企業Web担当者なら取得したいWeb解析・マーケティングに関する資格10選


企業Web担当者なら取得したいWeb解析・マーケティングに関する資格10選

こんにちは、ディレクターのエリカです。

さて、世間にはさまざまな資格がありますよね。Web関連の資格をとっても、技術系だけではなく、解析、マーケティング、そしてリテラシーといった多岐に渡る分野の資格が存在します。

そこで今回は、知ってるようで知らない、企業のWeb担当者におすすめの資格について紹介していきたいと思います。

長くWeb担当をされている方は知識の確認や棚卸しに、最近担当になったばかりという方はスキルアップのために、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
※受験料のほか、認定、受講、テキストなどの費用が別途発生する場合もあります。
※下記掲載の受講・受験料は2014年10月現在のものとなります。

企業のWeb担当者におすすめの資格10選

1. WACAウェブ解析士認定講座

WACAウェブ解析士認定講座

「一般社団法人 ウェブ解析士協会」が認定するウェブ解析士の資格です。

Webマーケティングに必要な、アクセス解析、KPI設定、計画立案、プロジェクトファシリテーションなどを学ぶことができます。

Web解析・マーケティング業界では有名な資格なので、有利に働くことも多いと思います。

受講・受験料(税込) 初級 21,600円 試験のみ 10,800円
上級 86,400円
マスター 324,000円

2. Webアナリスト検定

JWSDA

「一般社団法人日本Webソリューションデザイン協会」が実施するWebアナリストの検定です。

アクセス解析、市場動向、トレンドなどのマーケティング情報の分析と、そこから導き出される「成果に繋げる提案」を学べる資格です。
WACAウェブ解析士と方向性がよく似ていますが、よりトレンドを意識したカリキュラムとなっているようです。

受講・受検料(税別) Webアナリスト Basic 24,000円 試験のみ 10,800円
Advance/Specialist 準備中

3. Google Analytics Individual Qualification(GAIQ)

Analytics Academy

「Google」が実施するGoogle Analyticsの習熟度を認定する資格で、試験はすべて英語でおこなわれます。2014年10月より受験料50ドルが無料になったようです。

公式の学習ガイド(日本語)学習プラットフォーム(英語)学習動画(英語)など、学習情報が非常に充実しており、受験しなくともGAを業務で使う人ならば一見の価値有りです。

受講・受験料 無料

4. マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定

「国際実務マーケティング協会」が実施するマーケティングの知識に関する検定です。

幅広くマーケティング関連の知識を求められる試験ですが、Web戦略にも大いに活用できると思います。実際にIT業界からの受験者も多いようです。

試験内容のレベルは4段階ありますが、Web担当者であればオペレーションレベルのC級、B級あたりが適切かと思います。

受講・受験料(税込) C級 5,980円
B級 7,150円 ※BC併願 13,130円
準A級/A級 準備中

5. ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定

「株式会社サーティファイ」が実施するネットマーケティングの知識に関する検定です。

ネット×マーケティングに特化しており、分析よりも戦略寄りの出題が多く、マーケティング・ビジネス実務検定のネット特化版といった位置づけになるかと思います。

受講・受験料(税込) 5,600円

6. Internet Marketing Analyst(IMA)検定

IMA検定

「クラウドマネージメント協会」が実施するインターネットマーケティングの実務に関する検定です。

概要よりも実務を意識した出題が多く、ネットマーケティング検定よりも具体的な操作を問われます。eラーニングの受講がセットになっているため、これからWeb担当者になるという方にもおすすめです。

受講・受検料(税別) Standard 18,000円
Professional 25,000円 ※Sta/Pro一括 42,000円

7. Webリテラシー試験・Webプロデュース試験

Web検定

Web検定(ウェブケン)こと「社団法人 全日本能率連盟登録資格」が実施する検定です。

体系的な知識というよりも、ややクイズ寄りの出題が多いため、経験者が知識の確認として受験するのが適切かと思われます。

受講・受験料(税別) Webリテラシー 16,000円
Webプロデュース 16,000円

8. ネットショップ実務士

ネットショップ実務士

「一般財団法人ネットショップ能力認定機構」が実施するECサイト担当者向けの資格です。

ネットショップのマネジメント、プロモーション、Web制作、運営について学ぶことができます。
どちらかというと企業研修を意識した資格ですが、個人でも受験することが可能です。

受講・受検料(税別) レベル1 6,500円
レベル2 7,500円
レベル3 10,000円
レベル4/5 準備中

9. Google AdWords認定資格

Google Partners

「Google」が運営するGoogle AdWordsのプロフェッショナル認定資格です。

Googleのサービス、広告掲載の効率的な方法、キャンペーン管理などについて学ぶことができます。昨年のリニューアルで、受験料50ドルが無料になりました。

試験は初級1種と上級2種で、すべて公式の試験対策ガイドで対策できます。
資格を取得することで、認定証を名刺などに表示することができるほか、Google Partnerのステータスを取得することにもつながります。

受講・受験料 初心者向け 無料
検索広告の上級者向け試験 無料
ディスプレイ広告の上級者向け試験 無料

10. Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定

Yahooプロモーション広告プロフェッショナル認定試験

「Yahoo!」が運営するYahoo!プロモーション広告のプロフェッショナル認定資格です。

スポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイアドネットワークの運用やコンサルティング、販売などに関わる担当者が対象です。
基準のスコアを満たすことで、プロフェッショナルロゴを名刺などに表示することが認められます

受講・受験料(税別) ベーシック 6,648円
アドバンスト 6,648円

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以前は企業のWeb担当者といえば、広報や総務担当の方などが兼任することも多かったと思います。しかし、企業戦略においてWebの占める領域が拡大し続ける昨今、Web担当者の重要性は再確認されています。

今回のような資格の存在が、Web担当者の皆さまがより高い知識や影響力を身につけるきっかけとなれば幸いです。

また、そのような意欲的なWeb担当者の方々と、より良いWebを作っていけたら嬉しいです! それでは!

この記事を書いた人

エリカ
エリカ ディレクター 2012年入社
ディレクターのエリカです。趣味は美術鑑賞で、絵画や展示などたくさんの作品を眺めるのが好きです。得意料理は「鍋」です。よろしくお願いします。

こちらもおすすめ

WACA初級ウェブ解析士 認定試験公式テキスト2016年版(第7版)

WACA初級ウェブ解析士 認定試験公式テキスト2016年版(第7版)

  • 著者WACA 一般社団法人ウェブ解析士協会
  • 価格¥ 4,320(2016/01/15 10:35時点)
  • 出版日2015
  • 商品ランキング1,289位
  • 大型本292ページ
  • ISBN-104905313066
  • ISBN-139784905313069
  • 出版社WACA 一般社団法人ウェブ解析士協会