年も注目のインタラクティブイベント8選

1. SXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)

sxsw

1987年にスタートし、現在では世界中からクリエイターが集まるイベントとなったSXSW。毎年3月にテキサス州オースティンの街を約10日ほど貸し切って開催されるだけあり、規模が大きい!

ビジネスチャンスも大きいイベントで、Twitter、Foursquare、FacebookなどはSXSWでアワードを受賞したことがきっかけで世界的に広まったとも言われています。クリエイティブ分野は「ミュージック」「フィルム」「インタラクティブ」という3つのジャンルで構成されており、ジャンルごとに専用のブースがあります。

それぞれの分野の世界レベルを約10日間かけて楽しめるという贅沢なイベント。どうにかなってしまいそうですね。

開催日:2016年3月11日(金)〜3月20日(日)

公式サイト : http://www.sxsw.com/
日本公式サイト : http://sxsw.jp/

2. 文化庁メディア芸術祭

maf

文化庁メディア芸術祭は、「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門において優れた作品が居並ぶ、メディア芸術の総合フェスティバルです。

中でも、2015年にアニメーション部門で大賞を受賞した「Rhizome」は、哲学をコンセプトとした作品で、精密なアニメーションで表現されていて印象深かったです。あとちょっと精神にもきました。

受賞作品展 開催日(予定):
2016年2月3日(水)〜2月14日(日)【東京・国立新美術館ほか】
2016年3月12日(土)〜3月27日(日)【青森】

公式サイト : http://j-mediaarts.jp/

3. ニコニコ超会議

niconicotyokaigi

登録会員数4,000万人を超える「ニコニコ動画」のすべて(だいたい)を地上に再現するイベントと称されるニコニコ超会議。

前回、自分が注目していたのは、技術力の低い人限定で行われるロボットバトル、通称「ギガヘボコン」です。技術力が低いか高いかはともかく、自由すぎる発想で戦われたこのロボットバトルは、「どうなるんだこれ」感が止まらない白熱したものになりました。

2016年はどんな企画が登場するのでしょうか。

開催日:2016年4月29日(金・祝)〜4月30日(土)
公式サイト:http://www.chokaigi.jp/

4. Maker Faire Tokyo

mft

Maker Faireは、地上最大のDIYの展示発表会と称されています。

会場内で物販を行わない場合は無料で出展できるので、次回参加してみたいなーと狙っていたりします。いくつかワークショップも行われるので、彼氏、彼女、お子さん、おじいちゃんと一緒に参加してみるのも楽しいかもしれませんね。

開催日:2016年8月6日(土)〜8月7日(日)
公式サイト:http://makezine.jp/event/mft2015/

5. TOKYO DESIGN WEEK

tdw

今年で30周年を迎えるTOKYO DESIGN WEEK。「デザイン」「アート」「ミュージック」「ファッション」という4つのジャンルにおいて最先端のクリエイティブを体感できるイベントです。

特徴は何と言っても学生枠があるところ。今後が注目の学生さんが詰まっていますよ、企業さん!

開催日:未定
公式サイト:http://tokyodesignweek.jp/

6. Mashup Awards

mua

2006年にスタートした「Mashup Awards」は、時代の最先端をいく開発者たちが集まり、Webやインターネットの未来を垣間見られるイベントです。

エンジニア向けのコンテストにおいて、自分もぺちこさんのびすけくんの同年代クリエイター3名で「ヒトbit」という作品をつくって挑戦してきたのですが、2回戦で負けてしまいました。残念です。無念です。

最優秀賞を受賞した「参式電子弓」は弓を向けた方向に、プロジェクターでゲーム画面を投影して、ゲーム画面内に矢を射って遊ぶことができる作品でした。なんでしょうあれは。絶対面白い。

開催日:未定
公式サイト:http://mashupaward.jp/

7. 明星和楽

mjwr

日本のSXSWと呼ばれている明星和楽については、のびすけくんが参加してきた記事を書いているので、ぜひ読んでみてくださいな。

 
開催日:未定
公式サイト:http://2015.myojowaraku.net/about/

8. 六本木アートナイト

r_art_night

「六本木アートナイト」は、2009年より開催されているイベント。六本木を舞台に多様な作品が散りばめられ、一夜限りの非日常を体験できる場として、東京を代表するアートの祭典になりました。

たとえば、IMG SRCさんによる「Photo Circuit」は、東京ミッドタウンのキャノピー・スクエアにて展示され、24台のiPod touchで360度を囲ったスペースにおいて周回する連写やバレットタイムによる撮影を行い、その場で動画に編集するインスタレーション作品。生成された動画は自動的にYouTubeに限定公開でアップロードされるというものでした。

実際、その作品によって自分が映った動画はまだ残っていました。当時の様子が見られる作品や、手元に残る作品も良いものですね。当時の思い出がよみがえります。

ちなみに、自分は風邪をひいていたようです。
休めばいいのに。

開催日:未定(公式サイト参照)
公式サイト:http://www.roppongiartnight.com/2015/

まとめ

いかがでしたか。開催日がまだ発表されていないものもありますが、公式サイトをこまめにチェックして、2016年もぜひ会場に足を運んでみてください。

きっと2016年もあっという間に終わるんでしょうね。時が経つのは早いものです。自分ももう26歳(になっているはず)。すぐにおじいちゃんですね。

それでは、お達者でっ。

この記事を書いた人

おじいちゃん
おじいちゃん フロントエンドエンジニア 2014年入社
フロントエンドエンジニアのおじいちゃんと言います。本当は24歳です。よろしくお願いします。