画像を解析して写真にタグ付けをするAPI「clarifai」のデモを試してみた


画像を解析して写真にタグ付けをするAPI「clarifai」のデモを試してみた

こんにちは。エンジニアのひろゆきです。

画像を自動でタグ付けしてくれるAPIを発見して、デモをいじるだけでも十分に楽しめたので、今回はそのご紹介をしたいと思います。
※APIの詳しい使い方は本稿では取り扱っておりませんので、あらかじめご了承ください。

画像にタグ付けをしてくれるAPI「clarifai」

top

clarifaiは画像にタグ付けするAPIを提供しているサービスです。このAPIはユーザ登録をすることによって誰でも利用することができます。
プランは無料、有料ともにありますが、無料プランで試す場合にもクレジットカード情報の登録が必須となります。とりあえず今回はサイトに用意されているデモを使ってどんなものなのか遊んでみたいと思います。

デモの使い方

input

デモを試すのはとても簡単。
「Paste a url here…」にURLを入力して「USE THE URL」をクリックするか、「CHOOSE A FILE INSTEAD」をクリックしてローカルのファイルをアップするだけ。
すると、Predicted Tags(予測されるタグ)、Similar Images(類似する画像)を返してくれます。タグは、より関連性が高い順番になっているようです。

デモを使って遊んでみた

まずはLIGのメンバーページから適当に投入してみます。

iwakami

タグ
facial expression , happiness , casual , confidence , satisfaction , joy , laughing , adult , portrait , one

社長の岩上さん。
ものすごい笑顔です。タグを見てみるとfacial expression(表情)、confidence(自信)、satisfaction(満足)と出ています。表情を認識できてるみたいです。
go

タグ
facial expression , men , clothing, happiness , one , confidence , portrait , adult , satisfaction , friendly

次は社長のゴウさん。
同じ構図、同じ表情なのでタグは似通っていますが、Smilar Imagesを見てみると肌の色まで識別しているのがわかります。
cody

タグ
success , handsome , men , businessmen , adult , confidence , portrait , looking , casual , facial expression

デザイナーのコーディです。
success(成功)、handsome(ハンサム)、businessmen(ビジネスマン)。その通りだと思います。
ポートレートを3枚アップしてみましたが、なかなかの精度を出しているように思います。
今度は違うジャンルの写真で試してみましょう。例によって「ぱくたそ」さんのフリー素材を適当に投入してみます。

model

タグ
purity , pretty , fashion , clean , sexy , women , model , brunette , casual , glamour

こちらはロシア美女のクリスティーナさん。
purity(純粋とか)、pretty(可愛い)、sexy(セクシー)・・・さすがロシア美女です。つまりこれを使えば、prettyでsexyなwomen(の画像)を自動採集するのも朝飯前というわけです。
snake

タグ
snake , reptile , lizard , frog , boa , amphibian , wildlife , zoo , reptilian , python

蛇。人間以外ももちろん判別してくれます。snake(蛇)、reptile(爬虫類)など。
cat

タグ
cat , pet , kitten , eyes , cute , kitty , feline , mammal , whiskers , domestic cat

猫。cat(猫)、kitten(子猫)などなど。人間以外の生物だと動物名のタグ(catとか)が付くようです。ここらへんは、サービスごとのさじ加減ですね。
karaage

タグ
dinner , chicken , meat , food , delicious , dish , lunch , plate , meal , snack

からあげ。調理された食品も大丈夫。
build

タグ
night , city , street , skyline , downtown , cityscape , building , bridge , architecture , sunset

風景もちゃんと読み取ります。bridge(橋)、sunset(夕日)はないので今までより少し精度が落ちますが、概ね当たっている気がします。
といった具合に、任意の写真をアップすると、適したタグを返してくれるという訳です。

その他の機械学習系のAPI「AlchemyAPI」

clarifaiだけでなく、他にも機械学習系のAPIを見つけたのでご紹介したいと思います。それが、「AlchemyAPI」です。

alchemyAPI

「AlchemyAPI」はテキスト抽出、画像タグ付け、その他多種多様なAPIが提供されています。こちらは1日あたり1000トランザクションまで無料で利用できます。

デモはこちら

おわりに

いかがでしたか?
ぼくが思っていたよりも画像認識の精度が高く、驚きました。deep learningという技術の進化が影響しているらしいです。すごいですねぇ。
今回は純粋にタグ付け機能で遊んでしまいましたが、次回はなにか作ってみたいと思います。

 

【APIを使い倒そう!】

Instagram APIを取得してWebサイトと連携し、投稿写真を自動に掲載する方法

ChatWorkがメッセージ取得APIを解禁したのでHubotと連携させてみよう!(業界初かも)

Web初心者でもGoogle Mapsをカスタマイズできるgmaps.jsでAPIを使い倒そう!

WebAPIドキュメント作成サービス「Apiary」を使ってWebアプリ開発を高速化しよう

WordPress SEO by YoastプラグインでSEO対策しよう〜API編〜

この記事を書いた人

ひろゆき
ひろゆき バックエンドエンジニア 2010年入社
エンジニアのひろゆきや。大阪生まれの大阪育ち。LIGを代表するエンジニアになるため、頑張るで。ほんま、よろしくやで。