インターネット広告からのWeb獲得率をアップするランディングページ(LP)作成術

モッチ


インターネット広告からのWeb獲得率をアップするランディングページ(LP)作成術

はじめまして、こんにちは。
ソウルドアウト株式会社で、ランディングページ(LP)をはじめとするクリエイティブの戦略を日々練っています、モッチです。よろしくどうぞ!

皆さま、ランディングページ(LP)って知っていますか?
とうの昔に知ってるよ、なにさ今さら!という方も、聞いたことはあるけれど……イマイチ分かってないのよね……という方も、LP?何それ美味しいの?という方も、しばしお時間くださいませ。

ランディングページとは、ユーザ数やCV数などのWeb獲得率アップを目指す企業の方にはぜひ導入していただきたいものなのです。
本日は、そのランディングページがいかに重要なものなのか、サクッと、できる限り分かりやすくご紹介いたします。

▼目次

  1. ランディングページ(LP)が必要なとき
  2. ランディングページ(LP)とは?
  3. 獲得率アップにはランディングページ(LP)
  4. ランディングページ(LP)で成果を出すには
  5. ランディングページ(LP)作成方法
  6. さいごに

1.ランディングページ(LP)が必要なとき

改めまして、Web獲得率アップを目指す皆さま、こんなお悩みをお持ちでは?

・リスティング広告を打っているけど、獲得率が頭打ち……
・お客さまをサイトへ誘導することはできているのに、獲得率がすこぶる低い……

そんなときは、大幅に獲得率がアップする可能性を秘めている「ランディングページ」の制作を検討してみると良いでしょう。

2.ランディングページ(LP)とは?

ランディングページは、誘導してきたお客さまを華麗に購入・お申し込みへと導くページのことです。リスティング広告やバナー広告などのインターネット広告をクリックしたときに表示されるページを指します。

(リスティング広告って何?という方は「リスティング広告をする意味とは?運用のメリット・デメリットと初心者のための基礎知識」をご覧ください。)

坂本図1-1

一般的には、上の画像のように1枚で完結した縦長ページを指します。
このランディングページの内容を、さまざまな広告から流入するユーザのニーズに合わせて最適化していくことで、Web獲得率アップを図ることができます。
ランディングページを制作・改善することで獲得率が6倍になったという事例も!

そのようにWeb獲得率の大幅改善の可能性を秘めているのが、ランディングページなのです。

3.獲得率アップにはランディングページ(LP)

それでは、Web獲得率アップのためにランディングページが効果的なのはなぜでしょうか? それは、ユーザのニーズに合わせて最適化できるからです。

例えば、

  • Aさんは「化粧水 乾燥肌」と検索して流入
  • Bさんは「化粧水 人気」と検索して流入
  • Cさんは「化粧水 ペプチド」と検索して流入
  • Dさんはバナー広告で「今なら30%OFF!!」という文言に惹かれて流入

という4パターンがあったとします。

坂本図2_2

 
……皆、知りたい情報は違いそうですよね?

  • Aさんには:ちゃんと保湿できますよ!
  • Bさんには:●●で第1位ですよ!
  • Cさんには:ペプチド配合ですよ!
  • Dさんには:お買い得ですよ!

と、それぞれ求めている情報を伝えてあげれば、きっとスッキリするのではないでしょうか?

坂本図3_3

ランディングページはそのように、検索キーワードやバナー広告の訴求内容ごとにユーザのニーズをくみ取り、訴求内容・構成を最適化することができるから、Web獲得率アップにつながりやすいのです。

サイトじゃダメなの?

サイトは、会社概要を見たい人や採用情報を見たい人など、さまざまなニーズを持ったユーザに幅広く答えられるページでなくてはならない分、商品購入・サービスお申し込みにスムーズにつなげることが難しく、リスティング広告やバナー広告のリンク先としては非常にもったいないのです。

……ランディングページを作りたくなってきましたでしょうか?
次は、『より成果の出る』ランディングページとはどのようなものか、ご説明します。

4.ランディングページ(LP)で成果を出すには

ただただランディングページを作ればいいってものでもありません。
ランディングページでユーザをどう興味喚起し、納得させ、行動させるのか。その一連の流れを組み立てて、スムーズにお申し込みへつなげることが重要です。

