マーケティング

「SNSはメガホンではなく糸電話」Twitterでファンを獲得するための9つのルール

「SNSはメガホンではなく糸電話」Twitterでファンを獲得するための9つのルール

こんにちは、ナッツ(@nuts612)です!

先日、『私たちのハァハァ』という映画を観てきまして。Vineで有名な大関れいかさんが出演されている青春映画なのですが、劇中では「リプ」「リツイート」といった言葉が飛び交い、「Twitter用語が劇中で使われる時代になったかぁ」と感慨深い気持ちになりました。

さて! この記事にたどり着いていただいたアナタもTwitterを使われているかと思いますが、「どうやったらリツイートしてもらえるのだろうか」「どうやったらフォロワーが増えるのだろうか」とお悩みではありませんか?
そこで今回、Twitterでファンを増やすにはどうすればよいか、“33 Social Media Rules To Bet Your Life On”(英語記事)という記事から学んだことを健忘録として残していきます。

Twitterでファンをつくるために知っておきたい9つのルール

1. ソーシャルメディアのゴールは「関係構築」である

Twitterに限らず、ソーシャルメディアはその名の通り“社交(ソーシャル)”を楽しむプラットフォーム。そして他のユーザーとコミュニケーションをとり、いかに関係を構築していくかがファンをつくる鍵となります。
「フォロワーは友だち」と考えて、常に「こんなこと言ったら嫌われるかな」「これ教えてあげたら喜んでもらえるかな」という視点で発信していきましょう。

2. リプライを送ろう

時間はかかっても、丁寧にリプライを送ることは重要です。
僕も、コメント付きリツイートしていただいたときや、自分が書いた記事がツイートされていたときは積極的にリプライを送ろうと心がけています。なぜなら、そこから発展して「何か一緒にやりましょう」というお話に繋がる機会があるからです。
実際に普通に生活していたらお会いできないような方とも、リプライをキッカケにお会いする機会をいただけることがありました。

3. ためらわずに「人間らしさ」を出すこと

「今日、心が動いたことはなんですか?」

感情のないロボットのような投稿をしていては、ファンは増えません。ツラかったこと、悔しかったこと、めちゃくちゃ個人的なことなど、人間らしさを表現しましょう。フォロワーの心を動かせるのは、アナタの心が動いたものなのです。

4. 「Twitterがよく見られる時間は●●時」を信じるな

よく調査結果記事などで、「Twitterが一番見られる時間は●●時です」といったことが書かれていたりします。しかし、フォロワーの属性によってTwitterを見る時間は異なります。
ご自身のアカウントのフォロワーは何時にアクティブなのか、以前にご紹介した下記の方法で見てみましょう。
参考:「Twitterの予約投稿に最適な時間を知り、フォロワーの反応率を高める方法」

5. つぶやき続けよう

投稿する文章をつくって、いざツイートしようとしたとき、「こんなこと、つぶやいていいのかな?」と思うことありませんか?
もちろん、リツイートしてもらえたりファボしてもらえるような“いいツイート”だけを投稿した方がよいでしょう。しかし、1週間に一度しかツイートしないアカウントよりも、毎日複数ツイートするアカウントの方がファンは生まれます。

6. 自動連携ツイート、場合によっては危険である

他のサービスと連携して、自動ツイートを設定している場合。
その自動ツイートは本当にフォロワーにとって価値があるのか、もう一度見直してみましょう。もしかしたら、スパムツイートとして見なされているかもしれませんよ。

7. 気前よく振る舞おう

自分がしてもらって嬉しいことは、他の人にもしてあげる。人間関係の基本です。

他の人のツイートをリツイートしたり、ファボしたりするのはタダでできます。ケチらず、どんどんリツイートして、ファボしていきましょう

8. 「自分のツイートはニッチだから……」と諦めない

2014年時点で日本国内のTwitter人口は約2,000万人と言われています。
参考:Asia-Pacific Grabs Largest Twitter User Share Worldwide

「こんなニッチなツイート、だれが見てくれるんだろう」と嘆く必要はありません。Twitter上には同じことに興味を持った人が必ずいるはずです。
アナタがとるべき行動は、そういった人たちを探すことです。

9. 楽しみましょう!

最後にこちら。

なによりも大事なのは、Twitterを楽しむこと。
オンラインといえど、ひと対ひとのコミュニケーションサービスです。楽しいTwitterライフを!

おわりに

Twitterのフォロワーが増えれば、メガホンのように自分の声を多くの人に届けられますが、実際はメガホンではありません。こちらの声を聞いてくれる人にしか届けられないと考えると、どちらかと言えばTwitterは「糸電話」に近いのかなと最近感じました。

Twitterという糸電話を通じて、僕の声を聞きたいと思っていただけるフォロワーさんがいることに感謝しかありません。いつも、ありがとうございます!

それでは、また!

この記事を書いた人

ナッツ
ナッツ 4代目広報担当 2014年入社
アモーレ!……こんにちは、ナッツです。
北の大地・北海道に生まれ、小樽で人力車夫をしていました。好きな映画監督はウディ・アレン。がんばります。