WEB

Photoshopなしで画像加工!登録不要のフリーオンライン画像編集サイト6選

Photoshopなしで画像加工!登録不要のフリーオンライン画像編集サイト6選

人生の迷子、インターンのうららです。毎晩星を眺めながら人生について考えています。だれか、答えを教えてください。

さて、みなさんは画像加工や編集をおこなうとき、どのようなツールを使っていますか?有名どころでいえばPhotoshopやIllustratorですよね。

とはいえ「そこまで多機能な有料ツールじゃなくてもいいから、オンラインで無料で登録も不要で、画像を気軽に編集できるツールがあればいいのに」なんて思ったことはありませんか。

実はあるんです、そんなツールが。それが「オンラインフォトエディタ」です。

登録不要のフリーオンライン画像編集サイト6選

オンラインフォトエディタを探すといろいろ見つかるのですが、今回はその中から特に気になった6つのサイトを紹介していきたいと思います。

Sumo

sumo

初心者からPhotoshopを使い慣れている上級者まで幅広くおすすめの、Photoshopに近い使い心地のエディタです。

  • フィルター:あり
  • レイヤー:あり
  • ユーザー:初心者〜上級者

Photoshopを使い慣れている人なら、こちらはすぐに使いこなせると思います。Photoshopを持っていない人でも、これさえあれば基本的な画像加工は十分可能です。今すぐブックマークしておきましょう。

PIXLR EDITOR

pixir2

世界中の信頼を集める、頼れるエディタがこちらです。

  • フィルター:あり
  • レイヤー:あり
  • ユーザー:初心者〜上級者

こちらもPhotoshopと同じような機能を備えているエディタですが、Photoshopよりインターフェイスがスッキリしているので、こちらのほうが使い勝手が良いという人もいるかもしれません。日本語を含んだ29カ国語に対応しており、世界でも知名度の高いオンラインフォトエディタです。あわせて、

といったサービスも提供しています。

Picozu

picozu

シンプルかつ機能的なエディタで、難しい加工は苦手という人でも安心です。

  • フィルター:あり
  • レイヤー:あり
  • ユーザー:初心者

利用できるツールがあらかじめ厳選されており、かつレイヤーも使えるので、高度な加工を必要としない人に特におすすめです。

また、通常のソフトではフィルターがリストで表示されますが、Picozuだとイメージ画像で表示されます。直感的な操作ができるので、とても便利です。

befunky

befunky2

加工だけでなく、画像の組み合わせも楽しみたいという方にはこちらのエディタがおすすめです。

  • フィルター:あり
  • レイヤー:なし
  • ユーザー:初心者

選択ボタンがイラストなので直感的な画像加工ができるうえに、スタンプやフレーム、ポップなフォント(英字のみ)も使用可能です。また、幅広い種類の画像エフェクトもこれまた直感的にかけることができるので、フォトエディタ初心者に特におすすめです。

そして、こちらのエディタでできることは、画像加工だけではありません。画面左側の「College Maker」を選択すると、複数の写真を組み合わせて画像を作成することもできます。なんとFacebookのカバーページを作成することもできるんですよ。下図のように写真のフォーマットを決め、スタンプやフォントで加工し、世界で1つしかないあなたオリジナルのFacebookカバーを作ってみるのもいいのではないでしょうか。

Facebookカバーの作成例

befunky4

fotor

fotor

自分の画像にはメイクアップ加工を施したい!という女性の方には特におすすめかもしれません。

  • フィルター:あり
  • レイヤー:なし
  • ユーザー:初心者

トリミング、回転、カラーバランスや明るさの変更といったような基本的な画像加工に加え、スタンプやフレーム、フォントでの加工、さらにメイクアップモードまであるんです。

メイクアップモードでは、しわの消去、アイシャドウ、アイライン、マスカラ、チーク、口紅、その他さまざまな加工が可能という、まるで最新プリクラのような充実度です。画像を加工していると、気づいたら写真の人物と全くの別人になっていた、なんてこともありえるかも。

PicMonkey

pm

直感的に画像加工をしたいという方には、こちらもおすすめです。

  • フィルター:あり
  • レイヤー:なし
  • ユーザー:初心者

基本的な画像加工、エフェクト、顔の加工、テキスト、スタンプ、フレーム、テクスチャなどがひと通りそろっています。さらに、PicMonkeyでは「テーマ」を選択し、画像加工をしていくことも可能です。テーマには、吸血鬼、ゾンビ、魔女、悪魔といったホラー系、ハロウィン、クリスマス、冬といったイベント系などが用意されています。コスチュームやフレーム、フォントなどがセットになっており、各テーマごとの雰囲気を画像に反映させることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ひと口に「オンラインフォトエディタ」といっても、それぞれのエディタには個性がありました。この中から、ぜひ自分に向いていそうなエディタを探してみてください。

登録不要のフリーオンライン画像編集サイトで、快適に編集や加工を楽しんでいただけたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人

うらら
うらら エディター 2015年入社
LIGのエディター/DevRel・IoT記事担当。読書(森博嗣)とうどんが好きな新卒2年目です。 最近ハマっているのはUnity。英語圏留学2年してました。

こちらもおすすめ

ディジタル画像技術事典200: 動画/静止画/加工/認識/圧縮/伝送/表示/ライブラリ/評価/レンズ… (画像&音声シリーズ)

ディジタル画像技術事典200: 動画/静止画/加工/認識/圧縮/伝送/表示/ライブラリ/評価/レンズ… (画像&音声シリーズ)

  • 価格¥ 3,888(2015/11/10 15:54時点)
  • 出版日2015/05/01
  • 商品ランキング53,489位
  • 単行本295ページ
  • ISBN-10478984661X
  • ISBN-139784789846615
  • 出版社CQ出版