経営者視点でココロに残ったオススメのビジネス書籍14選※最後にイベント告知あり


経営者視点でココロに残ったオススメのビジネス書籍14選※最後にイベント告知あり

こんにちは、LIGの岩上です。そろそろ年末で、慌ただしくなってきました。今年も残りわずかとなりましたが、いい年にできるよう頑張っております。そう、頑張っております。

さて、今年もいろいろな書籍を読むことで、刺激をたくさん受けました。時代の流れが早く、流動的な時代だからこそ、多方面からインプットしようと思っています。

というわけで本日は、2014年に読んだ書籍の中から個人的なオススメを紹介させていただきます。年末年始の休暇で「本読むぞー!」と思っている方の参考になれば幸いです。

1. ぼくがジョブズに教えたこと

ジョブズから師として慕われていたアタリの創業者、ノーラン・ブッシュネルさんの書籍です。スティーブ・ジョブズを40人目の社員として迎え入れたアタリの組織文化のポイントがまとまっています。

ぼくがジョブズに教えたこと―「才能」が集まる会社をつくる51条

2. ブランドのそだてかた/ブランドのはじめかた

モノを売るとはブランドを育てることであり、ブランドとは企業の価値観をいかに伝えるかということが重要だと再認識させてもらいました。また、ブランドは育て続けなければならないということを、事例をもとに分かりやすく解説してくれます。本質的なことで非常に納得できる内容でした。

ブランドのそだてかた


ブランドのはじめかた

3. ストーリーとしての競争戦略

マブチモーター、ベネッセ、スターバックスなど事例が多々あるため内容が分かりやすく、とても読み応えがあります。大企業、ベンチャー問わずストーリーの持つ重要性を再認識させてもらいました。

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件

4. ポジショニング戦略

事例が豊富で、一気に読めました。Webマーケティングやブランディングにも通じることが多々ありました。感覚はもちろん重要ですが、考えるためのフレームワークを知っているかどうか、今後事業を展開していく上でぜひ持っておきたい知識です。

ポジショニング戦略[新版]

5. サイバーエージェント流 成長するしかけ

サイバーエージェントの組織をまとめていた曽山さんの書籍です。先日の組織変更で取締役から退任されましたが、サイバーエージェントの組織文化をいかにつくったかについて、とてもわかりやすく解説されています。離職率が30%前後と、退職者がバタバタと続いた時代を乗り越えながら組織をつくっていった姿に、勇気をもらいました。

サイバーエージェント流 成長するしかけ

6. スターバックス再生物語

個人的にスターバックスの創業者、ハワード・シュルツさんが好きです。ブランドの価値観を伝える努力を惜しまず、時には強い意志で強行する姿勢は励みになります。

スターバックス再生物語 つながりを育む経営

7. ブランドをデザインする

コミュニケーションデザインに重点をおくという考え方で、良い物を正しく消費者に伝えるためのプロセスは、クライアントワークで参考にできる点が数多くあります。

ブランドをデザインする!

8. 起業のファイナンス

最近改めて読みなおしました。企業経営をおこなう上で最低限のファイナンスの知識は持っておいて損はないと思います。

起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと

9. 30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

LIGを創業して間もない頃、杉本社長に何度かお会いさせていただく機会がありました。とても壮絶な経験談ですが、ベンチャー経営者としては他人ごとではありません。

30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

10. 3分間コーチ

当たり前のことを、当たり前にやる。組織の活性化は小さなコミュニケーションから始まり、組織文化やチームビルディングはその積み重ねである。
そのようなことを再認識させていただきました。

ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ

11. 「社員を大切にする会社」の人事評価

LIGでも仲間が増え、既存の人事評価の仕組みから次のバージョンにステップアップする時期に来ており、人事まわりを再設計しています。人が人を評価するということは、そもそも多くの矛盾をはらんでいる中で、健全に組織を前に進めるためにはどのような点に注意しながら評価制度をつくっていけばいいのか、ヒントがたくさんありました。

「社員を大切にする会社」の人事評価

12. 急成長企業を襲う7つの罠

ところどころでLIGでも当てはまる点があり、反省とともに改善に向けてはどうすべきかについて、考えるきっかけをもらいました。

急成長企業を襲う7つの罠

13. ZERO to ONE

ペイパル創業者でシリコンバレーの投資家、ピーター・ティールさんの書籍です。シリコンバレーでなぜイノベーションが起こり続けるのかが垣間見えます。

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

14. make space

人が集まり新しい価値をつくっていくと、そこにはスペースが必要となります。どうしたらイノベーションが起こり続けるスペースをつくることができるのか、スタンフォード大学デザイン研究所のクリエイティブ・ディレクターの考えや事例を紹介してくれる書籍です。

MAKE SPACE メイク・スペース スタンフォード大学dスクールが実践する創造性を最大化する「場」のつくり方

まとめ

他にもたくさんの書籍を読ませていただきました。

また、今年は例年にも増して、たくさんのイベントや講演、セミナーで講演する機会をいただきました。
現場の熱量や他業種、他業界の方たちとのコミュニケーションによって、いつも新しい気付きを得られます。そのような機会を提供してくださった関係者のみなさま、ありがとうございました。

というわけで、今年最後のイベントの告知です。

522056_780028052035968_4262893627687570100_n
IMJさん、チームラボさん、LIGで、「Creator’s Kitchen」という少し変わった転職イベントをおこないます。
お時間の都合がつくクリエイターの皆さまはぜひぜひ。

ご参加いただけるという方はこちらのFBイベントページより、「参加ボタン」を押してください!

    • 日時

12月7日(日)14:00〜18:00 その後懇親会
費用は一切かかりません。

    • 参加資格

ディレクター、デザイナー、エンジニア、プランナーなどの経験をお持ちの社会人。
当日は、必ず名刺をご持参ください。中途採用のイベントになるため学生はご遠慮ください。

    • 定員

50名

    • 場所

いいオフィス
東京都台東区東上野2-18-7 共同ビル 3F

それでは、今年も残り僅かですが引き続きよろしくお願いしますm(._.)m

 

【LIG代表、岩上の軌跡】

伝説のウェブデザイナーをさがして…

ライター募集!一緒にLIGブログを盛り上げませんか?

31歳になりました。

Microsoft、Googleを抑えてLIGが1位になりました!!

ハト

この記事を書いた人

たか
たか Founder and LIG Int'l CEO 2007年入社
Founder and LIG International CEOの岩上です。主に制作、人事、その他諸々を担当しています。
経歴:学生時代にモバイルマーケティング、ITベンチャー企業数社に参加する。在学中からアーリーステージを対象とした独立系投資会社にて、投資業務、コンサルティング業務に従事。2007年、株式会社LIG創業。