第13話
使ってみた

WordPressのおすすめ有料テーマ「TIMELINE」を買って使ってみた

サリー


WordPressのおすすめ有料テーマ「TIMELINE」を買って使ってみた

こんにちは、デザイナーのサリーです。TRIPの改修・改善を日々頑張っています!
TRIPには運営ブログがあるのですが、あまり開発コストはかけたくないな〜ということで、既存のテーマをほとんどカスタマイズせずに使用しています。

無料・有料問わずあらゆるテーマを見て選び、一番要望に合っていた有料テーマを購入したのですが、比べてみると有料テーマの至れり尽くせりっぷりに驚きました。この心づかいは勉強になるなーということで、今回記事にまとめてみました。

購入したテーマ

今回は以下の条件をふまえてテーマを探していました。

  • ブログとして使用する
  • 更新頻度はそれほど高くない
  • シンプルで記事が読みやすいこと
  • レスポンシブであること

そして選んだのが、「TIMELINE」という名前のテーマです。

TIMELINE

お値段は $40 = 約4100円。ThemeForestで販売されています。

ダウンロード:Timeline Minimal Responsive WordPress Theme

機能紹介

「TIMELINE」のここがすごい!5連発です。
※下記で紹介するのはあくまで「TIMELINE」の機能です。すべての有料テーマに備わっているわけではありませんのでご注意を。

ショートコードが充実、挿入もラクラク

用意されているショートコードは、基本のh1〜h6やリストから、タブ、ボタンなど様々です。

TIMELINEのショートコード一覧

さりげない区切り線を引いてくれる[separator_line]が地味にありがたい。
しかも、投稿画面の右サイドにワンクリック一発でコードを挿入できるリストがあり、これがとても便利なのです。

ショートコード

簡単なデザインカスタマイズが管理画面で可能

簡単なデザイン変更なら、CSSをいじる必要がありません。
メニューの「Theme Options」から以下のようなカスタマイズができます。

  • Favicon画像のアップロード
  • ロゴ画像のアップロード
  • headerに検索フォームの代わりとして電話番号、メールアドレスなどを表示
  • メインカラーの設定
  • headerの背景色の設定
  • footerの背景色を白、グレー、ダークグレーのいずれかに設定

で、管理画面はこんな感じ。

管理画面

項目の表示・非表示も管理画面から設定

「コメント機能は使わないんだよなあ」「特にカテゴリー分けしないんだよなあ」というときは、「Theme Options」で項目を非表示にすることができます。

以下は表示・非表示を切り替えることができる項目です。

  • 筆者名
  • カテゴリー
  • コメント数
  • 投稿時間
  • 「Published(公開済み)」の文字

管理画面はこんな感じ。
項目の表示・非表示切り替え

各SNSへのリンクアイコンも用意

URLを入れるだけでheaderに各SNSのアイコンが出現します!
用意されているSNSは以下の9つ。

  • Twitter
  • Facebook
  • Google Plus
  • Dribbble
  • Forrst
  • Vimeo
  • Youtube
  • Flickr
  • Pinterest

すべて設定するとこんな感じ。
SNSアイコン

もちろんレスポンシブ!

4段階のレスポンシブです!スマホ用の見せ方を用意する手間が要りません。

レスポンシブ

ちなみにThemeForestで販売されているテーマはほとんどがレスポンシブです。

まとめ

ThemeForestには今回紹介した「TIMELINE」の他にも、かっこよくて至れり尽くせりなテーマがたくさん並んでいます!
どれも大体3000円〜6000円ほどで購入できるので、皆さんも覗いてみてはいかがでしょうか。

サリー
この記事を書いた人
サリー

デザイナー

関連記事