完全オフ

史上最強の民族衣装!アオザイをベトナム美女と一緒につくってみた

史上最強の民族衣装!アオザイをベトナム美女と一緒につくってみた

Đứng được rồi! kurara đã đứng được rồi!(立った!クララが立った!)

ネルソン水嶋です。

 

ベトナムを語る上で欠かせない物のひとつに、アオザイがあります。

 

aodai

はい、ご覧の通り、人類史上最強の女性用民族衣装です。

 

18世紀に清朝から渡ったチャイナドレスが起源。着用者の身体にフィットするように設計されており、大胆なスリットによりなびくスカートは非常に美しく、エロさ華やかさの両方を兼ね揃えております。まぁ、ぶっちゃけ、可愛い子が着てこそなんですが。

さて、今回はそんな最強の民族衣装をつくりにホーチミン市内の市場へ行ってきました。

 

アオザイを作るならここ!Tân Định市場へ行ってきました。

Tân Định市場の入り口

こちらが市場の入り口。

まずのっけから言わせて、英訳簡略化し過ぎ。
もっと言いたいことあったやろ、「Welcome」とか逃げるな諦めるなと言いたい。

 

左右を見ると、

 

偽物の時計などが売られているお店

雑貨や、

 

色々な生地が売られているお店。

装飾品などが売られています。

 

thyちゃん。

今回市場を案内してくれたベトナム美女はこちら!thyちゃんです。

 

石塚君と彼の両肩を持つthyちゃん。

撮影のお手伝いとして、石塚君にも来てもらいました。
彼は普段は山形に住む若手デザイナーで、「面白い人たくさんいるから揉まれておいで」と社長からの特命を受け、7月から3ヶ月間に渡ってベトナムで武者修行に来ています。

最近、ちらほらとこういった境遇の若い人 (石塚君は25歳)が増えています。

それにしてもthyちゃんの両手ね、マジ小悪魔ですね。

 

それでは早速、Tân Định市場へ入ってみましょう。

ごっちゃりとしたTân Định市場の内部

ここTân Định市場は服飾専門のお店が多い市場です。

 

生地を品定めするベトナム女子たち

街中のサイゴン女子が集まり、食い入るように品定めをしています。

 

積み上げられた生地

積み上げられた生地はどれもこれも派手な色合い。というより水玉多くね?

 

きらびやかなレース入りの生地

更にもっと、刺繍などの装飾が施されたものがあります。

実際にアオザイをオーダーメイドしてみましょう。

さて、それでは実際につくってみましょう。

冒頭で書いた通り、アオザイは着用者の身体にフィットさせる必要があります。
そのためオーダーメイドが基本で、身体のあらゆる部位を計測しなければなりません。

 

アオザイ生地を広げるthyちゃん

生地はこちらの鮮やかな紺色にしましょう。中華風でかっこいいいですね!

 

はい、もう薄々気付いているかもしれませんが…

 

 

P1150990

着るのは私です。

 

アオザイは女性用民族衣装だと考えられがちですが、実は男性用もあったりします。
女性用が結婚式など華やかな場で多く着用されることに対し、男性用はほぼ結婚式のみ。

そのためあまり目にする機会がないだけで、もの自体はちゃんと存在します。
女性用ほどピッチリと身体にフィットさせる必要はありませんが(それはそれで気持ち悪い)、きちんと計測することで、より自分に合ったアオザイをつくることが可能です。

 

P1160008

あらゆる部位を、

 

P1160023

徹底して測ります。

 

肩から腰まで測られるネルソン

測ります。

 

腰から足先まで測られるネルソン

測る。

 

??「ちょっと待ちな!!」
全員「!?」

 

 

突然現れたおばちゃんと戸惑うネルソン

謎のおばちゃんが登場、おっちゃんから無理矢理にメジャーを奪い取ってしまいました。
二人はひとしきり口論した後、何故かこのおばちゃんが続きを測ることに。

やべぇ、ベトナムらしくなってきた。

 

首周りを測られるネルソン

おっちゃんと違って手際よく測っていきます。

 

胸囲を測られるネルソン

徹底して測ります。

 

胴回りを測られるネルソン

測ります。

 

肩幅を測られるネルソン

測る…て、

 

計測を続けるおばちゃんと、その奥で恨めしそうに様子を眺めるおじさん

おっちゃん!

 

おばちゃんを睨むおっちゃん

めっちゃ怒ってはるやん!!

このあとの君らの関係、大丈夫なの!?

 

客をよそに言い争いを始めるおじさんとおばさん

おっちゃん「客の胸囲を測る時に乳首は押さえ付けちゃいけねぇっつてんだろ!!」
おばちゃん「男の乳首なんて飾りにすらなりゃしねーんだからどうでもいいだろ!!」

 

なんてことは言っていませんが、だからといって何を話しているかは分かりません。

おそらくは完全に客の取り合いになっています。
俺はアオザイがつくれればいいんだよ〜ちゃちゃっと終わらせてくれればいいんだよ〜。

 

ノートに計測結果を書き記しおばちゃんとthyちゃん

で、結局、おばちゃんが勝利をもぎ取りました。
サイズをメモって見積もりを出しているようです。

 

おばさんのゆるゆる谷間

今週のサービスカット(先週も来週もありません)。

 

ほぼ殴り書きでほとんど読めないノート

うん、何を書いているのかサッパリ分からん。

 

これで、番号の書かれたショップカード(引換券)を渡されて採寸と注文は終了です。
制作の完了予定日を聞いて、その日に再びこの市場へ取りに行くというシステム。

男性用は一週間程度で完成します。
2~3日しかいないという場合も、それだけお金積めば何とかなるのがベトナムです。

 

さて、折角来たので、ちょっと市場を回ってみましょうか。

 

雑貨屋

Tân Định市場はほぼ服飾関係のお店で埋め尽くされていますが、

 

乾物を売っているお店

乾物のような食品もあります。まぁこれは、市場なら何処にでもあります。

漢方薬とスルメイカが混ざったようなかなり強烈な匂い!

