イラスト風の劇画タッチも表現できるオススメ無料Photoshop絵の具ブラシ10選


イラスト風の劇画タッチも表現できるオススメ無料Photoshop絵の具ブラシ10選

こんにちは。
幼い頃、祖父母のスパルタ油絵教育から逃げ出した過去を持つ、デザイナーの佐藤タカアキ(@sato_tkaaki)です。
そんな過去にリベンジすべく、今年のお盆休みは、4日間の油絵講習を受講してきました。

さて、僕の主な業務の1つに背景ジャックのデザインがあります。
使用しているツールはPhotoshopです。
下記の画像のような劇画チックなデザインをする上で、絵の具ブラシに非常に助けられました。

always

が、自分の求める絵の具ブラシを探すのに、思いのほか時間がかかってしまいました。
特に駆け出しデザイナーの方には、同じ思いをしてほしくない!

そこで今回は、そのうちきっと役に立つ、使い勝手のよい絵の具ブラシをまとめさせていただきました。
これらのブラシツールを上手く使いこなせば先程の画像のようなデザインだってちょちょいのちょいです。

あまり使用する機会のない絵の具ブラシかもしれませんが、いざ必要となったときに探し始めては、余計な時間がかかってしまいます。
この機会に是非チェックしておいてはいかがでしょうか。それではいってみましょう!

使い勝手の良い絵の具ブラシを数種類ご紹介

Free Hi-Res Watercolor Photoshop Brushes

2_Free-Hi-Res-Watercolor-Photoshop-Brushes

水彩絵の具の質感を表現できます。
一度塗った絵の具が乾く前に、ティッシュで拭き取ったかのような質感をデザインしたいときに便利です。
明るい色を使い、爽やかなイメージを演出したい時に便利です。
ガンガンいこうぜ。

Watercolor Splatter

1_watercolor_splatter

水彩絵の具が飛び散ったような質感を表現できます。

Free Hi-Res Splatter Photoshop Brush Set

4_Free-Hi-Res-Splatter-Photoshop-Brush-Set

Watercolor Splatterよりも更に絵の具を飛び散らしたいときに便利なブラシです。
荒々しく、激しさを表現したい、気分がムシャクシャしているときに描きまくるのもオススメです。

Grunge Watercolor Brushes

3_Grunge-Watercolor-Brushes

グランジ風のデザインを表現できるブラシです。
グランジと聞くとクールなブラックをイメージしがちですが、このようにカラーを変えるだけでふんわり柔らかな雰囲気を作り上げることもできます。

SimpleSmudges .2. Brushes Pack

5_SimpleSmudges-.2.-Brushes-Pack

ドライブラシのようなかすれた絵の具の表現ができます。今にも乾ききってしまいそうな絵の具を一筆シュッと。
このブラシのみで暴風を表現することも可能です。

Ink and spaltters Brushes high

6_Ink-and-spaltters-Brushes-high

ローラーペイントを表現するときに便利なブラシ。ストリートカラフルなデザインを施すときに重宝します。
ローラーなので筆絵の具とは少し違うかもしれませんが、持っておいて損はないブラシ。

INK SPLATTER BRUSH SET

7_INK-SPLATTER-BRUSH-SET

スプラッタリングとはまではいきませんが、より細かくしぶきをあげた絵の具を表現するブラシ。
先ほど紹介したFree Hi-Res Splatter Photoshop Brush Setと似ていますが、こちらの方が丸よりも鋭利がかっていて、破壊的なデザインをしたいときに重宝します。

Watercolor 3 Brushes Pack

8_Watercolor-3-Brushes-Pack

絵の具をポタポタ垂らしたような表現がしたいときに便利なブラシ。ドリッピング画法で、偶然性を表現することが可能です。
ただ、こちらは抽象画の分野でよく使用されるものなので、特定の形を表現するデザインには向いていません。
不規則で芸術的なデザインに使用することをオススメします。

BK Ink Strokes Brushes

9_BK-Ink-Strokes-Brushes

まるでナイフで刻み込んだような、鋭く尖ったデザインの絵の具ブラシ。攻めの表現を演出したいときに使用します。

Free Hi-Res Acrylic Texture Brushes

10_Free-Hi-Res-Acrylic-Texture-Brushes

ブラシを強く塗りつぶした様な表現が可能です。
何度も重ねることによって、より強い表現ができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介させていただいた9つのブラシは、実際に背景ジャックをデザインする際に使用したブラシになります。

1つ1つは大きく目立ちませんが、重ねたり消したりサイズを変更と細かな作業を繰り返して使用しています。
「絵の具ブラシ」とひと言で言っても、その魅せ方、表現方法はクリエイターによってそれぞれです。
これらの複数の絵の具ブラシを駆使し、自分のオリジナルの質感を表現していきましょう。

それではまた。

この記事を書いた人

佐藤タカアキ
佐藤タカアキ デザイナー 2014年入社
幸いにもデザイナーという肩書きをいただき、良くも悪くも毎日多忙な日々を送っているフリをしています。