そこで、成果を出すランディングページを作成するための、5つのポイントをご紹介します。

無駄なリンクは置かない

せっかくランディングページで購入・お申し込みへのストーリーを立てても、リンク先からページを離脱されてしまっては購入・お申し込みへの道は遠ざかってしまいます。極力、リンク先はお申し込みボタンのみにしましょう。

お申し込みボタンはページ内に小まめに入れる

「ページ途中で購入・お申し込みするモチベーションになった! でも、どこから購入・お申し込みすればいいのだろう……? 分からないや、離脱しよ」
もったいない! こうした離脱を防ぐためにも、ページの切りの良いところで、小まめにお申し込みボタンを入れておきましょう

伝えることは絞る。簡潔に訴求する

あれもこれも……と情報を詰め込みすぎると何も伝わりません。
ユーザのニーズは何だっけ?というところを踏まえて訴求を絞り、ババンッ!と簡潔に伝えましょう。

購入・お申し込みへつなげるためのストーリーを組み立てる

リスティング広告やバナー広告が「いかに興味を喚起し訪れてもらうか=集客」ならば、ランディングページは「いかに欲しい!と思わせるか=接客」です。
興味喚起、不安払しょく、商品概要、権威付けなど、CVまでに必要な情報をどう組み立てるのかがカギです。

ユーザがメリットを感じるように伝える

言いたいことをそのまま伝えてしまう、というのはよく陥りがちな問題です。
「オレってT大卒で高学歴だぜ!」より「僕はあなたを何不自由なく養います」と言われた方が、惹かれますよね?(人によるかもしれませんが……。)
要は、相手にとってのメリットにまで落とし込んで伝えることで、より良さがダイレクトに伝わりますよということです。

 
以上、5つのポイントでした。
実際はもっと多くのポイントがありますし、業界ごとや設定したゴールによっても注意すべきことは変わってきます。ですが、今回は本当に最低限押さえておくべきことのみ抜粋しました。
もっと詳しい手法のお話は、次回がっつりご紹介しますね!

5.ランディングページ(LP)作成方法

ランディングページを作るメリットを感じていただけましたでしょうか。
「うちの会社もランディングページ作りたいな……」と、そんなときに気になるのが、「自社で作るか、外注するか」「いくらかかるのか」ですよね。

ランディングページ作成の費用

ランディングページの費用は10万〜60万程度と幅広く、相場は20〜30万円ほどのようです。
なぜそんなに費用に幅があるのか。
それは、デザインクオリティや分析サービスの有無によって差が出るからです。
決められたテンプレートで作成するのであればもちろん安くなりますし、自社分析やターゲット選定、構成の組み立てまでじっくり考えて作ってくれるところであれば、それなりの費用もかかるというわけです。

自社で作る? 外注する?

「自社にデザイン部隊がいて、自社で作った方が早いし簡単だ!」という方は、それでも良いかと思います。
しかし、ランディングページの制作実績がある会社は、それなりに成果を出すためのポイントも押さえていますので、一度外注することを考えてみても良いかと思います。あとは予算とサービス内容の兼ね合いで、選びましょう。

6.さいごに

いかがでしたか?

「ランディングページって何?」と友達に聞かれたら、きっとあなたはもう空で答えられるくらい詳しくなったのではないでしょうか。
弊社ソウルドアウトで運用しているWebマーケティングメディア「LISKUL(リスクル)」では、ランディングページの他にもさまざまなノウハウをお伝えしています。

この度は最後までお読みいただきありがとうございました。
次回は、より成果の出るランディングページを作るための手法あれこれをご紹介します。それでは、また会う日まで。。。

 

【インターネット広告をもっと知りたい!】

LPでコンバージョンを高めるために実践したい基礎テクニックまとめ【実例解説付き】

バナーから顧客を獲得するために覚えておきたい広告クリエイティブの基礎まとめ

ネイティブアドって何?今話題のインターネット広告の基本が誰でもわかる5つのポイント

「リスティング」「アフィリエイト」など最低限知っておきたい4種類のインターネット広告

リスティング担当者から見た、イケてるランディングページ10選

01

モッチ
この記事を書いた人
モッチ

外部ライター 東京

関連記事