 

柵で覆われた雑貨屋

銃犯罪がはびこる国のコンビニみたいですが、閉店しているだけです。

 

豊富な種類のインスタント麺や乾麺が並ぶ

ベトナムといえばその豊富な種類の麺類でも知られています。

 

市場の狭い路地

味のある路地です。

ちゃんと見せるよ!アオザイ美女!

さて、今回は私が着るアオザイのオーダーメイドということでしたが、あわよくばthyちゃんのアオザイ姿を撮ってやろうと考えておりました。試着くらい出来るんじゃないかと。

しかし考えが甘かったようで、市場に試着室なんてあるはずもなく、何よりそもそも女性用アオザイというものは身体にフィットするもので試着という概念自体が存在しません。

ぐぬぬ、悲しみに打ちひしがれる私。

 

ネルソン「とんだ失態だったぜ…!」
thyちゃん「アン(お兄さん)、アン(お兄さん)。」
ネルソン「何?」
thyちゃん「私、これから仕事、アオザイ着るよ。」

 

あ!

 

そうだったー!!

 

thyちゃんとはキャバクラで出会ったんだったーー!!!

 

ああいったお店のスタッフはアオザイ姿が基本じゃないかーーー!!!!

 

 

ネルソン「でも俺お金無いよ?」
thyちゃん「(やれやれといった表情で)お店に中庭があるからそこで撮れるよ。」

 

 

〜1時間後〜

 

 

thyちゃん「アン、お待たせー。」
ネルソン「はいはい!」

 

 

アオザイ姿のthyちゃん

ネルソン「お!」

 

アオザイ姿のthyちゃん

ネルソン「おぉ!!」

 

アオザイ姿のthyちゃん。

ネルソン「おおぉぉ〜!!!」

 

アオザイ姿のthyちゃん

色合いは独特だけど、これは正しくアオザイ美女!

 

アオザイ姿のthyちゃん

しかも結構…あれじゃないの!シースルってんじゃないの!!

 

カメラを構えるネルソン

ネルソン「ぐへへ…」

 

カメラを構えるネルソン

ネルソン「ぐへへへへ……」

 

 

パシャ!

 

ネルソン「ん?」

 

 

カメラを構える石塚君

石塚君「むふふ…」

 

おぉ、石塚君の存在忘れてた。

 

 

そして遂にアオザイ完成!その出来栄えは…!?

 

その日から結局、予定より3日ほど遅れて、アオザイ完成。
自分のためにつくられたアオザイを抱え、綺麗な写真に残そうとフォトスタジオへ。

 

そこで撮った写真が、こちらです。

 

 

3…

 

 

2…

 

 

1…

 

 

 

aodai_nelson

 

 

aodai_nelson_bust

いや、

 

 

aodai_nelson_face

おめー、誰だよ。

 

 

 

顔の吹き出物は全て吹き飛ばされ、歯はホワイトニングされ、ヒゲにまで妙なグラデーションがかかっています。ちなみに背景の風景は合成で、後ろにある蓮の葉のバケモンみたいなデカさからすると、この写真の中では私の身長は実寸50cmくらいになるでしょう。

 

アオザイが、完全にフォトスタジオの修正技術の破壊力に喰われるという結果に。

 

まとめ

はい、「人類史上最強の民族衣装!『アオザイ』をベトナム美女と一緒につくってみた」でした。

お役に立てましたでしょうか?私は立たない派です。

余談ですが、どうしてこのタイミングでアオザイをつくったのかというと、去る8月24日にブロガーが集う「ブロガーサミット2013」というイベントが都内であり、そこで顔を覚えてもらうためアオザイ姿で行こうと考えたからでした。しかし名刺に印刷されたネルソンという名前も手伝い、完全にベトナム人と間違えられたことは言うまでもありません。

すみません、一応私は純血の日本人。

 

以下、今回の要点です。

 

  • ホーチミン市内でアオザイをつくるならTân Định市場。もちろん、他にもある。
  • 男性用アオザイは制作日数が一週間程度、女性用も同様だが観光客向けなら1~2日間程度。
  • 男性用女性用アオザイともに料金が6,000円程度、観光客向けなら10,000円程度まで上がる。(今回の生地の場合)
  • ベトナムのフォトスタジオは全ての吹き出物を消し去ってくれる。
  • thyちゃんはこの3日後に仕事を辞めると言っていたのでホーチミン市中探しても会えません。

この記事を書いた人

ネルソン水嶋
ネルソン水嶋 ベトナム 2013年入社
ベトナムのホーチミンシティに生きる人。今日もどこかでマニアックな情報を探して奔走中。べとまるというサイトを運営している。

ブログ「べとまる

こちらもおすすめ

D21 地球の歩き方 ベトナム 2015~2016

D21 地球の歩き方 ベトナム 2015~2016

  • 価格¥ 1,836(2015/11/12 18:39時点)
  • 出版日2015/07/04
  • 商品ランキング8,881位
  • 単行本(ソフトカバー)464ページ
  • ISBN-104478047685
  • ISBN-139784478047682
  • 出版社ダイヤモンド・ビッグ社