Web事業部実績紹介
Web事業部実績紹介
2013.04.04

ブロガー必見!LIGが行うインバウンド・マーケティングとは

勢古口

Hola!
今回はマラガの海の贈り物、セコが担当させて頂きます。
先日弊社プレジデント岩上が「LIGブログの今後の方向性について。」という記事を書きましたが、本日はLIGブログのインバウンド・マーケティングについて書こうかと思います。

1. LIGのインバウンド・マーケティングとは

インバウンド・マーケティングとは従来の広告やメルマガなど自社から潜在顧客にアプローチするマーケティングではなく自社サイトに有益なコンテンツを作り潜在顧客自ら検索やソーシャルメディアなどを利用して見つけてもらうマーケティングの事です。

LIGのサイトをご覧頂いている多くの方は検索をしたらたまたま興味深い記事があったり、FacebookやTwitter、はてブ、ITニュースサイトなどから見つけてもらったのがきっかけではないでしょうか。

2. 何故僕たちはインバウンド・マーケティングをするのか

まず私たちはダイレクトメールや電話営業、広告も出しておりません。
※広告やダイレクトメールなど企業が人々の集まるところに出ていくマーケティングをアウトバウンド・マーケティングと言います。

では何故LIGはインバウンド・マーケティングを選択するのでしょうか。

答えはコンテンツを資産と考えているからです。

そのコンテンツを見られるためにはターゲットに興味をもたれる記事を作成する事を中心にSEO対策やソーシャルでの拡散を行います。

ただLIGブログのSEO対策に関して言えばページ最適化をする程度で外部施策は行なっておりません。

つまりLIGのインバウンド・マーケティングとは記事の質と量に重点をおいたコンテンツ・マーケティングと言えます。

「ユーザが探す」というより「わくわくを発信し続ける」イメージです。

逆にコンテンツを疎かにしてSEOに頼りすぎてしまうと落とし穴があります。

一例をあげると、ご存知の方も多いと思いますが、Googleの検索エンジンは常に進化しております。

ペンギンアップデートやパンダアップデートを繰り返し、アルゴリズムの変化によって、SEOを行なっていても順位が急落したり、表示がされなくなったりと、技術で変化に対応し続けなければなりません。

Googleは前提として検索ユーザに有益な情報を提供するエンジンを開発し続けております。

そのアルゴリズムの変化に左右されない唯一のものはコンテンツの充実ではないでしょうか。

充実とは質と量の両方を兼ね備える必要があります。

コンテンツの質を高めユーザの満足度を高め、コンテンツの量を増やして該当サイトの記事を検索されやすくします。

さらに有益な記事(わくわくする記事)は検索だけではなくソーシャルでも共感を生みやすく多くの人の目にとまります。つまりバズるということですね。

コンテンツを発信をし続ける事は非常に時間と労力がかかることではありますが、アウトバウンド・マーケティングの一時的な情報発信とは違い、労力を使えば使うほど貯蓄され半永久的な資産になっていくのです。

3. LIGのコンテンツ・マーケティングの特徴

スクリーンショット 2013-04-03 23.39.17

タイトル

記事をみてもらうにはタイトルが最も重要です。

タイトル次第でアクセス数は10倍にも20倍にも変わります。

LIGブログの記事タイトルで重要なポイントは主に下記の4つです。

簡単という事が伝わる

例)シンプルイズベスト!おしゃれなモーダルウィンドウを実装出来る「SIMPLE MODAL」

役に立つ情報という事が伝わる

例)あなたは誤解している!?正しいCopyright(コピーライト)の書き方

キラーワードを使う

例)要チェック!デザインが光る2014年度新卒採用(リクルート)サイト10選

数字を入れる

例)入力が3倍速くなる!iPhoneのユーザ辞書登録の便利な使い方

 

スクリーンショット 2013-04-03 23.48.30

写真画像

テキストばかりのコンテンツは読んでいて途中で飽きられてしまいます。

記事の間に写真を入れることで視覚的に内容を分かりやすく伝えることを意識しております。

またタイトルとサムネイル画像はファーストビューで興味を涌かせることでアクセスアップに繋がるため一番気を使う画像になります。

コンテンツ

基本Web関係のお役立ちのコンテンツが7割ですが面白コンテンツを含める事でWeb業界とは違う方にも興味を持ってご覧頂いております。
ターゲットをどこに設定するかで手法は変わりますが、私達の情報はみんながワクワクするコンテンツを作るように心がけてます。

 

DSC_0319

キャラクター

LIGブログでは初代広報ジェイや2代目広報ヒロユキ、段田といった社員にキャラクターをつけて発信しております。

恐らく皆様も段田のキャラはこんな感じっていうイメージがおありではないでしょうか。

ブログにおけるカリスマ性は重要資質であり誠実さや思いやりを共感してもらえる事を意識しなければなりません。

愛される事が重要なため、完全に上から目線ではいけませんし、上から目線であってもおっちょこちょいで馬鹿というようなユーモア性をつけるところが必要になります。

 

スクリーンショット 2013-04-03 23.14.44

SNS

Twitter、FacebookではLIGブログの情報発信とは関係なく、LIGの広報が一日に数回つぶやいております。

自分のウォールに表示される際に友達がアップしていると思われるくらい近い関係性を印象づけられるようにキャラクターの個性をブログ上で表現しております。

宣伝的な印象をもたれないように注意が必要です。

最後に

最近は嬉しいことにお問い合わせでLIGのようなコンテンツ・マーケティングが出来るサイト制作をお願いしたいというご連絡をよく頂きます。

現在では6年をかけて1500程度の記事資産を貯め100万PVを達成しLIGというブランドを多くの方に知ってもらいましたが、ここで培ったノウハウを多くのお客様のサイト制作に活かして参りますのでお気軽にご相談ください。

01