熱が距離を縮める
熱が距離を縮める
2015.04.10
第19回
比較してみた

意外と知らない?Webサイトの更新が便利なCMS15選

村上

デザインにこだわれるCMS

次に、デザインにこだわりたい方向けのCMSをご紹介していきます。

Concrete5(コンクリートファイブ)

concrete5のHPトップ画像

コンクリートという名前の通り、コンクリートブロックを積み上げるようにサイトを構築することができます。

レイアウトを自由自在に変えられるのが大きな特徴。ページ編集用の管理画面がないので、直感的にサイトを作りたい方には使いやすいです。ただ、対応するWebサーバーがある程度高性能でないと上手くインストールできないので、事前に確認してから導入してくださいね。

MODX(モッドエックス)

modx

HTMLをほぼそのまま利用できるので、自由なデザインをホームページに反映させることができるスタイリッシュなCMS。省メモリ設計なので、動作がとても早いのが特徴です。

管理画面がツリー形式になっていて、どの項目がどこにあるかすぐにわかるのもおすすめのポイント。

ECに特化したCMS

E-コマース(以下EC)を使いたい方もいると思うので、ECに特化したCMSもご紹介したいと思います。

CS-Cart(シーエスカート)

CS-CartのHPトップ画像

多言語・多通貨・レスポンシブ対応のECサイト用CMS。

ECサイトに必要な機能が一通りそろっている上、METAタグを編集できたりGoogleサイトマップを作成できたりとSEO対策機能を備えているところが魅力です。

EC-cube(イーシーキューブ)

EC-CUBEのHPトップ画像

日本発のEC対応CMSです。

商品管理や受注管理、顧客管理、売上集計など、企業に必要な機能が充実しており、くわえてWebサイトの構築までできるスグレモノ。

osCommerce(オーエスコマース)

osCommerceのHPトップ画像

ECに特化したCMSサイト。テンプレートが多数出回っています。

Zen Cart

Zen-CartのHPトップ画像

osCommerceから派生したもので、日本語対応しています。

osCommerceだと不安……という方は、Zen Cartの導入がおすすめ。「もっと高機能で、使いやすくしよう」という開発ポリシーの元で作成されているので、セール機能やクーポン券の発行など、いろいろなサービスがあります。

その他のCMS

その他にも更新しやすいCMSはまだありますので、気になったものをご紹介していきます。

SOY CMS(ソイ シーエムエス)

SOY-CMSのHPトップ画像

純国産CMSで、こだわる日本人のための高いカスタマイズ性とメンテナンス性を有していて評価も高いです。

なぜSOY(大豆)?と思っていたのですが、開発元が「株式会社日本情報化農業研究所」だからなんですね。情報化農業……すごいですね。

Nucleus CMS(ニュークリアス シーエムエス)

NucleusのHPトップ画像

Nucleus CMSはベルギー産のCMSです。

デフォルト機能はシンプルですが、プラグインの数が豊富で拡張性に富んでいると言えます。




まとめ

システムで選ぶか、デザインで選ぶか、それが問題だ。

自分でご紹介しておいてなんですが、意外とたくさんのCMSサイトがありますね。WordPressだけがCMSではないのですね、勉強になりました。

LIGではCMSを利用したWebサイト制作を支援しています!

Web制作のご相談・料金のお見積りはこちらから

 

CMSについてもっと深く知りたい方に

クラウドCMS導入によるWebサイト制作・運用のメリットとおすすめ比較まとめ

WordPress共同創始者マット・マレンウェッグ氏のセッションを聞いてきました

直感的にサイト制作ができるCMS「concrete5 」のセミナーイベントを開催しました

エンジニアが教える!Movable Typeのテンプレート制作例

 

株式会社LIGについて

わたしたちは年間150を超えるWebサイトをリリースしている、東京上野のWeb制作会社です。LIGはWordpressを得意としております!Webサイト制作のご相談はこちらより、お気軽にお問い合わせください。

  • 1
  • 2