WordPressのデータを改ざんされる前に!プラグイン「WP DBManager」の使い方

tetsu


WordPressのデータを改ざんされる前に!プラグイン「WP DBManager」の使い方

こんにちは。犬っていいですね!飼い始めた犬のしつけに悪戦苦闘中のtetsuです。

WordPressは今では単なるブログではなくCMSとして、世界的に多くのサイトで利用される事が多くなりました。ただ、残念な事にオープンソースであるが為に、セキュリティホールを狙ったサイトの改ざんは後を絶ちません。

今回は、そういったサイトの改ざんをされる前に、WordPressのデータベースをバックアップするプラグイン「WP DBManager」を利用して、バックアップする方法について説明します。
セキュリティの話をしておきながら、バックアップ方法の説明であることにつっこまないでください(笑)

WordPressプラグイン「WP DBManager」

「WP DBManager」を選んでいる理由

バックアップする手法はいくらでもありますが、「データベースのみをバックアップすること」にフォーカスを置いています。そこで「WP DBManager」を選んだ基準は下記があげられます。

  • 安定したプラグインである事
  • データベースの最適化を行ってくれる
  • どのサーバでもインストールが可能

「WP DBManager」のインストール

まずはプラグインをインストールします。
WordPress管理画面のメニュー「プラグイン」の新規追加から「WP DBManager」を検索します(画面1)。
■画面1
WPプラグインインストールの検索

検索結果(画面2)から「いますぐインストール」をクリックして、プラグインをインストールします。
■画面2
WP-DBManagerのインストール

インストールが完了後、プラグインを有効化します。これでバックアップの準備が完了です。

「WP DBManager」の設定

インストールが完了後、バックアップの設定を行います。

バックアップディレクトリの設定

インストールが完了すると、「インストール済みプラグイン」の一覧に次のようなアラート(画面3)が表示されます。
■画面3
アラートメッセージ
これは、

「wp-content/plugins/wp-dbmanager」にある「htaccess.txt」を「(フルパス)/wp-content/backup-db」に移動し、「.htaccess」にリネームして下さい

という意味になります。
この作業を行わないと、バックアップしたデータベース情報が、不特定多数の方に閲覧可能になるので必ず行います。
また「backup-db」に書き込み権限が無い場合、書き込み権限を付与します。

バックアップの最低限の設定

次にバックアップの最低限の設定をします。
WordPress管理画面の左メニュー「Database」の「DB Options」から「画面4」の赤枠を設定します。
■画面4
WP-DBManagerの最低限設定

Maximum Backup Files

これは「backup-db」ディレクトリに保存されるバックアップファイルの最大数を指定します。サーバの容量や作成されるバックアップファイルの容量に応じて調整してください。

Automatic Backing Up Of DB

自動バックアップの間隔を設定します。サイトの更新頻度に合わせて間隔を設定してください。
「Gzip」を「Yes」とすると、SQLファイルを「Gzip」形式に変更します。
また「E-mail backup to」の欄にメールアドレスを設定すると、設定したメールアドレス宛てに、バックップファイルを添付してメールをしてくれます。不要な場合は入力欄を空白にする事でメール送信を無効にできます。

Automatic Optimizing Of DB

データベースの最適化を行う間隔を設定します。
WordPressに投稿した記事情報を追加や更新したり削除したりすることで、データベースは徐々に汚くなります(イメージですが)。最適化することで、汚れたデータベースを綺麗にし整理整頓をして情報の取得をスムーズに行えるようにします。こちらもサイトの更新頻度に合わせて間隔を設定します。

これで最低限の設定は完了です。

バックアップの確認

WordPress管理画面の左メニュー「Database」の「Backup DB」からバックアップがしっかり行われるか確認します。
「画面5」の「Backup」ボタンをクリックする事でバックアップが実行されます。
■画面5
WP-DBManagerのバックアップ実行

実行後「backup-db」ディレクトリにバックアップデータが保存されていれば、バックアップは完了です。

おわりに

これで万が一サイトの改ざんに遭遇しても、データベースの復元が可能となります。ご参考にしてください。

tetsu
この記事を書いた人
tetsu

管理部

関連記事